かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。これは日本中に

November 10 [Tue], 2015, 1:11
かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。


これは日本中に広く分布する蟹で、正式名称はガザミといわれ、瀬戸内海を代表する蟹として知られ、他にも有明海や大阪湾の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。


甲羅の部分だけで15センチメートル以上になる大型の蟹ですが、殻は比較的薄く、肉や蟹ミソ、卵巣など蟹の醍醐味を全て味わえることから、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。


様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。


中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるのが古くから最も一般的とされましたが、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。


蟹の魅力といえば、脚の身が絶品という方も多いですが、同じくらい美味しいのが蟹ミソです。


蟹ミソを重視される方にオススメの蟹には紅セコガニなどもあってますが、一番はなんといっても毛ガニでしょう。


ねっとりととろけるような旨味で知られる毛ガニのミソなら、蟹ミソ嫌いの人でも気に入ってしまうほどです。


通は、脚の身をほぐし、蟹ミソと混ぜ合わせて食べます。


お酒のアテにはもってこいの逸品です。


蟹通販の業者もたくさんあって、どこを選べばいいのか。


そんな方は、通販サイト最大手の楽天市場(インターネットショッピングモールとしては、日本最大規模を誇ります)を利用するのが最良の選択肢です。


楽天市場(インターネットショッピングモールとしては、日本最大規模を誇ります)は日本で最も信用できる通販サイトの一つです。


ここであれば、通販独自のめんどくささなどを感じることはほとんどないと言っても過言ではありません。


他のサイトとは違って、楽天市場(インターネットショッピングモールとしては、日本最大規模を誇ります)というのはそのくらい鉄壁の安心感が得られます。


なんといってもネット通販最大手の楽天ですから、他の通販ではありがちな商品不着などの可能性もほとんど無いと思ってよいです。


蟹といえば殻をむくのが面倒ですよね。


そんな方にオススメなのが、ポーションタイプの商品です。


これは、殻の剥かれた蟹の脚を詰め合わせたセットです。


新鮮で美味しいのはもちろん活蟹ですが、専門店ならともかく、自宅でさばいて食べるのはナカナカ大変です。


お子様から年配の方まで、家族揃って蟹を楽しむためには、あらかじめ解体され殻も剥かれているポーションタイプの蟹を鍋にするのが最もお勧めです。


これなら家族揃って楽しめますね。


ポーションタイプではなく、丸ごと揃った蟹を味わいたい方は、通常よりも安価な「ワケアリ」の蟹を買えば、ちょっとお得に美味しい蟹に舌鼓を打つことができますよ。


何はともあれ、味がお勧めのかにはどのかにかという話題になりますが、答えはいつも決まっています。


越前ガニです。


ズワイガニは、産地の名を冠するかにが多くそれぞれの地域を代表するかになので、松葉ガニだの、越前ガニだの地域の名がつくような間人ガニは、高水準のおいしさを味わえます。


少々お高いのはブランド料だと考えてください。


そうしたブランドのかには味噌もオイシイのです。


多くの方がかにの本場として挙げるのは、北陸を挙げる方が多いです。


かにと温泉が楽しめるのも北陸の良さで、有名な観光地の一つが粟津温泉で、オイシイかにを味わい、温泉でくつろぐために旅行客は全国からくまなくこの地を訪ねてきます。


粟津近辺のかには加能がにと呼ばれ、セイコガニですが、歯応えのある甘い身が特長です。


オイシイズワイガニを食べたい方には、最高の地だと言えます。


蟹には様々な食べ方がありますが、中でも美味しいのはまず蟹鍋、そして茹で蟹でしょう。


蟹好きの食通立ちの間では常識です。


蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは漁獲地のお店で出される場合など、きわめて新鮮でないと美味しくありません。


そこで蟹鍋や塩茹でがオススメになる所以です。


これらの食べ方なら、そこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。


風味に繊細さが感じられなかったり、何と無く物足りないときは、土佐酢などのタレを少し工夫するだけで、様々な味わいを楽しめるので飽きがありません。


買ってもいない蟹が突然家に送られてくる。


それが世に言う「カニカニ詐欺」の蟹通販詐欺です。


旦那さんや奥さんが注文したのかと思い、代引きでまんまと支払わされてしまうためすね。


きっぱり断ってもいいのですが、そこまで高い金額でもないし、一度商品が届いてしまったものは仕方ないかと思って諦めてしまうケースがまま見られます。


少しでも変だなと思う荷物が来たときには、すぐにお金を支払わず、念入りに確認することをお勧めします。


毛蟹の選び方は比較的はっきりしています。


何点か挙げてみます。


毛蟹がもっとも出回るのは冬です。


大きめで、身がよく詰まった状態で獲れる冬は、毛蟹が最もオイシイ時期です。


加えて、外せないのは見た目の色艶、持ったときの量感です。


通販では難しいですが、できるだけ新鮮そうな、重たいものを選びましょう。


手応えのあるかには身がしっかり詰まっています。


購入する前に販売店の評価を調べ、高い評価のお店へ行けばお値打ちの個体が手に入りやすいでしょう。


食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、一番に挙げるのはタラバガニでは無いでしょうか。


それから、毛蟹を挙げる方も多いでしょう。


その名の通り、全身が硬い毛で覆われています。


風味豊かな身や味噌がぎっしり詰まっていてこれぞかに、という方はたくさんいます。


味ならばブランド蟹を挙げる方も多く固定ファンがいます。


もちろん産地によっても味は異なり、この料理ならこのかに、という方もたくさんいます。
http://www.kaniaruaru.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あや
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vqplzdkaq3572/index1_0.rdf