音痴、歌が下手・・・で真剣に悩んでいるあなたに
2011.07.19 [Tue] 12:29



歌がうまくなりたい、と思う人はたくさんいますが、


では、なぜうまくなりたいと思うのでしょうか?


モテたい!

注目されたい!


と思う方が多いようですね。


他にも、歌がうまければ仕事上でもスムーズに事が運ぶ・・・ということもあるようです。


あなただけでなく、いろいろな人が悩んでいることなので、

ネット上でも真剣な悩みが寄せられています。



音痴を治すいい方法はありますか?


高校生の女です。


今度、文化祭があってクラスで合唱をするのですが、私は音痴なので恥ずかしいし、 みんなの迷惑になってしまうと思って大きな声で歌えません(;_;)


その上、高い声もあまり出せなくて高い音のときは声がかすれてしまうんです。


どうしたら音痴は治るでしょうか?


あと、高い声はどうしたらきちんと出せるようになりますか?


たくさん質問してしまってすみませんが、回答をよろしくお願いします。

- 回答 -
ちなみに
音痴といっているものは
声うんぬんではなく
実際には耳なんです
耳が正確な音を認識していないだけ
音痴を直す
=耳を鍛えることです

まずは、
きちんと音程やピッチ(音程の誤差)があっているか、
自分の声とピアノの音を重ね客観的に確認することが重要です。

まずは、ドレミファソラシドの音階がきちんと
ピアノやキーボードの音とあっているか
一音一音、耳で確認するか、録音して確認してみてください。

上記が出来るようになったら
ドとソをひいてそこにミの音を声でだして重ね合わせる
ドとミをひいてそこにソの音を声でだして重ね合わせる等
そいう地道な訓練が重要

上記が出来たら
半音階(黒鍵)の練習

地道に耳を鍛えるしかない
つまり耳を鍛えるってことは客観的に
出している音が間違っているということが認識出来るってこと

その上で技術的な面を磨いていく

日本では合唱というものがかなり軽く扱われていますね
合唱が発達しなかった理由のひとつには
日本人が育った環境(木造の家)によると言われています
西洋特にヨーロッパでは声が響く石の家に住んでいたため
響き(ハーモニー)を大切にする声の出し方が自然に発達したといわれています。
ですから、喉に力を入れず省エネな発声方法によって如何に声を飛ばすかこれが発声の基本なんです。
日本ではこういった発声が発達しませんでしたので、合唱というものが発達せず単旋律や斉唱しか発展しませんでした。
(合唱と間違われますが、全員で同じメロディーを歌うことを合唱とは言わず斉唱といいます)
ですから他人とハーモニーをあわせる合唱が発展しなかった日本人が音痴であっても仕方ないといえば仕方ないことなんです。
発声方法やハーモニーに関して、島国日本が世界に遅れている事は事実です。
たとえば合唱王国の北欧なんかですと以下のように合唱=国民的なものという図式があります。
http://www.youtube.com/watch?v=mFmD1Vk3K5E

高音がかすれてしまうとのこと
喉に力をいれていませんか?
片足をあげ、ひざはへその位置まで、
ついでにその状態でスクワットをして歌ってみてください
(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)







では、どうやって音痴を治そうか・・・?


方法にはいろいろありますが、自宅に居ながらにしてできるボイストレーニングが

特に注目されています。


自宅でできるので忙しくてもできるし、何より、正直、これだけのレッスンを教室に

通って教わるとなるとお金がいくらあっても足りません。


どうせなら、お得に、手軽に、歌がうまくなりたいですよね!


▼驚きのレッスン内容です!
ボイストレーニング