【 更新情報 】

スポンサード リンク

toyotaヴォクシーの大幅値引

toyotaヴォクシーを購入する時、年間を通じてディーラーが大きく値引きしてくれるのは、決算期の3月と9月です。販売会社はメーカーからtoyotaヴォクシーの目標販売台数を決められているので、それを達成するために社をあげて販売促進に取り組みます。そのためにセールスマンはtoyotaヴォクシーを大幅に値引いてでも、売りたいと思っているからです。「新古車」って聞かれたことがありますか?実はこの時期にこの新古車が出ることが多いのです。メーカーから指示されたtoyotaヴォクシーの目標達成台数にするために、売れていない車をディーラー自身が登録しているのです。この車を置いておくと販売会社は大きな損害を被りますので普段より多い値引きにして、お客さんに買ってもらいたいのです。この新古車をお客さんに買ってもらえば、登録費用やオプションで稼ぐことができるのです。車の営業経験者ならよくお分かりと思いますが、そのように何としてでも、メーカーから割り当てられた分のtoyotaヴォクシーの台数を販売店の成果として示さなければならないために大幅な値下げをしてでも売らなければならないのです。この時期ディーラーは、お客さんを呼び込みたいのでチラシやダイレクトメールで試乗会や大商談会というイベントの案内をやり、来場者にプレゼントまで用意します。これはお客さんにtoyotaヴォクシーの購入契約をして欲しいからです。

トヨタvoxyの値引き時期

トヨタvoxyの値引きしてもらえる時期は、決算期です。営業マンの成績や販売店の成果は、車の登録が終わった時点で発生します。決算時期の月末までに登録が完了するようにトヨタvoxyを交渉すれば最大の値引きを受けられます。販売店の決算時期の成果になるように、営業マンと交渉すれば営業マンも積極的に最大の値引きに応じてくれる筈です。最初に自分の買いたいtoyotaヴォクシーが、販売店にあることを確認しておきましょう。次に営業マンとトヨタvoxyの値引き交渉をして契約します。が、決算期に購入するためには、契約書に印鑑を押し車庫証明を出してそれが降りるまで3日〜4日かかります。さらに、それから営業マンが陸運支局に書類を持っていってトヨタvoxyの登録をしますが、それに2〜3日かかります。従って登録を3月末とすれば、余裕を持ってその登録から逆算して3週間くらい前にトヨタvoxyを契約するようにしましょう。テレビCMでメーカーが「トヨタヴォクシーを買うとオプション10万円分プレゼント」と言ってキャンペーンをよくやっています。こう言う情報を知っていればかなり安く購入できることになります。

ヴォクシーの見積もり価格

ヴォクシーの見積書には、車両本体価格(オプション含む)、特別仕様・ディーラーオプション・付属品、諸経費=車庫証明や登録の代行費用・納車費用、自動車税や自賠責保険、法定手数料=新車の検査登録・「車庫証明」の費用が記載されています。この合計した金額が販売店に支払う金額になります。ヴォクシーの車両本体価格の他にも、いろいろな支払い項目があります。ヴォクシーの新車を購入する時には、車両本体価格だけを見るのではなく、各項目を見てもっと安くならないか交渉したり検討したりするといいと思います。ヴォクシーの納車費用は自分で取りに行けば支払いしなくていい所もあります。ヴォクシーの見積書を色々なディーラでもらい、それに書かれている総支払額や他の項目をチェックすれば、ヴォクシーの値引きの大きい販売店はどこか分かります。さらに、今まで乗っていた車を、下取りに出して新車の購入資金に当てる方が多いと思います。この場合、下取りに出す車の年式や走行距離によって下取り価格が決まっています。ただ年式が古く買い手がいない車や売れない車は「査定ゼロ」になって、逆に下取り手数料や査定料が掛かる場合もあります。