ドローンの販売店(東京)

August 05 [Wed], 2015, 10:46
「ドローン」とは、元々東京軍事用に開発された自律移動する端末ロボット販売店のうち、小型の無人航空機(UAV)のことを指し、近年では商業用や、民間利用も増加傾向にあります。
「無人東京航空機」には全幅30メートルを越える大型から手の上に乗る小型までの様々な大きさのものが存在し、固定翼機と回転翼機の両方で軍用・民間用いずれも実用化されている。
操縦は基本的に無線操縦で行われ、機影を目視で見ながら操縦するものから衛星回線を利用して地球の裏側からでも制御可能なものまで多様である。飛行ルートを座標データとしてあらかじめプログラム販売店することでGPSなどの援用で完全自律飛行を行う機体も存在する。
性能を持つ巡航ミサイルや弾道ミサイルは通常は無人航空機には含まない。
大きな機体ではガスタービンエンジンを搭載するものから、小さなものではガソリンエンジンをドローン搭載し、極小の機体ではバッテリー駆動される。
軍事用としては米軍が偵察用としてすでに運用中で、商業用としてはAmazon、Google、ドミノピザなどが商品の配達目的での運用を表明し、開発を重ねています。
「ドローン」の形状は様々ですが、一般的にはローター(回転翼)を複数搭載し安定した飛行が可能なマルチコプター型が主流です。固定翼機では、離着陸時に地上を滑走するものが多いが、小型の機体ではトラックの荷台に載せたカタパルトから打ち出すものや、さらに小さな機体では手で投げるものもあり、回収方法も小型のものではネットで受けるものもある[1]。例としてRQ-2 パイオニアはネットで回収する。
マルチコプター型の中でも4つのローターを搭載したクワッドコプター型は、ホビー用の安価な既製品が販売されており、空撮を楽しむなど個人での利用もすすんでいますが、墜落事故の危険性やテロなどに悪用される恐れもあり各国で規制も本格化しています。
ドローン東京については、ネット通販などでも気軽に購入できるようになりましたが、本格的な製品になれば値段もそれなりに高いですし、失敗はしたくないですから、上記にて紹介したような東京店舗へ一度足を運んでみて、実物を確認したり、可能であれば操縦を体験したりして、お気に入りの一台を購入したいものですね。
「ラジコンヘリ販売店」はラジオコントロール、つまり無線操縦できるヘリコプター販売店のことを指し、「RCヘリ」と表記されることもあります。
娯楽用としての利用をはじめ、農薬散布や空撮といった産業用、「東京ドローン」と同じく軍事用としても使われています。
ドローンが非常に注目を浴びています。
業務向けだけでなく、一般の方でも手にしやすい価格になってきたこともあり、実際に操縦をしてみたい方や、購入を検討している方も多いことでしょう。今回は、東京都内および全国のドローン販売店をご紹介します。
航空法による高度の規制などの知識を得た上で、許可が必要な場合は許可を取ることを忘れず、私有地や人ごみの上空を飛ばす場合には細心の注意を払い、事前に風向きや風速などの情報は把握しておいた方がよいでしょう。
さらに、機体故障や、操縦不能になった場合などの緊急事態についても、事前にシミュレーション販売店をしておき、想定外の事態にも適切な対処ができるようにしなければなりません。
とりあえず、ドローン(無人飛行機)の実物を見たい場合や、店員さんにいろいろと質問したいことなどがあれば、是非、参考にしてみてください。遠隔操縦する東京パイロット販売店が地上から操縦しているが機体には乗っていないという点を強調して、「人が居ない」という意味の表記も東京見かけるがそれほど普及していない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kjnfe
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/vpmbz/index1_0.rdf