仮眠が脳を活性化

March 06 [Wed], 2013, 9:41
昼寝は最も代表的な仮眠で、
昼食後に数分から2〜3時間程度の睡眠を取ることを指す。

通勤・通学などにおける移動の際に
バスや列車の中で寝る行為や会議中・授業中などに寝る行為も仮眠のうちであり、
通常の座っている姿勢のまま目を閉じたり机の上に置いた腕を枕の代わりにして
伏せて寝たりする体勢が一般的である。

また、24時間勤務等の警備員・守衛等の職業も交代で
仮眠を数時間取るのが一般的である。
南ヨーロッパでは昼食後の昼寝をシエスタ(Siesta)と言う。

また、15〜30分の仮眠が脳を活性化するという研究結果が出ている。
しかしそれ以上の仮眠は逆に脳の活性を下げ、
また夜の不眠の原因にもなるとも言われる。


布団の防虫対策

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ろんたん
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vodfrt/index1_0.rdf