エルメスiPhone 6ケース

November 29 [Sun], 2015, 22:56
 ちょっとユニークなのは、同じiOS 9で3D Touch非対応のiPhone 6に、Live Photosを送った場合だ。この際、メールに添付して送ると静止画の写真だけが送られるが、AirDropを使えばLive Photos形式のままiPhone 6に取り込まれた。
エルメスiPhone 6ケースそして、iPhone 6ではLive Photosの写真を長押しすることで、映像部分が再生されるという仕組みだ。iPhone 6上のiOS 9で、擬似的に3D Touchっぽいインターフェイスを再現しているところにAppleのこだわりを感じた。
人気iphone6ケース

 Live Photosは技術的にみて斬新というものではなく、機能としてこれまでにない画期的なものというわけでもない。しかし、Apple十八番の“直感的で分かりやすい実装”をしているおかげか、今までの写真のように違和感なく使えて、それでいて写真を見るときに映像がついててちょっとお得でうれしい気分になる。
シャネルiphone6s ケース旅行先で家族写真を撮る時や、恋人や友人とホームパーティーやバーベキューをする時など、さまざまな場面で写真の楽しさに+αとなることは間違いない。

●iPhoneへの移行に便利な「Move to iOS」

 3D Touchと進化したカメラ機能。
時計 レディース 人気この2つだけでもiPhone 6s/6s Plusは2015年最も革新的なスマートフォンであり、新たな未来を先取りしたものでもある。となると、これまでiPhoneを使っていたユーザーだけでなく、Androidスマートフォンを使っているユーザーも「いよいよ次はiPhoneにしたい!!」と強く思うだろう。
iPhone6ケースヴィトン風くしくも今2015年は、ドコモのツートップ戦略から2年が経過した年だ。2年前の2013年夏に「ドコモからiPhoneが出なさそうだからしかたなく……」と、渋々とGalaxy S4やXperia Aを選び、Androidを我慢して使っていたドコモユーザーにとっては、iPhone 6s/6s Plusはうってつけの買い換え先といえる。
iphone6sケース

 そのようなタイミングに合わせたたわけではないだろうが、iPhone 6s/6s Plus発売のタイミングに先立ち、AppleがAndroidからiOSへの移行ツール「Move to iOS」をリリースしている。これはすでにGoogle Playで無料ダウンロードが可能であり、これを今まで使っていたAndroidスマートフォンにインストールすれば準備OK。
グッチ iPhone ケース

 新しく購入したiPhoneのセットアップから「Androidからデータを移行」を選び、Androidスマートフォン側でMove to iOSのアプリを実行すれば、アドレス帳やフォトアルバムのデータなど個人情報がコピーされるだけでなく、Androidで使用していたアプリと同じアプリのiOS版も自動ダウンロードされる(有料版アプリはウィッシュリストに追加)。さすがにアプリ内で課金したデータなどは移行できないが、基本的な個人情報やアプリ情報が引き継がれるだけでも移行の負担は大幅に軽減されるだろう。
ヴィトン iphone6ケース 本物

 日本ではスマートフォン市場におけるiPhoneのシェアが高いこともあり、かわいいケースやおしゃれなカバー、気の利いたアクセサリー類はiPhoneにしかないということが往々にしてある。率直にいって、スマートフォンを文化的に楽しみたいのなら、iPhoneの方が周辺環境が整っているのだ。
gaga 時計そのような中でAndroidスマートフォンからiPhoneに移行したい人にとって、iPhone 6s/6s Plusと合わせてMove to iOSの存在はとても大きいといえる。

●マイナーチェンジではなく、スマートフォンの再発明

 クルマの世界では、フルモデルチェンジの狭間にあるマイナーチェンジで、エンジンやトランスミッションといったパワートレインやサスペンションの載せ替えをすることがある。
ルイヴィトン マフラーこの手法は特にBMWなど欧州車が好んで用いており、見た目のデザインはさほど変わらずとも「中身は別物に進化する」ことが多々あるのだ。だから古くからのドイツ車乗りの中には、中身が一新されるマイナーチェンジ後の“後期モデル”を選んで買い換える人も少なくない。
iPhone6ケース香水風

 iPhoneに関しても、sシリーズは“中身が大きく変わる後期モデル”という傾向がある。世代番号が変わるフルモデルチェンジでは基幹部分は正常進化かキャリーオーバーとし、sが付くマイナーチェンジ後の後期モデルで基幹部分の刷新を行うのだ。
ルイヴィトンiphone6 ケース

 この法則に従って見れば、今回のiPhone 6s/6s Plusはまさにシナリオどおりの後期モデルといえる。しかし、唯一にして圧倒的に異なったのは、「中身の刷新がスマートフォンの再発明ともいえるほど大きなものだった」ということだ。
ルイヴィトン マフラー3D Touchの搭載はUIデザインとユーザー体験を抜本的に変えて、アプリのデザインや使い勝手にまで広く影響を及ぼしていくだろう。これほど大きな変革を、シナリオ通りとはいえマイナーチェンジでさらりと入れてくるあたりに、Appleの底力といまだ衰えぬ革新性を感じる。
iPhone6sケース

 では、iPhone 6s/6s Plusは買うべきか否か。

 筆者の答えは、間違いなく「買うべき」である。
ルイヴィトンiPhone6sケースこれほどワクワクし、未来を感じるスマートフォンは久しぶりだ。順当に買い換えタイミングにあるiPhone 5sまでのユーザーはもちろん、iPhone 6/6 PlusやAndroidスマートフォンのユーザーも買い換えを検討して損はない。
オークリー サングラスむろん、まだスマートフォンを持ってないユーザーが初めて手にするのに最適な選択肢であることは言わずもがなである。

 9月25日、まずは店頭で実機にふれて、Appleによるスマートフォンの再発明を実感してもらいたいと思う。
ガガミラノ 腕時計
Apple Watchの真の実力が開花する――「watchOS 2.0」を林信行が解説
Apple Watch、ステンレススチールケースのコレクションに、新たにスペースグレーケースとブラックスポーツバンドの組み合わせが登場。今回、新たに入手した。
ケース コピー
ルイヴィトン iphone6 ケース
 当初の予定より少し遅れてApple Watch初のOSがメジャーアップデート。待望の「watchOS 2.0」が無事にリリースされた。
オークリー アウトレットこれを受けて同OSの最新機能をはじめ、新色の発表で刷新されたApple Watch最新事情をおさらいしてみたい。

【watchOS 2.0で“Apple Watch革命”が始まる】

 まずはApple Watch最新事情のおさらいから。
iPhone6sケースグッチまだ登場から1年も経っていないApple Watchだが、今月はじめの新製品発表会で、新しいスポーツバンドが発表された。

 これまでApple Watch標準コレクションの中でも一番高価な黒のリンクブレスレットでしか選べなかった「スペースブラックステンレススチールケース」がブラックスポーツバンドで提供されたり、これまで高価な18Kゴールドケースのエディションコレクションとして提供されていなかったローズゴールド色が、新たにスポーツコレクションの新色として追加された。
iPhone6 シャネル

 これに加えてアップルは、 ラベンダー、ターコイズなど単体販売のみで提供されるスポーツバンドの秋の新色もいくつか追加している。これが意味するところは大きい。
シャネル iphone6ケース

 Apple Watchはデジタル系のアイテムとしても注目すべき存在だが、それ以前に日々身につけて楽しめるファッションアイテムとして優れている点がほかのスマートウォッチと違う。そしてその最たる特徴が、簡単にバンドの取り替えが可能なことだ。
ルイヴィトンiphone6ケース

 今ではアップル以外のところからもいくつかのバンドが発売されている。筆者は夏にパリを訪れた時、ヨーロッパで最も影響力のあるセレクトショップ、「コレット」で購入した同店限定販売のブルーとホワイトのストライプバンドを最近愛用している。
シャネル iphone6sケース

 「これだとちょっとカジュアル過ぎかな」というときには、元のミラネーゼループのバンドに戻したりしている。今回、新たに入手したのはスペースブラックステンレススチールケース/ブラックスポーツバンドの組み合わせだが、このケースと同時に入手した(PRODUCT)REDの組み合わせが好きで、最近ではこの組み合わせを着ていることが多い。
シャネルiphone6sケース

 あまりにも気に入り過ぎて、本記事中の写真でもこの組み合わせが多くなってしまった(ちなみに赤バンドでは派手すぎて、その日の洋服に合わないという時はミッドナイトブルーのバンドに交換している)。

 実際に使ってみると、余裕で1日半はバッテリーが持つApple Watchだが、半年近く使っていると、ついつい充電をし忘れていたり、充電しているつもりができていなくて、翌日になって慌てることも増えてきた。
シャネルiphone6ケース

 そのため2本目の充電ケーブルを買おうかと思っていたが、これまで販売していた1メートルや2メートルのものは少し長すぎると思って買い控えていたら、今回長さ0.3メートル(30センチ)ものが発売された。これだとカバンの中に常に忍ばせておくにも便利だ。
グッチ iphoneカバー

 Apple Watchを日々、どんなことに使うかと言われれば、時刻の確認と大事な通知の受信が中心で、それほど頻繁に使うわけではない。それほど頻繁でないのは、筆者が1カ月近く努力して、いらない通知を次々とオフにしたおかげで、今では1時間に1〜2通の本当に大事な通知しか受け取らないように通知やメールのVIPリストを調整したからだ。
ヴィトン iphone6ケース

 だからこそ安心して時計を無視して仕事に、遊びに没頭できる。

 この快適さと日々の運動の記録が蓄積されていく楽しさのおかげで、入手以来、家でゴロゴロしている日を除けば、Apple Watchを着けていない日は1日もない。
人気iphone6ケース

●さらに充実した盤面を着替える楽しみ

 このように、日々便利に活用しているApple Watchだが、watchOS 2.0の登場でどう変わるのか。正直、まだOSがリリースされただけの段階では、その本当の魅力は分からない。
iphone6sケース

 なぜならwatchOS 2.0の真価は、他社製のコンプリケーションやネイティブアプリが登場して初めて真価を発揮するものだからだ。

 watchOS 2.0にアップデートして、真っ先に楽しめるのが新しい文字盤だ。
ルイヴィトンiPhone6sケースお馴染みミッキーマウスなどの従来の文字盤に加えて、新たに液晶画面全体を使ったきれいな写真を楽しめる3種類の文字盤が加わった。

 1つはタイムラプスで、香港、ロンドン、カリフォリニア州のマック湖、パリ、ニューヨーク、上海の6つの都市の美しいタイムラプス映像が楽しめる(残念ながら東京はない)。
オークリー サングラス

 凝っているのは日中に見ると昼の風景が映し出されるのに対して、夜はきちんと夜景のタイムラプス映像に切り替わること。次回のバージョンアップまでには、ぜひレインボーブリッジ越しに見る東京タワーや品川の風景などの映像を加えて欲しいところだ。
エルメスiPhone6s plusケース

 あとの2つの文字盤は「写真」と「フォトアルバム」。「写真」は家族の写真などお気に入りの写真1枚を選ぶと毎回それが表示されるというもの。
エルメスiphone6ケースこれに対してフォトアルバムはあらかじめ選んでおいたフォトアルバムに含まれる写真が毎回ランダムで表示される。

 現状は静止画だけだが、今週末にiPhone 6s/6s Plusが発売されれば、おそらくライブフォト(Live Photos)では3秒の動画として表示されるはず。
ヴィトン iphone6sケースwatchOS 1.0で情感に訴えかけてきた花やクラゲのアニメーションと同じエモーショナルな表現を自分で作り出すことができる。

 その日の気分にあわせて頻繁に文字盤を入れ替えるのはこれまで通りだが、最近はその中でも話のタネにもなるお気に入り写真を厳選したフォトアルバムを選ぶことが多くなった。
エルメスiPhone6s plusケース時々、思いがけないタイミングで、腕にとっておきのスペシャルな思い出の写真が浮かび上がると、それだけでステキな気持ちが蘇ってきて、心地よい気分を取り戻せる。

 Apple Watchは、あなたの予定だけでなく気持ちまでコントロールしてくれる時計なのだ。
アイフォン6シャネル

●過去や未来の瞬間を切り出すトラベル

 watchOS 2.0で次に気に入っている機能は、「タイムトラベル」。時計のリュウズ(デジタルクラウン)にこんな使い方があるなんて考えてもみなかった画期的な機能だ。
ルイヴィトンiPhone6ケース

 リュウズを先に進めると、時計の指す時間がどんどん進んでいて、1時間後、2時間後の自分の予定や天気が表示される。

 標準のコンプリケーションでは日付、世界時計(他の都市の時間)、カレンダー、日の出と日の入り、株価、天気、月の位相といった項目が対応している。
ヴィトン iphone6ケース 本物

 時計の針をどんどん進めていくと、それにあわせてコンプリケーションに表示される予定や気温が変わっていくのが面白い。

 「そうか、明日の最初の予定が始まる9時ごろから、もうこんなに暑いのか、それじゃあ軽装で出かけていこう」であるとか、「そうか明日は十三夜なのか、夜、月の写真を撮るためにデジカメを持って出よう」など、ちょっとした気づきがある。
ルイヴィトン6カバー

 株価など過去の情報しか表示できないコンプリケーションもあれば(そもそも未来の株価が分かったら大変なことだが)、逆に未来の情報しか表示できない「天気(予報)」のコンプリケーションなどもあって紛らわしいが、今後、他社製のコンプリケーションが増えてきたら、例えば「この時間までには電気自動車の充電が終わっているから移動を開始しよう」であるとか、「この時間からだと駐車料金が安くなるから、少しだけ寄り道をしてから車を停めよう」であるとか、カレンダーなどを見ても分からない「輪切りにした未来や過去の瞬間」という、Apple Watchを通してのみ得られる新しい視点から何か面白い活用法が生まれてきそうだ。

 それが何なのかまだ漠然としてはいるものの、そもそも操作として楽しいのでついついデジタルクラウンを回してしまう。
エルメスiPhone6s plusケース

●使っていない間の機能も細かく改善
グッチ iphone6sカバー
 こうした機能に加えて、watchOS 2.0には、これまでのApple Watchの利用のされ方を見て、改善されたポイントがいくつもある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tujtdrt
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vnesvn/index1_0.rdf