皮脂脂肪の異常

February 25 [Mon], 2013, 10:49
物を食べるという行動は、食物をなんとなく口へ入れて20回前後咀嚼して飲み下して終わりだが、それから人体は実に律儀に機能して異物を身体に取り込む努力をし続けているのだ。
アルコール、お薬、増粘剤を始めとした食品への添加物などを酵素によって分解して無毒化する事を解毒と呼び、肝臓の果たしている非常に重要な仕事の一つだということは間違いありません。
体脂肪量(somatic fat volume)にさして変化がなく、体重だけが食事や排尿等によって一時的に増減するようなケースでは、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少すると体脂肪率が高くなることがわかっています。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂分泌の異常によって引き起こされる発疹で、分泌が異常をきたす主因として男性ホルモンと女性ホルモンの均衡の乱れやビタミンB群の慢性的な不足などが大きいと考えられているのです。
我が国における結核対策は、昭和26年に制定された「結核予防法」にならう形で促進されてきましたが、56年後の2007年からは異なる感染症と一括りにして「感染症新法」という法律に準拠して実行されることに決まったのです。
ミュゼ心斎橋
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yamada
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vqph6og/index1_0.rdf