友達と会う機会があったので妊娠に

February 18 [Sat], 2017, 10:49
友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸サプリの話題が出ました。使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番興味あるみたいです。



葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いとテレビで見たことがありましたから、その友達に教えてあげました。

友達には、いつも笑っていて欲しいから、ゲンキな赤ちゃんの顔を見せて欲しいなってねがっています。


妊婦の方の中でも、葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんも大勢居ます。


ですが、葉酸というものは熱に弱いため加熱調理してしまうと、大切な葉酸が失われてしまうこともあるんです。一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不十分かもしれませんので、気を付けてちょうだい。ところで、葉酸とはどみたいな栄養素なのでしょう。葉酸は、ビタミンBの一種で、たとえば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類にふくまる栄養素です。

葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。なぜなら流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを下げる効果が認められています。


厚生労働省が推奨するように、妊娠初期の場合は葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。手軽に摂るならばサプリメントを活用するのも賢い方法だと言えます。



大きくなってきたオナカを見ると、最近まで不妊治療(化学物質との接触や過度の運動、きつい下着を避けるなど、日常生活でも様々な改善点があります)に通っていたのが嘘のようです。
不安に思い始めたのは結婚(人生の墓場なんていわれたりもしますが、実際にこんなはずじゃなかったと思うことも少なくないようです)(人生の墓場という人もいれば、できてやっと一人前という人もいますね)から2年目くらいですね。
基礎体温でタイミングを見計らっても、出来ない時は出来ないのだと感じました。親しいユウジンたちの話題も赤ちゃん中心となり、やりきれない気分でした。産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。



原因が判らないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。



妊娠しにくい体質を改善する食品というと、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。

妊娠に必須の栄養が多いので、摂取が推奨されます。全体的にはバランスよく偏らない食事にするのが理想であることはミスありません。

一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は産後までは我慢したほうが良いですね。


「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多くふくまれています。
果物では、イチゴやライチに含有量が多いと紹介されています。


あるいは、柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多くふくまれています。

または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良いですね。
葉酸は、胎児の正常な発達に働聴かけるため、妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる栄養素のひとつであると知られています。

ですが、体調が悪い時には、食事で葉酸を補給するのも難しい、なんてこともあると思います。
そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。葉酸はサプリメントなどの栄養補助食品を飲めば不足しがちな葉酸もちゃんと摂取できますし、栄養的にも問題ありません。
オナカの中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。この時に葉酸が大変重要なはたらきをするのです。



葉酸は食品にふくまれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特性があるために、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。



とは言え、妊婦にとって不足しがちな栄養素は様々ですから、葉酸以外にどんな栄養素が必要であるのか分からないですよね。総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、粉ミルクの成分を参考に、サプリを選んでみましょう。

流産を経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)しています。


ずっと欲しかったおこちゃまでしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、だいたい一年位たってから、また妊娠について前むきに考えられるようになり、妊娠を考えて行動するようになりました。


今回の妊活では体づくりにも注意しました。


冷え性を改善するために苦手だった運動を始めました。



大変な時もありましたが、新陳代謝が上がっ立ために、低かった基礎体温が上がり、冷え性が改善したんです。葉酸の過剰摂取による副作用は、たとえば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。

妊娠初期の神経質な時期には良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。



葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか簡単に管理できますから、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから葉酸サプリをおススメします。皆様ご存知のように、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。
葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリの利用を考える時には、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数配合されたサプリを選びましょう。具体的にいうと、25種類前後の栄養素がふくまれたサプリであれば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。こみたいなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思うのですが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊活中の女性も早めの摂取を心がけてちょうだい。妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。


この期間は葉酸の十分な摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が要らないのかと言うと、そうではないのです。

胎児が先天的な障害を発症する可能性を下げてくれるという意味では、皆様がご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が注意が必要な期間ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している理由であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。
赤ちゃんを授かったという事で病院が行う栄養指導や、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。

こうした機会に、葉酸がもつはたらきと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。葉酸がどみたいな食品に多くふくまれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。あるいは、野菜も代表の一つですね。
実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。
葉酸は熱によって大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、食材を調理するようにしましょう。

一般的に、妊娠中は当然のこととして、妊活期間から十分な摂取がもとめられる葉酸なのですが、日々の生活に追われていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合も出てくることもありますよね。



こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。



それが葉酸サプリを飲む事なんです。容易な摂取が可能ですから、食事での葉酸摂取に不安がある方も安心できますよね。熱によって失われやすい葉酸は、食材を調理して摂取しようと考える場合には注意してちょうだい。

葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、熱をとおす必要があるならば、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはナカナカ大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。そんな時はサプリを利用するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miu
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる