食道裂孔ヘルニアを治す為の手術の特徴

January 12 [Sat], 2013, 0:51
横隔膜を貫通する食道の箇所、食道裂孔についてヘルニアを患うことがあります。通り穴として食道裂孔部にゆるみがみられることで、胃と食道の接合している部位にズレが生じてしまいます。

胃が胸部のほうへと脱出してしまいヘルニアの症状がみられます。物理的に考えると、このズレた胃の場所を元の状態に戻すことが症状を改善することにつながるといえるでしょう。

ですから、シンプルに外科的手術をすることで、治療回復が期待できるといえるでしょう。

しかし、実際、食道裂孔ヘルニアに関しては、治療は保存療法として薬物療法などが用いられることが多いです。さらに症状がそこまで激しいものでなければ、とくに治療を必要としません

それでも症状がなかなか症状が良いほうへとならなければ、手術療法がとられます



かつて、手術による食道裂孔ヘルニアの治療をするとなると、おなかを切開するなど患者の身体に大きな負担をかけてしまうものでした。しかし、医療の進歩により、現在はわずか3から10mm程度の傷から治療することができるようになりました

その小さな穴から細長いカメラを入れたり、手術器具を入れてたりすることができるようになりました。

これまで、手術そのものが大きな負担となってしまうことがあったのを、痛みも小さく、負担も軽くなりました。ゆるくなって胃のズレが生じていた食道裂孔を縫って、ズレを解消し、胃の位置を元にもどします。

【関連サイト】
逆流性食道炎の治療お役立ち情報
食道裂孔ヘルニアと関連性の高い逆流性食道炎の治療法などについて紹介しているサイト。