惹得春水は起伏して、広がる多情なさざ波。

July 20 [Sat], 2013, 9:42


 まるであの月覚えて、夢の中でで、お互いの足を止める木の橋の上、肩を並べて、静かに湖の中で蓮の花がつけることを見て、水底の魚遊を静観して、清風を静かに聞いてつにふいて過ぎて、私はそっとちらりと見て、あなたの満面に浮かぶほんのりとした赤みに会って、また休む様子を言いたいと思って、
  
  まるでその日を覚えて、夢の中でで、あなたは花の群の中で、私が見回すことを待ちます;私は場所の中で通り抜けて、ひとみを凝らしてつきあって、ふと見るとあなたは美しくにっこりと笑って、満園の芳香、やさしくいたわったあでやかでまた鮮やかで異なる時間、あなたの待つことを誇張して、私の探すことに驚きました。以前の歳月はすでに死去したようですもとのままで元のとおりで、時間に旧交を忘れないで、新しい青年を考えていて、聞いて、あの指先は差し迫ってまたふさぎ込んでいる琴の音をそそのかして、誰が聞いていますか?また誰で、古からある道の小橋の辺で黙々として散策して、浅く吟じて、また誰が聞きにきますか?
  
  頭を上げてじっと眺めて、水の中央、卿はあっさりしている衣服を襲ってと1千年の夢の世界を通り抜けて、ふわりふわりと波の上で立って、長い髪をなびかせて、衣服の袖はあか抜けていて、転々とする秋波はそんなに澄んで、婉曲で含蓄があって、胸いっぱいの私事は最も眼底で現して、胸いっぱいの気持ちは最も現在あれで眉をひそめますと。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hjih
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vsdrfea/index1_0.rdf