リフォームで結露対策続き 

2012年12月30日(日) 19時00分
服を沢山着て、服と服の間に、空気層をいくつも作ってあげると、暖かく感じますよね。
それから、もうひとつ、断熱性能が優れたガラスが、真空ガラスです。
この真空ガラスとは、2枚のガラスの間に、真空層を作ったものです。
真空は熱を伝えませんから、その断熱性能を利用したものなのです。

また、リフォームをお考えの方は、この際、ガラスを結露対策用に変えてみることもお勧めです。
いま、一番人気のガラスが、ペアガラスです。
通常のガラスに比べて、二枚になっているペアガラスは、断熱効果がより高いので、結露対策には効果があります。
それから、次に二重サッシも人気があります。
現在、すでにサッシがあると思いますが、その内側(室内)に、さらにもう1枚のサッシを取り付けるリフォームです。
断熱性がかなり向上しますから、結露対策になるほか、防音効果も大きく期待できます。
それから、調湿建材は、湿気の多い時期には、湿気を吸収してくれる建材で、湿気が少ない時期には、湿気を放出してくれる調湿機能がある優れた建材です。
湿度を建材が調整してくれますから、湿気をコントロールして、結露を防げます。

大きなリフォームでしたら、断熱工事もお勧めです。
家自体の断熱性をアップするリフォーム。
充填断熱や、外張り断熱、それから、内断熱、外断熱などがあげられます。
リフォームには、もちろん、お金がかかりますが、何かの機会にリフォームするのでしたら、今後のことも考えて、家中、結露が出来にくいようにしてしまえば、その後のケアが楽ですね。
今、お使いのガラスを断熱ガラスに入れ替えるにも、すべてプロにお任せするようになりますから、まずは、見積もりをもらってくださいね。