ボンゴレ日和 夢奮闘記

2008年01月14日(月) 15時29分
顔を上げた。
で、固まった。
いやふつうの反応だよね。
だって美形が沢山だよ!

「ねぇ、今日の煮物って君の家の味?」

は、話かけてきたぁぁッ!
しかもど真ん中に座ってて無駄に偉そうな人が…。

「母から教わった味ですが…」
「そうなんだ…」
「綱吉、僕は好きだよ」
「一番煩い雲雀さんが気に入ったなら…大丈夫かな?」

なにが大丈夫なんだ。
どうゆうこと…

「今日から君はこの屋敷の母親だから」
「は…?」
「だから、ボンゴレファミリーの母親」

意味がわからないんですけど。
母親って…自分とそんなに年が変わらない、下手したら自分より年上の人たちの母親ってどうゆうこと…?

「あの、意味がわからないんですけど…」
「君馬鹿…?理解しないなら咬み殺すよ」
「雲雀!それでは母がいなくなってしまうではないか!」

私が悩んでいると綱吉と言われてた無駄に偉そうな人が前まできた。

「君が今日から俺のお嫁さんってことだよ」
「ぇ…」
「理解できない?俺はファミリーのボス、父親的存在なわけ。その嫁は母親だろ?部下達は俺の子供みたいなもんだからね」

やっと自分がならなきゃいけない立場がわかった。
が!!!
なぜ今日あったばかりの人の嫁にならなきゃなんないわけ…

「あの、いきなりそんなこと言われても…」
「もしかして、好きな人でもいた?」
「いや、いませんけど…なぜ私なんですか…?」
「一目惚れ」

うわ〜…。
ちょっとクラッってしたよ。
こんな美形に一目惚れされた私は幸せなんだか、今の現状を考えたら不幸なのかいまいちわからないよ…。

「で、でも夫婦は互いに好きじゃなきゃ駄目なんじゃ…」
「何?!お前は10代目の何が不満なんだ!」
「隼人ちょっと静かにしてて。」

ビックリした!
美形の怒り顔って怖いからやだ!

「3ヶ月後の結婚式までに俺を好きにさせてみせる。それでも好きにならなかったら…惜しいけど諦めるよ。」
「その自信はどこからくるんですか…?」
「愛…かな」

スラリと愛とか言えちゃう貴方を尊敬しちゃいますよ。
そいや、ついでだし料理に関しても聞いてみよう…

「あの、さっき作った料理は…」
「あぁ、食事が不味かったら新婚生活に支障がでるだろ?それに、食べるものは美味しいに越したことないし」
「じゃぁ、なんで煮物なんですか…?」
「ここイタリアだから美味い日本料理を作れる人間がいないんだよ。でも、みての通り日本人も多いだろ?毎日故郷の味か食べたいわけ。で、作ってもらったんだ」
「そうなんですかぁ…」

あ、れ?
いまイタリアとか聞こえた気がする…ここ日本だよねぇ…

「ここ日本じゃないんですか…?」
「イタリアだけど…あれ?聞いてないの?」

目の前が真っ黒になった…
そして、倒れた。
床に激突を覚悟したけど、痛みはいつになってもやってこない。
綱吉さん…?が支えてくれたみたいだった。
でも、私はそのまま意識がなくなった。
なにがなんだかもう理解できない…






……………続く
  • URL:http://yaplog.jp/vongola10/archive/3
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:千里
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる