治療中に一時的に

March 21 [Thu], 2013, 10:05
漢方医学には瞑眩(めんげん)という概念がある。
治療中に一時的に病状が悪化し、その後に完全に回復するような状態を指す。

漢方医学以外の代替療法や民間療法などで
「好転反応」という言葉を耳にすることがあるが、ほとんど同じ意味である。

これは副作用とは異なると説明されるが、
実際に症状が出ている時点での区別は困難で、
事後的にのみ確認できる。

結局は医師の経験によって見分けるしかなくあまり当てにならないので、
瞑眩らしきものがあればただの誤治だったと考えるほうが無難である。

この概念は日本独特であり、かつ日本でも江戸時代はあまり認知されていなかった。
また、漢方医学でも古方派の瞑眩を積極的に歓迎する立場は、副作用の考えに近い。


頭皮マッサージがGOOD
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かんたん
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vodfr/index1_0.rdf