狭心症などの病気が隠れていることもあるといいますので

May 19 [Mon], 2014, 17:42
首凝りから考えられる病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)があるでしょう?

ただの首凝りに思えても、実は、関節や脊椎に何らかの不具合が起きていたり、内臓疾患からくることもありますので、気をつけなければならないでしょう。

首コリから色々な病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)に発展することもあるんですけれど、逆に、何か別の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)が原因で、首こりや肩こり(眼精疲労や更年期障害、冷え性、歯の噛み合わせ、体をしめつける下着などが原因で起こることも少なくありません)が発症してしまっているという場合だってあります。

では、具体的に、どういった病気の危険があるでしょう?

それは大変多岐にわたるといわれており、関節・神経・脊椎・内臓などの疾患が要因で起きるだといえますね。

場合によっては、狭心症などの病気が隠れていることもあるといいますので、不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)を感じたら一通りの検査を受けた方が良いですね。

以下みたいな症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)がある場合は、首コリだけでない病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)が隠れていることを疑って、受診することがおすすめです。

・いつも同じ所がいたんだり、特定の動きを行う事で痛む
・首や肩が痛くて動かせない
・痺れや麻痺が出る

こういった場合には、始めのうちは整形外科を受診し、その診断結果によって、内科を受診なさって下さい。

浸透しない

メニエール病についてなのですが

May 09 [Fri], 2014, 6:45
めまいの原因として、殆どの場合は病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)が原因でしょうね。

めまいの原因となる病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)としては、次の2つが代表的です。

・内耳前庭部分障害(良性発作性頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)位めまい症)
・メニエール病

内耳前庭部分障害は、目眩を起こす病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)では最も起こり易いんですよ。

内耳の前庭という部位がありますが、そこにある耳石というものが、なんらかの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)で剥がれてしまうことがあります。

そして、その剥がれた耳石が、体のバランスを司る三半規管に入り込んだり、元々のスペースがら移動してたことにより、めまいが起きるのです。

この目眩を良性発作性頭位めまい症と呼ぶのです。

理学療法で耳石を移動させるという治療方法が効果的なんです。

次に、メニエール病についてなのですが、メニエール病は内耳の浮腫みによっては発症してしまうのです。

内耳は内リンパと言うリキットが満たしている状態とは言え、その内リンパが増えてしまうと、浮腫んだ状態になってしまうんです。

めまいの他にも、難聴(音が聞こえない以外に、音が聞こえても聞き取れない場合もあります)や耳鳴り(大きく分けると、自覚的耳鳴と他覚的耳鳴に分類することができるでしょう)、吐き気などを伴う可能性もあります。

ほかにも、高血圧(ずっと一定なものではなく、一日のうちでも変動しています)によるめまいや、脳の病気(先天的なものも少なくないでしょう)によるめまいなどもあり、めまいがすることは、なんらかの病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)を疑ってみた方がいいかもしれません。

0期から4期までに分けられて

April 13 [Sun], 2014, 6:30
肺がんのステージって何なのかをご説明していきましょう。

まず、肺がんのステージについてですが、これは肺がんの症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の進行がいくらなのかを表すのですね。

肺がんのステージは、0期から4期までに分けられて、そのなかでもさらに、A期とB期に分けることができます。

つまり、全部で8つに分けることが出来るわけです。

0期は、細胞の一部のみに病巣がみられる状態の事を言うんです。

1A期は腫瘍が3センチ以下で、1B期は腫瘍が3センチ以上で転移はなし。

2A期は腫瘍が3センチ以下で、リンパ節に転移あり。

2B期は腫瘍が3センチ以上で、リンパ節に転移、もしくは、病巣がひろがっている状態。

3A期はリンパ節に転移し、病巣も拡がっている状態。

3B期はリンパ節に転移し、病巣が広がり、胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)水が溜まっている状態です。

そして、4期は、いろんな内臓に転移している状態の事です。

このステージによって、五年生存率も変わってくると思います。

1期は約65〜80%、2期は約50〜65%、3期は10〜15%、4期は五パーセントだと言われていて、ステージがあがっていくごとに生存率が下がっていくですよね。

糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビン

March 24 [Mon], 2014, 6:38
糖尿病(自覚症状はあまりないことが多いですが、合併症により深刻な後遺症が残ったり、死に至ることもあります)は生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)に支障をきたす病気ですので、早い段階で発見が重要なのです。

早い段階で発見をするためにも、糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を把握しておいた方がいいかもしれません。

糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)の方に現われる一般的な症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を7つ紹介しますから、自分に該当していないかどうか確認してみて下さい。

・のどが渇く
・排尿の回数、量が多い
・疲れやすい、だるい
・異常に食欲がある
・体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)減少
・性欲が低下気味
・血流が悪い

糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)を患っている場合は、こんな症状が一般的に現われます。

のどが渇いたり、排尿の回数・量が多くなるのは、血液の糖濃度を下げる役割のインスリン(分泌量が不足すると、糖尿病になってしまうでしょう)の分泌が少ないために起こるのです。

インスリン(脾臓から分泌されるホルモンの一種です)の分泌が少ないと常に糖濃度が高い状態を維持してしまうため、のどが渇き、とてもたくさん水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)を飲んでしまいます。

その結果として、排尿の回数も増えるという訳ですね。

そして、糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)になったのであれねインスリンが不足してしまい、活動するのに必要なエネルギーが確保出来ません。

そうすると疲れやすくなったり、体にだるさを感じるようになるでしょう。

また、糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)になってしまった場合には食欲が増しますが、大量に物を食べても、糖分ではなくて筋肉・脂肪をエネルギーに変換してしまうので、体重がどんどん減少します。

それに、性欲が低下したり、動脈硬化(何らかの要因により、動脈が硬化してしまった状態をいいます)が要因で血流が悪くなるのも糖尿病の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)です。

確実に視力を回復出来ると断言は出来ませんが

March 06 [Thu], 2014, 6:51
低下してしまった視力を回復するという方法には、お金をかけて行うようなレーシックなどがあったり、自分で気軽に出来るような視力回復トレーニング(視力回復センターで行う他、自宅で行うこともできます)があったりといろんな手段があります。レーシックのように確実に視力を回復出来ると断言は出来ませんが、お金をかけないで自分で気軽に行うことが可能な視力回復方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)があれば、やってみたいと思いませんか?今回は、東洋医学(日本でこの表現を使う場合には、漢方療法と鍼灸療法を指すことがほとんどでしょう)には欠かせないという名前の「ツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)」を刺激する事で、視力を回復させる方法(あれこれと譭論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)をご紹介していきたいと思います。元々、視力の低下は目周辺の筋肉が衰えたりしてしまっていることで機能が低下し、起こると考えられています。目のツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)を刺激してあげる事により、目周辺の血液循環が促進され、毛様体(毛様体筋、毛様体輪、毛様体突起の三つで構成されているそうです)の筋肉が回復して、ピントを調節する機能が少しずつ向上していくため、視力も回復するといった事なんです。とりあえずは、一番判り易い「太陽」と言ったツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)です。この太陽と言ったツボは、こめかみ部分に位置しているため、ここを親指で指圧してあげてください。このツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)は昔から、「目医者ごろし」と言われている程、目に取って重要なツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)かも知れません。場所が少々わかりにくいかとはおもうなら、何かを噛むようにモグモグしてみて下さい。このとき、こめかみ部分で動いているのが太陽というツボの位置んですよ。老眼(正式な名称は、「老視」なのだそうです)で視力が落ちてしまっている場合にも用いるツボが「魚腰」です。このツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)は、ちょうど眉毛と眉毛の間の眉間に位置しているため、とても分かりやすいはずです。視力回復に効果のあるツボは、顔に位置しているのがおおいでしょう。ツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)を刺激する前には、よく手を温めてから行ってあげるとより効果的なんです。