試合で勝つための『バレーボール〜戦術と練習』の口コミと【SoulTBS】 少女の冒険 グタグタ実況プレイ part1 前編

March 23 [Sat], 2013, 18:08
おはようちゃんです。


現在試合で勝つための『バレーボール〜戦術と練習』レビュー特集中です(^^)
試合で勝つための『バレーボール〜戦術と練習』は、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?
↓↓
試合で勝つための『バレーボール〜戦術と練習』体験評価はこちら


メインサイトでは、株式会社トレンドアクアさん作の情報教材試合で勝つための『バレーボール〜戦術と練習』を体験した上で、
特典付きでお届けしています。


購入前はいろいろご意見は、あるでしょうけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

試合で勝つための『バレーボール〜戦術と練習』体験評価はこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


今朝の朝飯はひやめしと、目玉焼きと味噌汁

朝食の三冠王ですよね。



今朝は8分で食べ終わり、8時30分に家をおさらば



いつも通りサークルKに寄り道して、コカ・コーラをポイントでゲット(^^ゞ



これが無いと、調子狂います。



現場に行ったら、日々の日課のニュースを覗いてみると

多分あなたもこれ、気になるでしょ?

↓↓

東芝は、車載機器やデジタルプロダクツなどの組み込み用途向けのメニーコアLSIに適した低消費電力OSを開発したと発表した。

開発したOSを同社製のメニーコアLSI上で動作させ、画素数1920×1080から3840×2160への超解像変換処理を行ったところ、性能劣化を抑えつつ24.6%の電力削減を実現した。

近年、マルチメディア処理に対して高い処理性能が要求されている。これに応える方法として多くのプロセッサコアを搭載したメニーコアLSIが期待されているが、コア数が増加するにつれ消費電力も増加する傾向にあり、バッテリの長時間駆動に対する要望や環境に対する配慮から低消費電力システムの実現が求められている。

消費電力を抑える方法として、OSが負荷にもとづき各コアの電源をオン・オフするという手法が挙げられる。従来技術では、過去の負荷情報から近い将来の負荷を推測しそれに基づいて電源制御を行うが、予測の精度があまり高くないため負荷の変動に追従できず、余計な電力を消費してしまうという課題があった。

今回開発したメニーコアOSでは、並列ソフトウェアの実行情報をOSが利用して電源制御を行うことが特徴。並列ソフトウェアが正しく動作するためにはスレッドの実行順序を規定する必要があり、本OSでは「依存数」という独自の手法を用いて実行順序を規定。特定の時刻での「依存数」とその時点から近い将来での負荷には緊密な関連があることに着目し、依存数を用いることで正確な負荷予測を実現。この予測に基づき各コアの電源を制御することで、消費電力を抑えることを可能とした。

同社では、組み込み用途における高性能な画像処理、画像認識などのアプリケーションを低消費電力で実現するために、本メニーコアOS技術を活用していく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》
(この記事はレスポンスから引用させて頂きました)



へー・・・

だからどうしたって感じ。



はい、では今日の本題。きょう、やるべき事と言えば

予定通りに進めばメルマガアフィリエイトに11時間と、オークションに2.5時間。



ちょっと辛いけど問題にはならないです。



稼ぐぞ〜



稼ぐ系動画と言えば

↓↓





あれ?関係ない?^^;

またやっちゃった?



さーてばんごはんは何しよ?

イカフライかのりまきが食べたいな〜



これもいいかも・・・

↓↓





きっと今度のブログ更新は今日の夜でしょう。

また来てくださいね!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いぷきまろ
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる