たーちゃんとウンピョウ

July 31 [Sun], 2016, 15:16
蟹の名産地といえば全国にいくつかありますが、日本一の知名度を誇っているのは、なんといっても北海道です。多くの種類の蟹が獲れる北海道。他の地域で獲れる蟹にも美味しいものは多くありますが、トータルで言うなら北海道に勝る土地はないと私は思っています。しかし、そうは言っても、北海道で売っている蟹が実は海外産であるというケースも多くあります。よく見て選びたいですね。選ぶ蟹を間違えると蟹の元々の良さを味わうことができません。蟹の味を楽しむには重要なのは選び方です。タラバ蟹はどうやって選んだらいいのでしょうか。それは、調べるべきことは重さがどうなのかで、これがまず大事なポイントです。さらに、汚れていない甲羅を選ばずに、硬くて汚れているもの、これを選択基準として選ぶと良いです。蟹通販では色々な蟹が買えるので、茹で蟹と活蟹のどちらを買うのがいいのかと色々と考えを巡らせてしまうかもしれませんが、考えている食べ方によって変わります。家族で蟹鍋を囲みたいといった場合、既にボイルしてあるポーションタイプの蟹が楽でいいでしょう。また、最近人気になってきた蟹しゃぶの場合は、生のまま冷凍したものか、活きたままの蟹がいいでしょう。こうして、商品ごとの特性や、向いている食べ方を知っておけば、蟹通販の便利さがさらに引き立ちますね。現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています。本記事でもわざわざ皆様にご推奨するのは、お得な根拠があります。それは通販ならではの利点と言えます。実店舗で購入する場合、品質や状態が保証されている分、値段もそこそこ(というか普通に)するので、代金についてトクをするのは難しいですよね。通販と実店舗の違いはここなのです。蟹通販ならば、形さえ気にしなえれば、傷物の蟹が安く買いたいお客様向けに「訳あり蟹」として売っており、これを利用すればお得に蟹を買うことができるのです。蟹通販は便利なものですよね。ですが、せっかく取り寄せた蟹を美味しく頂くには、調理の仕方もおろそかにはできません。皆さんも経験があるでしょうが、蟹は基本的にゆでて食します。そのため、蟹をうまく茹でるための方法が分かっているかどうかがまず大事なことです。さて、そのコツとは、第一に、かなり大きめの鍋を使うということです。蟹の全部がまるごとお湯に浸かるようにするのがポイントです。そうすれば、蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。おいしいかにを選びたい方、こんな方法があります。ブランドがついたかになら、はずれなしと考えるというのがおすすめです。ブランドがにの見分け方として必ずどこかにブランド名が記されていて、その名は、特定地域で獲れたかにであることの明確な表示です。それは味や身の詰まり方の証明ともなっているわけで、だから他のかにと一緒にされないためそのブランドを作り上げたのです。ワタリガニは特定の種類でなく、ガザミ、イシガニ類の総称と思ってください。食用がにとしてみた場合、脚を味わいたい方には向いていないのですが、たっぷり詰まった味噌は味噌好きをうならせています。また、お手頃価格のかになので気軽に購入できかに味噌好きが十分満足するには十分満足できるかにです。丸ごと調理するのも簡単なサイズでいろいろな料理に使えるかにでもあります。通販でズワイガニを買う方も多いでしょう。ぜひ、訳あり商品のチェックをしてください。まず、訳ありの理由を見てください。多くは市場に出す基準に合わない大きさや、中身に害のない傷がある品ばかりですから、自宅で食べる分には問題ないおいしさです。それでも見切り品として、お安くなっているわけです。大きさや見た目を気にしないなら、訳あり商品をねらっていくのが通の買い物ですよ。タラバガニを選ぶコツのお話です。選べるなら、オスの方がおいしいのです。雌は栄養分を卵にとられるのでこれぞタラバガニと言うべき脚のおいしさを考えると雄の方が圧倒的においしいのです。さらに、甲羅中央部に縦2列で並ぶ突起が、いくつあるか数えてください。正真正銘のタラバガニは、突起が6つありますが、もし4つしかなければ、それはアブラガニで、よく似ていますが異種のかにです。お歳暮でかにを贈るのも良いですよね。そのかにを買う際にはここだけの話、注意してほしいことがあります。それはただ一つ、品数が豊富であればあるほど、自分でかにを選ぶ手間を惜しまないことです。自分で選んで決めるのは確かに大変ですが、プロの見る目は確かだろうと思い込んでしまうと、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかもしれません。お歳暮のかにには特に念を入れて、お店の人との関係を大事にしてください。有名なかにの産地を考えてみると、北海道と答える方が多いでしょう。まあ、当然といえば当然でしょう。国内で毛蟹が水揚げされているのは、必然的に北海道になるからです。まだまだ他にかにの種類はあります。それなら日本各地にそれぞれの種類が有名な場所を思いつく方もいると思います。有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニというブランドがあるくらい鳥取県の水揚げ高は多いのです。かにの食べ放題というと、味がどうかという点でどうも、ひとくくりにはできないようです。産地からの距離や、市場の充実度によって差が出てくるでしょうが、まず、かに専門店では、食べ放題でも評判の良いお店が多いです。一方、焼き肉屋など、かにが専門でないところではかにの味は専門店に及ばないというのが常識です。さすが専門店、という店はいくつもあり、行ってみて損はありません。これからの時期が最も美味しい蟹。旬の蟹を最も楽しめる食べ方は、蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。蟹刺しなど、生で味わうのも本当に新鮮な蟹ならいいのですが、生のままという特性上、鮮度が落ちると味も良くありません。蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。それならそこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。そのままの味が好みに合わなくても、醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、見違えるほど美味しくなるので試してみてください。通販で買えるかにの中でもタラバガニは不動の地位を占めていますが、トラブルにならないようにしてください。タラバガニに酷似したアブラガニという安いかにがいます。ちょっと見ただけでは、間違えてしまいます。タラバガニと紛らわしい表示で、アブラガニを掴まされた話は絶えません。安さにつられて買うのではなく、確かな評判のお店から買ってくださいね。ここ2、3年、ネットやテレビのかに通販のお世話になって、買って食べるのが普通という流れになっています。なんと言っても、今はインターネット通販やテレビショッピングが充実していて、全国どこからでも、おいしいかにを直送してもらえるからです。産地直送の生のかにを通販で簡単に買えるようになったので、家族からかにのリクエストがあったときは少々時間はかかりますが、店舗に行くよりもなじみのかに通販をいつも利用しています。蟹の魅力といえば、脚の身が絶品という方も多いですが、蟹ミソこそが蟹の醍醐味という人も多いでしょう。蟹ミソの旨さを味わい尽くせる蟹にはズワイガニなどもありますが、私のイチオシは毛ガニです。新鮮な毛ガニのみそは、とろけるような美味しさで有名で、あらゆる蟹の中でも絶品と言われる味を楽しめます。私のオススメの食べ方は、脚肉をほぐしてミソとあえるというもの。お酒好きの人には一度試していただきたいです。今日では、楽天市場をはじめとする多くの通販サイトで蟹通販を利用でき、好みに合わせて色々な蟹を取り寄せられるようになっています。しかし、通販の欠点は実物を見て購入することができないことです。蟹通販の利用を検討している方は、既に購入した人の声である「レビュー」を確認して選ぶのをお勧めします。さて、レビューを見る際に注意するべきは、サクラを見分けられるようにすること、これに尽きます。わかりやすいのは、レビューの件数が少ないにもかかわらず、その全てが似たような文章の高評価だという場合、おそらく業者が人を雇って書かせたヤラセ評価です。料理に蟹を使うとき、蟹が今、どういった状態であるかにより注意点が異なってきます。中でも特別気を付けた方がいいことは、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。多数の人々が解凍を早めたいと、水の中で蟹を溶かそうとして浸します。その方法をとった場合には、旨味のある蟹が味気なくなってしまうため、冷蔵庫に入れた状態での時間をかけた解凍が大切です。皆さんの中には、蟹通販を利用した経験がある人も、ひょっとしたらいるかもしれません。しかし、生鮮食品を通販で取り寄せるというスタイルに関しては、イマイチ信じきれない方もいるでしょう。今のようにネットが普及する前なら、通信販売で本当に美味しい蟹が届いたという話は皆さんの周りでもあまり聞かれなかったでしょう。ところが、ここ最近ではピチピチした産地直送の蟹を当たり前に通販で買えるようになってきました。モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。モクズガニというと分かる人もいるでしょう。この蟹は河川で生息しており、鋏が特徴的で、毛が生えているのが観察されます。また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、それを鑑みると、長めの脚をしています。殆どが蟹のお味噌汁または炊き込みご飯として調理されます。かに通販の盲点を知っていますか。たとえば、食べきれないほどのかにを買った人は後を絶ちません。リアル店舗で買えば、いざお金を払うときに、自分がどれだけ大量に買おうとしているかわかり、買いすぎは未然に防げることでしょう。しかし、通販の写真ではかにの大きさをリアルに捉えられず、宣伝にのせられて買ってしまい、届いてから一週間は毎日かにを食べていたという話はかなりあり得る話なので、注文前に大きさや頭数をよく確認してください。多くの方がかにの本場として挙げるのは、北陸を思い浮かべる方も多いでしょう。北陸ならかにと温泉を一緒に楽しめます。石川県にある粟津温泉はおすすめで良質の温泉とおいしいかにを求めて全国からその評判を聞きつけた客が湯治などに訪れます。粟津近辺で獲れるかには大ぶりで、身はふっくらして味もジューシーです。旬のかにと温泉を堪能したい方は最高の地だと言えます。かに好きの私にとって四季を通じてかにが最高のご馳走ですが、特に冬場のご馳走のてっぺんに君臨するのがかにということに反対する人はいないに違いありません。怪しい輸入品などでなく、名産地水揚げの確かなかにを送ってもらえるならそれに越したことはないでしょう。通販のかには種類が多く何をポイントに選べばいいのかわかりませんが、そんな人にいいことを教えてあげましょう。ポイントは3つです。産地というのはもちろん、いの一番に考えなくてはいけないものです。産地によっては同じ種類のかにでも呼び名が違ったりしますが、名産地であれば、獲れたてのおいしいものが手に入ることは確かです。次に考慮するのが、美味しいかには直送に限る、ということです。そして3点目がお店を選ぶのに口コミやレビューを参考にすることです。これらを基に購入すれば、失敗する確率は低くなると思います。かには高価で滅多に手の届かないもの。そんな常識を打ち破り、それほど無理のない金額で量もそこそこ。そんなお店があったらいいですよね。いつでもどこでも注文して食べられるようになりたい。そんな夢をかなえるにはかにの通販がいつでもどこでもインターネットや電話で注文できてお手軽だと話題です。これほどかにの通販をイチオシするのには訳があります。近くのスーパーに売っているかには、氷がびっしりとまとわりつき、いつからそこに入っていたのか疑問に思えるほどの状態になっていたりしますが、通販なら特筆物の鮮度のかにが送られてくるからです。生鮮食品にとって新鮮であることは何物にも変えがたいものですよね。更に価格が安いのが特徴でたいていのかになら、通販のほうが安いものが多く、申し訳ないほどのお得価格が実現したのです。オプションで珍しいかにが出回ることもあるそうなので、たまにチェックしてみるのも楽しいですね。どんな人も好きなかにの調理法、ゆでがにのコツをお教えします。ゆで汁に塩を入れると、身が締まり、下味がつきます。塩の入れすぎは逆効果です。1%を超えない濃度とわかれば大丈夫です。大きいかにが手に入って、鍋からはみ出すようなら、鍋に入る大きさに分けて全部お湯に浸る大きさで茹でましょう。食べるときに汚れが気にならないよう、茹でる前に洗っておくと鍋の後始末も楽です。案外よく食べられているのが、モズクガニです。実は、あの上海ガニとかなり近い親戚に当たります。上海ガニと異なり、背中に細かいまだら模様があり、甲幅8センチ程度と、食用がにの中でも小さい方です。全体の重さが170グラムから180グラムになるのが標準という小さなかにです。なぜか、雄の方が雌より小さいことが多いのです。出汁用や丸ごと食べるために、日本の各地で広く知られています。蟹は人気のグルメですが、味はピンキリですよね。美味しい蟹が食べたいなら、ぜひ蟹通販を利用して蟹を買ってみましょう。最近話題の蟹通販ですが、これを利用すれば、お店まで出向かなくても、蟹の産地から産地直送で、新鮮なうちに自宅に届けてもらうことができます。産地直送の美味しい蟹を家族で楽しむことができる。それが、私が皆様に蟹通販をお勧めする理由なのです。さらに、身崩れなどの蟹が「訳あり」として出ているので、かなりお得に蟹を味わえます。上手に利用したいですね。かにのシーズンはじめに、テレビでかにを特集していました。通販のかにもありました。たくさん入ったかにを探していましたし、おいしそうだったので送料無料にもひかれ、お正月用に奮発して買いました。初めて生鮮食品をお取り寄せで買ったため、本当にテレビで見た商品が届くのか心配していましたが、届いたかにを調理して一安心しました。ぎっしり身が入っていました。食べてみると濃い味で、思わぬ掘り出し物でした。今年も同じところから買おうと考えています。かにを食べたいなあと無性に思うことがあるんですが、考えてみるとそれってだいたい冬なんですよね。近年ではすっかり定着した習慣になり、嬉々として通販での注文をし、色々な食べ方でかにを楽しみます。何店かは買ったことのあるお店もあり、そこでもいいのですが、常に少しでも良いお店で買いたいと思うので、どうしたらいいのか途方にくれてしまうのです。かにといえば、鮮度が命の生鮮食品ですし、美味しくなかったとしても次と簡単に考えられるお値段でもありませんので、払っただけのことがあったと満足できるものであって欲しいです。そこで結局は口コミの評価を見られるだけ見て、その中で一番評価の良かったところを選ぶと、そのお店が安心して頼める良いお店だと判断できるわけです。ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのたびに通販で蟹を注文しては、家族を差し置いて一人でたいらげてしまうくらいです。でも、主人一人が楽しむより、家族団らんで美味しい蟹を楽しみたいものだと思います。こういうニーズに合った商品が、冷凍のポーションタイプです。これは、殻を取り除いた蟹の足をたくさん詰め込んだもので、「今夜は家族で蟹鍋を囲みたい!」というときでもそのまま鍋に入れるだけなので楽チンです。これなら、子供のために殻を剥いてあげる必要もなく、存分に蟹の魅力を楽しめます。お子様のいる家庭にお勧めの商品といえます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuduki
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vpae1yersctnoe/index1_0.rdf