美味しい玉子 

October 25 [Tue], 2011, 16:22
【採れたて!こだわり!美味しいたまご】「喜味の鶏子」10個入現品プレゼント!! ←参加中

サポートハーブティー 

October 25 [Tue], 2011, 16:00
【300名様大募集】授乳期ママの母乳サポートハーブティー! ←参加中

頑張ろう♪って自分を励ませる人間の多くは、既に頑張っている戦士たちである。 

April 25 [Fri], 2008, 6:30
仕事にやりがいを感じることのできる人間になるってことは、
大きくて偉大な仕事を追及するってことよりも、
日常の些細な仕事…その意義を感られるかってことなのかもね。

青臭い話だけどさ、
俺は授業中に、なるべく生徒と触れ合いたい。
ハンコやペンを持って、教室中をウロウロしながら、
生徒に問題を解かせてみる。
まぁ〜「うわ〜」とか言っちゃう奴もいるし、
なかなか「取り組めない」奴もいるわけさ。

でもさ、
同時にね、
さっと丸をつけた瞬間に、
小さな声で「よし!」って呟く奴もいる。
こんなん些細なことだよ。
でもそれって…嬉しい瞬間なのさ。
だから嬉しいから、
「よっしゃ!」とか言いながら、
こっちも声に出して喜ぶのさ。
すると、そんな些細なことも、
なんかちょっとした達成感に変わってくる。

こういうことの繰り返しで、
どんどん元気になって、どんどん明るくなって、
もし、いつか自分に実力が備わって、
(そのための努力を惜しまず歩んで・・・)
少しばかりの運に恵まれるのならば、
結果として大きな仕事をこなせるのかもしれない。
大事なのは…
日常の小さな達成を逃さず掴み取ることなのかな〜って。

学級役員決め。 

April 10 [Thu], 2008, 21:18
クラス替えをするとき、
他の学校や学年がどうやってするのか知らない。
うちの学年は、
最終的には学年主任がコレしろって言う。
「あんたこれやれ!」って。
正直な話、
彼女が何を想い何を望んで、
今担任しているクラスをわたしに任せたか…
まだ話す時間を持てていないので分からない。

実はね…今日委員会の立候補を募ったん。
(うちの学校は学級役員の他薦は禁止)
去年はさ、結構苦労したんだよ…本当に。
でもさ、
何かと鬱陶しいの引き受けた感じのクラスだけど、
恐ろしいほどに出たね。役員が。
初めて見た。
やりたいって奴がお互いに譲らず、
どっちがやるかでもめたのを。

39人クラスで、ポストは12個。
別に年間を通してもやらんでもいい。
(これが怖くて、去年は独自枠作って、一人一役を作ろうとした)
それでも出てきたね・・・。
正直さ、
立候補募って…こけて…
個人面談して1本釣りまでは考えていたんだけどね。

それでも色々ドラマはあった。
去年から受け持っている養護学級の生徒…
(小2〜6年まで不登校、中1の4月には1年の目標=ともだちを棺おけにだった彼
去年、彼が委員会をやるって言ってくれたとき・・・
 そしてクラスミーティングでまたやりたい!と言ってくれたとき…
 正直、どんだけ嬉しかったか)
彼に根回しして、全体の前の立候補→擁立に失敗。
(前回は、俺のところにやりたいってやってきたのを拾った)
もちろん・・・クラスは空気を読める。
俺が彼にやらせたいのを察する・・・。
だから他に出てこない…。
ここで彼を背中を押し切れなかったのは…俺の負け。
その負けを…他の生徒が立ち上がって救ってくれた。ぎりセーフ。

委員会なんて自分が中学生のとき、
なんの意味も感じなかった。
でもさ、
その仕事がどれほどのもんかは別にして、
この立候補の儀式、
めちゃくちゃ意味あるイベントだね。
多分、
出てこない連中も色々考えている。
その背中を押すか、あえて待つか…
こちら側のオプションは…幾らでもある。
前もって根回し、あるいは励ます、
あえてやって欲しいなと呟き、立候補自体は強いない。
ただ目線を送る。
有無を言わせずやらせてしまう(やりたい思っていることを確認した上で)
ただ信じ、待つ。
そして何より大事なこと。
やろうかなと思う連中が…やってみようとなる雰囲気づくり。

色んな事情があって、
おれはこのクラスを持っている。
正直、
教科担任が選べる場合、
確実にパワーがある教師陣を…うちのクラスに配置してきた。
そういうクラス。
これから大変だろうケド…
でもね、
おれは好きだわ、やっぱ…こういうアホな連中。

自己紹介タイム。 

April 09 [Wed], 2008, 19:47
中学校や小学校のことを思い出すと、
クラス替えのときにさ、
自己紹介みたいなのやったじゃない。
あれ嫌だったね。

ほんでさ、
立場変わって、
今はそれをやらせる側なんだけど、
生徒がさ、
「うわ〜嫌や!」とか、
「やっても意味ないやん!」とか、
色々愚痴るのを見て、
確かに分かるよって。

確かに緊張するし、
みんながみんな好きってわけじゃないのさ。
でもさ、
自己紹介がさ、
色んな想いがあるのだとしても、
バシっと決まるクラス…
楽しそうにできるクラス…
これは間違いなくいいクラスなんだよ。

自己紹介…
これって実は、
それをやっているときに色んなことができるんだって気づいた。
自分の想いを語らす経験。
他者の思いを共有する経験。
おまけに立場を宣言させ、実行させる機会。
おまけに、
発表している間の生徒の顔、
それを聞く側の顔などから・・・
お互いの関係性を見ていく。
こりゃ〜嫌がるけど、やる意味あるわ。

これに気づけただけでも…今回はよしとしよう。
思い通りの声が聞けなかったのだとしても。

明日は入学式だ…声高々に君が代を歌おう。 

April 07 [Mon], 2008, 20:07
今日連絡ミスをした。
そしてまだ年度はじめなわけで、
当然、連絡網ってやつがない。
そこでどうしたか?
全員に電話した。
総勢39人…すべての家に電話をかけた。
親が出れば、
「どうも今年○○さんの担任を受け持つことになりました…」
って挨拶。
子どもが出れば、
「○○さんいますか?お!○○か!あんな・・・」
の繰り返し。
明るい奴もいれば、暗い奴もいる。
電話で営業する人間の凄さを…
なんとなく今日感じた。
(もちろん、本職の方々は…そんなんで知った気になるな!と憤るだろうが)
ただまぁ〜一部の保護者に
なんとなく律儀に挨拶してるんかな〜的な印象を与えたんで、
−にはならん努力なんでええかなって。
不登校生徒が1人いるんで、
今後しつこくTEL攻撃せんとあかんので、
まぁ〜そのいい準備運動になった。

正直、既に若干眠いです。 

April 02 [Wed], 2008, 19:18
去年の4月、
わけの分からぬ職場で、
わけの分からぬ人たちと、
何もかも新しい環境で、
日に日に消耗していった…
そんな思い出がある。

正直、
それから暫くして仕事場になれて、
仕事を楽しむような気持ちで望めるようになったとき、
あああ…あの頃はしょぼかった…
そんな風に思ってきた。

しかし、
実際はそれだけじゃないんだなって。
いや〜この時期、
やっぱ忙しいし、しんどいわ。

昨日も書いたが…「人権教育主担」という肩書きをもらった。
2年目にして…
学校の外で暗躍する仕事だ。
これだけでも十分だったんかもしれない。
でも気づけば…
宴会部長の座を禅譲されそうだ。
でも気づけば・・・
教育実習の指導教官もやるらしい。
でも気づけば…
教科代表に就任…学校の教育課程委員会の一員だ。
これは…ALTのコーディネーターまで兼ねているわけさ。

なんか色々出てきたね仕事が…。
ぺぇぺぇ〜ですから…ってわけには行かなくなった。
去年サボりすぎて…余裕な奴って認定されたのか痛かった。
まぁ〜とにかく頑張らんと…こけますわ。

校長といきなり喧嘩して、辞表を叩き付けてきた。 

April 01 [Tue], 2008, 19:20
今日は4月の初日。
というわけで、学校の新しい面々の顔合わせ。
ほんで、学年団の決定。
ひょっとしたら…と考えていた…
担任からの脱退。
残念ながら・・・そうは問屋が降ろさなかった。
今年も担任だそうだ。
去年受け持った学年を持ち上がり、
今年も同じく担任する…
なんとも普通の2年目じゃないか。

しかし、納得がいない。
これじゃ…あまりに凡な結果。
というわけで、
今日、高らかに宣言した。
「月壱会」の設立を!
言うたら、定例呑み会サークルの設立を呼びかけた。
悲しいかな…のん兵衛の少ない学校。
リアクションは…極めて小さいもんだったが、
とにかく呼びかけた。
ぽしゃれば…独りで断行して…既成事実を作ってやる。

さてさて、
新人が2名やってまいりました。
1人は社会人→講師で、今年で32歳の年上後輩。
1人は大学院→予備校で、今年で25歳のまっさら新任。
両方男子。ああ…今年も電撃結婚はなくなった。
若い方がうちの学年団に所属。
ほんで、
1年のときの男性先輩が担任外れて教務に。
スライドで…
恐らく学年の生徒指導カナ?
おまけに人権部門の学校代表に…。
何かと役が…色々ついてきた。

さて明日は教科の会議。
前々から温めてきた改革案を提出してやるぞ!

そろそろ3学期も終わりですわ。 

March 19 [Wed], 2008, 19:40
今日で、今年度の英語の授業は終わりましたわ。
長かったようで、やっぱ短かったですな。
特に、最後のほうは、
誰よりも授業を楽しもうという姿勢でやってきたんで、
あっと言うまでしたわ。
こうなってくると、
目は既に来年に向いてしまいますな。
まぁ〜あと2日登校日がありますが。

こうなってくると、
わたしをめぐる話題は、
「来年はどうするんじゃ!」
ってことばっかです。

正直、
わたしは大阪が嫌いじゃない。
それに言うほど、東京の教育に魅力を感じているわけでもない。
それでもなんだろう…
根っからの根無し草って言うかな…
(ヘンな表現だな・・・)
来年、どっかの採用試験を受けようかな〜って考えているわけ。

中学校は小学校と違って、
基本、入学してから卒業するまでを持ち上がる。
3年間通して子どもを見ることが基本であり、
そして、中学校教師としての醍醐味といわれる。
そこで、
わたしが「来年辞めようかな〜」と言うと、
こいつを何年団が引き受けるか?って話になるわけさ。

今日、ここに何度も出てくる学年主任と話をした。
来年の動向に踏み入った…実に腹を割った話を・・・。
あああ…
わたしの本音が分からない。
東京に帰りたい気もする。
いや大阪でやって行きたい気もする。
ひょっとすると、まだ違う場所に住みたいだけなのかもしれない。
分からない。本当に…。
今なら…誰にも迷惑をかけずに…
ここを旅立つことができる。
学年主任は最後に言った。
「来年のあたまに…あんたの気持ちを聞かせてくれや」
ちょっと気持ちを整理しないといけないね。

親睦旅行@滋賀県 

March 16 [Sun], 2008, 22:28
なんやかんやで、
結局、親睦旅行に行ってきた。
行き先は雄琴温泉。
でも、
あんま集団行動で観光はしたくなかったので、
現地集合にして、
温泉と宴会だけ参加して、
今日も、朝一で一行とお別れした。
平均年齢は非常に高いわけで、
まぁ〜なんていうか、アレだけど、
でも、こういうのも悪くないなって。

しかし…なんだな…

折角の先輩のありがた〜い話を聞く機会なんだけど、
相変わらず…酔うとベラベラ話してしまい、
時間を浪費してしまうわ。
でもいいんかな。
これで。

さてさて、
温泉好きと言っていながら、
気がつけば全然行っていなかったんで、
温泉入れただけでもOKですわ。
でもさ、
前から思っているんだけどね、
こういう趣味って奴はさ、
ご無沙汰していると我慢できると、
1度快感を再確認しちゃうとさ、
またなんか甲斐性がなくなるって言うかさ、
ウズウズしちゃうっていうかさ。
まぁ〜
要するに、自分で選んだ本格的なとこに、
また行きたくなっちゃうんですわ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:volunteacher
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる