栗林の宮

May 11 [Wed], 2016, 14:17
看護士を志望する理由は本当に何をきっかけにして看護師を目さすようになったのかを交えるとイメージが良くなります。転職の際の志望動機はこれまでに経験したことを生かしたいより人の役にたつ技術を学びたいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。

前の勤務先に関するネガティブなことは口にしないほウガイいです。看護師が転職をするには、未来のことを考えて早期に行動を起こすことが大切です。そして、どんな条件を重要視するのかを決めておくのがお薦めです。
将来どうなりたいかをきっちりと考え、そのビジョンに沿った転職先の情報を少しずつ収集して頂戴。
年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件もリストアップしておきましょう。修学旅行やツアーなどに随行して、いざというときの病院の手配などをおこなう看護師もいるのです。
結婚していて、おこちゃまのいる人は週末が休みになっていたり、夜勤がない職場を要望していますね。

病院以外を職場とするのであれば、そこに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。


日本での看護師の年収は平均して437万円くらいです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。



公務員看護師は給与の上がる割合も民間より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。



準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
看護師の転職しようとする動機としては、人間関係といった人が多くいますね。
女の人が大半を占める職場ですし、イライラが多くなりがちであり、人と人との関係に頭を悩ませる人が多くいるのでしょう。その時、パワハラやイジメが転職しようと考える要因となる人もいますね。つらい環境でがんばって働こうとしてしまうと、体調を崩しやすくしますから、早く転職することをお勧めします。看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志望理由です。

どういうりゆうでその勤務場を選んだのかを肯定的な雰囲気で表明するのは沿う単純なものではありません。

給与アップ、休日が増える等の沿うした好待遇にフォーカスするより、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、転職の理由に発展的な要素を持たせたものが通過しやすいようです。
看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校の卒業の方が困難という人も多いです。看護学校は沿ういわれるほど厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年させられる沿うです。厳しい学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、できることなら、看護師のしごとをして貰いたいですね。ナースがしごとを変えるキッカケとしては、ステップアップと説明するのが良策です。
以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、賃金や労働時間などが実際のしごとに見合わなかったとかの、不満を転職理由にしてしまったら、それだけで評価を下げることになりかねません。この場合は、しごとを変えたい本当のりゆうをわざわざ報告するにはおよびませんから、積極的な姿勢で求職していることを表明して頂戴。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sakuya
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる