レモンテトラと山下

March 23 [Thu], 2017, 22:54
不動産売買の契約書は課税文書の一種ですから、印紙税が課税されます。印紙税額は契約書に記載された金額によって決定するため、場合によっては数十万円ともなることがあります。加えて、売主と買主が互いに契約書を作成するならば、それぞれの契約書に印紙税が課税されてしまいます。とは言え、この時の印紙税額を決定する金額別の段階は先ほどとは異なりますので、気を配っておきましょう。例として、競馬や競艇における払戻金、それに、生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金などが挙げられる、継続的に入ってくる収入の他の臨時的に発生したお金は所得の種別で言うと一時所得になります。不動産売却による収入も一時所得となりそうですが、これは譲渡所得という別の所得区分に入ります。所得税の課税時にも一時所得と一緒には計算しません。変則的なこともありますので、忘れずに確定申告を行いましょう。一つの不動産に対して数人の人が名義者となっていたら、売りに出そうとする時には、全ての共有者が承知した上で売却しなくてはならないとされています。共有者は揃って実印の押印と署名をするものと定められているので、他の共有名義者の許しを得ることなく名義人の一人が売却してもその行為には効力がないものとされます。当該不動産を全部というのでなく持ち分だけというのなら販売しても問題ないとされていますが、他の共有者全ての同意を取り付けた上で売り渡す手はずになっています。さて、新居を購入と同時に住宅ローンを組むならば、ローンの貸付は家が建築されてから始まることが基本的な場合です。よって、それまでの間(注文住宅を購入し建設が始まってから完成するまで)に生じる工事の着工金などの費用はローンを当てにせずに間に合わせなければならないのです。それまで住んでいた物件の売却金を使える場合は安心ですが、まだ売り出し中という場合もあるでしょう。そこで、短期間のみの融資に対応してくれるのがつなぎ融資です。遂に不動産売却の合意に至り、既に契約が成立しているのに、売る気がなくなった、別の人に買ってほしいというような心境や事情の変化のため一旦決まった売却を取り消しにしたい場合、契約を破棄してもかまいません。けれども、契約上に規定した違約金を支払わなければならなかったり、貰い受けた手付金を返すにしても倍返しですから、安易に契約を締結しないよう注意しましょう。知識不足を感じることも多そうな不動産売却の場合は、専門家の知恵を借りるのが合理的ではないでしょうか。一部では仲介以外にも不動産会社のコンサルティングも利用できることがあります。物件の価値について所有者が気付いていなければ専門家の見解を教えてくれたり、目一杯の価格をつけて売るためのメソッドを聞くことができるでしょう。無料コンサルティングが受けられる不動産会社もあるため、検討する価値はありますよ。一軒家、マンションなどの不動産物件を売ろうと思ったら、仲介業者との媒介契約が一般的ですが、媒介契約の一種が、専任媒介契約になります。どんな契約方法かというと、その物件の売却に関しては、契約済の仲介業者に限って、仲介可能です。ただし、この契約に違反しないケースも認められていて、知り合いなどから買い手を売り手がみつけたとして、直接接触して、売買契約を交わしても、違約金を請求されたりといったことは起こりません。これが専属専任媒介契約との差です。権利書というものは、不動産売却の際に提出しなければならないため、必須です。その土地の登記がされていることを権利書によって証明することができ、登記済証が正式名称です。もし、それを無くしてしまったり書いてある文字が読めなくなってしまっても新しいものを発行することはできないのです。ただ、弁護士の先生、土地家屋調査士、さらには、司法書士の先生なんかを代理人とすれば、間違いなく本人であるという情報を提供することで対応可能です。不動産売却に際しての立ち退きの時期は、基本的には好きに売り主が決めていいことになっています。とは言え、空いている状態で売りに出した方が高く売れるでしょう。住居人がいる場合、内覧時から顧客に敬遠されても致し方ないので、なるべくなら初期段階で退去が完了している方がよい結果をもたらすでしょう。売り物の物件の中に入って室内までチェックできるのが、モデルハウスと異なるオープンハウスのメリットです。その時点で居住者が退去していない中古の不動産物件の場合は住人の持ち物がそのままになっていますが、そのおかげで自分が住んだときのイメージも膨らみやすいでしょう。さらに、家の付近も同時にぶらついてみれば、どんなお店が近くで利用できるかなど毎日の生活空間も情報が得られます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽斗
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる