保健制度の負担について

March 07 [Fri], 2014, 10:30
"実際には給与などの収入は上がらずに保険などの金額が上がることは、市民の生活も苦しくしますし私自身も納得いきません。しかし、日本は急激な高度成長と共に医学や科学技術が進歩したことで、世界一の長寿国になりました。それにより高齢者の割合が非常に増え、一方で少子化が止まらずに社会のシステムを維持するために労働者世代の負担が益々増えてしまっています。世界では通常日本ほどの成長を遂げるには数百年かかるとされていて、日本はそれを戦後50年程度で成し遂げたので社会の変化にシステムが追い付かないと言われています。
自分も病気やけがをすれば病院などを受診しますし社会の恩恵を受けているので致し方ないとは思いますが、それらのお金はどのように集められて実際にどれだけ市民に還元されているかが明確でなく、近年良く目にするような無駄な事業への多額の資金の流用などを聞くと本当に自分たちが支払っているものに値するサービスが受けられているのかが疑問です。更に、資金がなくなれば税金等をどんどん値上げしたり、年金の支払いシステム等が変化したりしていて安定性や見通しが全く立たないために支払いをしない人も増えると思います。
社会福祉が充実している国々もたくさんあり、そういう国の人々は税金等が高くても皆安心して生活をすることができています。日本の政治は国民の生活を第一に考えているようには思えない上に、その場しのぎの政策ばかりで安心した生活も保障されないので失望していますし、何の期待もしていません。
システムを見直して、今後の人口の推移や年齢層の変化から考えて、今だけではなくしっかりとした政策で保険制度の基盤を作ってほしいと思います。先が見通せることが大切だと思います。また、国の借金が増えることも決して良いことではないので、運用方法を見直して国民の負担も、受けるサービスに見合ったものにしてほしいと思います。また、きちんと保障を提示して安心して国民が借金の一部を負担できるシステムづくりも必要だと思います。更には、保険制度そのものを見直していく時期にも来ているように思います。今の状況では、現行の保険システムを維持することに無理が出てくるので、今の日本の現状に合ったものに移行していく必要性を感じています。"

がんの保障内容もイマイチだよね・・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:S33333
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vti7xg0o/index1_0.rdf