Whiteの大池

June 12 [Sun], 2016, 11:28

ナースが仕事を変えるときに、立ち止まってしまうのが申込理由です。どうしてこの仕事場がよいのかを好印象となるように示すのはたやすくはありません。給与アップ、休日が増える等の労働条件のメリットを出すよりは、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、転職の理由に発展的な要素をもたせたものが通過しやすいようです。




看護師の場合でも転職がいくつかあると悪いイメージにつながるかというと、必ずそうだとは言うことができません。自己アピールを上手に行えば、経験が多くあり、意欲的であるという印象にもっていくことも可能でしょう。



けれども、働いている年数があまりにも短いと、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる場合もあるでしょう。専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。


しかし、大変な思いをして看護師資格をゲットしたのですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。全く異なる職種だとしても、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は非常に多いです。



大変な思いをして取れた資格なのですから、活かさないのはもったいありません。看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、第一に待遇で何を重視したいのかを言語化できるようにしておきたいものです。夜間に働くのは避けたい、プライベートの時間は十分確保したい、できればお看取りの場は避けたい等、望む職場環境は人それぞれです。看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、合わないと思われる仕事場で我慢して勤める必要はないのです。



看護スタッフが別な勤務先へ移る方策についてですが、今はネットサービスを役立てるのが多数派になってきました。



ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、支払いは発生しませんし、どこにいても好きな時に募集案件を検討することも可能です。



華麗なる転身のためには、リサーチが重要ですので、転身したいと思ったなら、まずは入会してみてください。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結人
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vnm6tiyhuerge9/index1_0.rdf