本命の早稲田に落ち思い出受験の東京大学に受かった

January 07 [Wed], 2015, 19:55
高校受験はそれなりでしたが、大学受験はかなり必死で勉強しました。と言うのも都内の方に出たかったのですが親の承諾が得られなかったからです。

奨学金を利用したり、アルバイトのかけもちなので自分で全部賄う事も考えましたが、だったらレベルが高い所なら良いでしょと突っぱねたら、東京大学ならと言われてしまったんですよね。

絶対無理だと思っていました。なので早稲田とかはどうでしょうかと代替え案を出し、良ければ東大もやってみると言う形にしました。

そこからは本当に大変で、夏休み前でしたが時間も無くて猛勉強を始めました。基本的な事は大体出来ていたので、受験に向けての勉強でしたね。

予備校なども、そういうのに対応して貰える所を選んだりして通いました。でも心細いったらないんですよね。周りは全員が合格ライン楽々な人達に見えてしまって、(レベルは高かったんでしょうが)これじゃ受からないよ、と辞めるかどうかの逆決意をしそうになりました。

それでも何とか必死な勉強を続け、合格ラインに食い込めるぐらいにはなったのでいざ受験です。

ところが受験票なども全部持って準備万端だったのですが、なんと当日寝坊してしまいました。かなり早い時間から行っておくつもりだったので問題は無かったですが、試験前に心を落ち着かせる時間は無くなってしまいました。

私はそういう時に逆に開き直れるのが良い所のようで、試験の内容はよく分かりましたね。その時には逆に周りが焦っているような感覚だったので、受験中に周りを見る余裕もあったと思います。

カリカリする音が気になったので、集中は出来てませんでしたが手ごたえあったなと帰り際に思いました。

終わってからはかなり余裕を振りまいていましたが、本命だと思っていた早稲田大学には受かれませんでした。ですが意外や意外で、東京大学には受かったんですよね。後から調べると受験人数の問題で、合格平均ラインはかなり下がっていた時でした。

受かったんだけどと報告した時の、母親の顔は忘れられません。この子何言ってんのかしらと分かってくれませんでしたからね。どんだけ受からないと思っていたのか。私も同じではありましたが。

気持ち的には負けた感じだったのですが、受かったもん勝ちという事で良しとしています。ただしなんで受かったのかは、未だに疑問でもあるんですけどね。

受験についてはこのブログも面白かったです→あの頃の受験勉強と入試の記憶を思い出して綴る

宝くじが当たったら私がしたいこと

November 06 [Thu], 2014, 11:13
一生に一度くらい、誰でも宝くじに当たって見たいですよね。その当選金額にもよると思いますが、100万くらいだったら、仲の良い友達に、ちょっとリッチなランチをご馳走して、残りは、自分のために使いますね。

3000万くらいの金額だったら、一つ目は家のリフォームをしたいです。一昨年、リフォームして、二階の部屋を畳からフローリングにしたのですが、元が和室だったので、なんかアンバランスなので、洋風にかえて、トイレをつけたいです。トイレの度、一階に降りるのが面倒だし、冬場は寒いので、取り付けたいです。

二つ目は、家族旅行です。両親や子供にお金の事は気にせずちょっと贅沢した旅行にしたいです。いつも少しでも安い所を探してホテルを予約するので、離れとか部屋に露天風呂のある特別室などの部屋をとりたいです。

もちろんマッサージもマッサージチェアなどではなく、整体師さんを呼んでゆっくりと部屋で揉みほぐして貰いたいです。

三つ目は、エステサロンに通いたいです。何といっても中年太りしたこの身体を少しでも細くして、見た目だけでも若返らせたい。もちろん顔のたるみやくすみも良くしたいです。

残りは貯金です。やはり何があるかわからないから、その時のための貯蓄です。

戦国や幕末を生きた人達

December 24 [Mon], 2012, 7:27
好きな歴史上の人物は沢山あって殆ど戦国武将や明治維新前後の人物など日本を動かすような人物が好きですね。

今の日本にいてほしいような人物がいっぱいいます。

今の女子はゲームで歴史上の人物を覚える人が多いみたいですね。登場人物がカッコいいと覚えてしまうものです。

織田信長とか明智光秀などカッコいいですね。

織田信長はどんなに破天荒なことをしていても最後にはきちっとした信念を持ってみんなを引っ張るカリスマ的な人物だと思うのでそういう人は憧れますね。

戦国時代では人を裏切り、裏切られたり一回の戦でその人の運命が変わるそんなシビアな世界に生きた人達の強さは凄いと思います。

あとは幕末の時代に生きた人達ですね。新撰組や薩長、坂本龍馬や勝海舟など日本を立て直す為にやる事は違いますが、目的の為に自分の命をかけてまで頑張って生きていた人達です。

自国での大規模な争いは幕末が最後だと思いますがこんな戦いをするほど自分達の主張を次の時代に引き継いでほしいと思っていたかもしれません。

大変ですよね、どちらも日本の為を思ってやってきたことがもし、こっち側が勝っていたら今の日本は違っていたかもしれないとこの人が暗殺されず生きていたらもうちょっと違う世界が見れたかもしれないと思うことも多いですね。

ありがとうが言えなくて…

December 11 [Tue], 2012, 11:56
小学校の横を通ったりすると、校庭にある遊び道具の中の「うんてい」を目で探してしまいます。

小学低学年だった頃、この「うんてい」がなかなかできなくて、休み時間に一人、練習していました。

そこにあったうんていは、真ん中あたりが山のように高くなっている形のものでした。最初はいいんですが、真ん中に近づくにつれて、どうにもこうにも進むことができなくなったことがあります。

でも、クラスの中でも一番か二番目くらいに背の低かった私は、飛び降りることも怖くて、どうしようと、腕をふるわせながらぶら下がっていました。そうすると、一人の背の高い男の子が近づいてきました。

その子は、時々、一緒に勉強する養護学級の男の子でした。その子は黙ってひょいと私を担いで降ろしてくれました。

私は、「ありがとう」の一言すら言えなくて、走って友達のいる方に走り去ってしまったのでした。

ただ、その子が……というのではなく、「男の子」にそんな風に親切にしてもらったのが、なぜだか、恥ずかしくて恥ずかしくて…。

もちろん、目の前の通ったこともない小学校の校庭にその子がいるわけもないのですが、「うんてい」を見つけたら、その音の子が立っているような気がして…見つけたら、あのとき言えなかったありがとうを言いたくて…ついつい、探してしまうのでした。

アンジョリーナジョリーが好き

December 05 [Wed], 2012, 21:09
私が好きな女優はアンジョリーナジョリーです。こんなにマシンガンが似合う女優さんも珍しいと思います。筋肉質で、鍛えられた美しいスタイルで、無敵の主人公を演じるところがすごいと思います。ミスター&ミセススミスの時には、セクシーな娼婦役もやって、そのスタイルの良さがかいま見られましたが、なんと言っても彼女はカッコいいです。
殺し屋という役所でしたが、とてもかっこよくて、憧れてしまいます。
競演したブラッドピットよりも存在感があって、アクションシーンも素晴らしかったです。
映画トゥームレイダーでも、アクションシーンが沢山出て来て、そのしなやかな身のこなし、また、男性顔負けの格闘シーンなど見所が沢山あります。
彼女が主人公のアクション映画は安心して見ていられます。どんなに窮地に追い込まれても、必ず脱出するからです。これは007の映画にも言えることですが、主人公は必ず助かるので、そんなにハラハラドキドキしなくて済むところが他の映画との違いです。
アンジョリーナジョリーはカッコいいので、見ていると女性の美しさもさることながら、女性の強さも見ることができて、本当に憧れの女優さんです。プライベートもオープンで、幸せそうなところが非常に良いと思います。

V6のコンサートやテレビ番組

November 26 [Mon], 2012, 10:58
舞台で印象なのは、V6の坂本が観客に向かってウインクをしている場面です。歌いながら、目をパチパチさせているシーンがいくつもあります。

メンバーは2つに分けることがあり、手前の背丈の低い3人と、背丈の高い3人がいます。背丈の低い3人は、カミングセンチュリー、略称カミセンとして、背丈の高い3人は、トゥエンティースセンチュリー、略称トニセンとしても活動しています。

music for the people が知られますが、この曲が彼らのデビューシングルであり、コンサートでも歌われていました。

他には、WAになっておどろう、がV6の7枚目のシングルで、元は1997年にNHKで放送された、みんなのうたに出てくる歌でした。カバー曲で、V6のみならずいくつかのグループが歌っています。おどろう、の部分を踊ろうにすると間違いであるようです。

テレビ番組TBSの「学校へ行こう!」は1997年から2005年まで、毎週火曜日20時から放映されていました。

メンバーが直接学校へ出向いて、中学生や高校生とさまざまな企画をする内容でした。

なかでも、未成年の主張は1997年から2004年まで行われ、ほぼ番組の中核をなすコーナーとなりました。

学校の屋上から、生徒、教師、その家族が、自らの思いを打ち明けるもので、愛の告白があったりしました。

こんにちは(^_^)

October 23 [Tue], 2012, 12:20
はじめまして。

今日からブログをやってみました!

なにげない日常を日記にしていくので、
読んでいただけたら嬉しいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:生真面目ウサギ
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/voincey44/index1_0.rdf