インプラント治療の問題点を様々な情報ツ

March 16 [Thu], 2017, 13:08
インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。それは違います。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。気になるインプラント手術の内容とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すのは必須です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることは実現できるようになりました。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高額のケースでは、数十万円必要になるケースもまれではありません。それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、義歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。大至急歯科医にかかってください。最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。そうなる理由として、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は高額になることを知っておいてください。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年単位で、大事に保管しておきましょう。一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。歯科医院決定に大事なのはインプラント治療経験者の口コミです。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。実は、かかる費用は地域や、歯科医によって幅があるのが普通です。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。それでも、相場はあると言えます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。美的センスに加えて、熟練したスキルが必要不可欠です。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。それは、治療を行う歯科医の腕や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。これは歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リト
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/vow5naetkr799l/index1_0.rdf