バレーボール セッター 練習

September 14 [Fri], 2012, 7:41


いくら指導をしてもらっても、言われたことを再現できず、自分のセンスのなさにあきれるばかりだったとしても、
今までできなったのが逆に疑問に感じるくらい技術が身についていき、試合をリードしていけるだけの実力が身につく練習法がこちら





あなたも、↓のようになりたいと思いませんか??




自分で悪いところを見つけてどんどん修正していける

体格の違いを実力でカバーできる

チームメイトとの連携もスムーズになる

自分のプレーに自信がつく





しかし、実際はというと、こんな感じではないでしょうか??


自己流で練習を続けるのだけど、思ったように効果がでない

今の練習を続けてうまくなる気がしない

サーブが届かない

スパイクが上手くミートできない






どんなスポーツにも言えることですが、才能の差で上達スピードに違いが出たとしても、

それで実力が決定されるわけではなく、練習量や質によって、スキルの伸び方は違います。



バレーボールに関して言えば、正しい例を見ながら体の使い方を覚えていけば、

なぜ自分が上達しないのか問題点を把握しやすくなり、上達スピードを大幅にアップさせることができます。


こんな話をしてくれたのが、バレーボールの上達にはセンスや才能は関係がないと豪語する

東京バレーボールアカデミー 斎藤利さんです。




斎藤利さんは、これまでに2000人以上のバレーボールプレーヤーへ指導してきた実績のある人で、

彼に教わった人たちは軒並み、スキルアップに成功していると評判になっています。


バレーボール普及のために一般社団法人バレーボール検定協会では代表理事を務めているほか、

All About (オールアバウト)でバレーボール専門家として記事を書いていたり、

産経ニュースサイト『イザ!』に『VIVA!バレーボールライフ!』にも記事を書いていたりしますので、

あなたも彼の文章をどこかで見たことがあるかもしれないですね。
斎藤利さんのその他の実績やプロフィールがこちら





驚異のバレーボール上達法は、20年間バレーボールの指導をしてきた斎藤利さんのノウハウが収録されているDVDで、

やるべきことが最小限に抑え込まれていますので、練習内容が非常にシンプルかつ、簡潔にまとめられいます。



バレーボールセンスというのは、効果的な練習をすることによって、体の動かし方やタイミングの取り方を身に着けていけば、

はじめの1時間でもすぐに身についてしまうくらい簡単なことで、

要は、練習方法さえよければ、厳しい練習をしなくとも、スキルを伸ばすことは難しくはありません。


驚異のバレーボール上達法ではさらに、自分で自分の問題点を把握して、自分で修正していけるスキルも身に着けることができるため、

スランプに陥ったとしても、自分一人で突破口を見いだせるようになります。




マニュアルの具体的な内容については、こちらに詳しい説明がありますので、

ここではポイントをいくつか紹介すると、↓のようになります。




オーバーハンドパスの三大要素とは

ママさんバレーの上達で一番活かせる技術

誰でも簡単に実践できる無回転サーブの打ち方

相手チームの戦術や特徴を逆手にとる方法







驚異のバレーボール上達法のホームページには、東京バレーボールアカデミー 斎藤利さんあてに寄せられたたくさんの体験談の一部が紹介されています。



アカデミーでは一つ一つ、一人一人に的確な課題を提供してくれます。

今までの努力はなんだったのだろう、と思いました

このDVDは、全てに通じる基礎をしっかりと網羅していると思います。




こうした声にあるように、

DVDでは、弱点を克服しスキルを伸ばすための課題が用意されていて、それをクリアーしていくだけでも、

どんどん上達を実感することができます。


あなたも、今まで身に着けた悪い癖に引っ張られることなく、チーム内でも頼られるプレーヤーになることができます。









今までの伸び悩みがうそのように、どんどんバレーボールが上手くなっていく斎藤利さんの練習法を試してみるにはこちら







大平俊介
復縁
伊藤潤一
P R
カテゴリアーカイブ
バレーボール 練習法
バレーボール レシーブ コツと基礎
Add to Google
My Yahoo!に追加
人気ホームページランキング
PVランキング
ブログランキング
  • SEO診断



ブログランキング
ブログランキング