また、おへその下5cm程度のところにあるふっけつというツ

June 06 [Mon], 2016, 21:42

おなによる臭いに悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。







おならによる臭いの原因は腸の悪玉菌によるものだとされています。







なので、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増加を防ぐ役割をする、乳酸菌を継続して摂取することでおならの臭いを相当、減らせます。







アトピー性皮膚炎の治療に活用される薬は、年々高い効能になっています。







言うまでもないことですが、必ず医師の指導の下で正しく用いるということが大事です。







もし、違う治療や薬剤を試したい時には、お医者さんに話を聞くか、セカンドオピニオンを参考にするといいでしょう。







自分勝手な判断は好ましいことではありません。







乳酸菌を選ぶ方法としては、とりあえずは、気になる乳酸菌を含む商品を試用してみるのがオススメです。







このごろでは、乳製品の味ではない乳酸菌飲料も存在するし、サプリメントも出回っています。







私は腸まで届くような乳酸菌飲料を試したとき、次の日、トイレから出られなくなったので、休日の前になったら試すといいかもしれません。







便秘のツボでよく知られているのは、おへそから両側に指2本分程離れた場所である天枢(てんすう)というツボです。







また、おへその下5cm程度のところにあるふっけつというツボも良いと思います。







手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。







色々なタイプの便秘によっても、効果的なツボは違うので、ピッタリのツボを押すと改善につながるでしょう。







身体に乳酸菌が良いことは有名な事実ですが、一方で効果のない説もあって当然ですよね。







この説も事実かもしれません。







なぜかというと、それぞれ個人差がありますし、乳酸菌はあくまでもただの菌なので、絶対に、効果が期待できる薬ではないからです。







とりあえず、自分に合うかどうか試した後で考えてください。







乳酸菌摂取に効果的な時間ですが、参考になる量と回数は商品の外箱に、書いてあるところがありますから、目安はそれにして下さい。







1日分を一度に全部摂るよりは、決まった回数に分けた方が体内への吸収ということで効果を実感できます。







もし便秘になっても、薬があれば簡単に、解決することができるとは思いますが、薬にばかりに頼ってしまうのはよくないので、やはりまず最初に食生活を見直してみてください。







実際、食物繊維が豊富に含まれた食べ物を摂るのが効果的で、不溶性と水溶性といった2つの食物繊維を一緒に摂るのが大事です。







野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。







以前から腸内環境をきちんと整えると肌の調子がよくなると聞いて、ヨーグルトを一生懸命食べていた私ですが、実を言うと、ヨーグルト同様に味噌や納豆といったものまで乳酸菌を含む「乳」とついていることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂取できないと思い込んでいました。







恥ずかしかったです。







乳酸菌を体内にに入れると色んな効用があります。







例えば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。







その結果として、免疫の力がアップし、多くの健康効果を実感することが出来ます。







例えば、アトピーに対しても改善効果があったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。







乳酸菌はからだの健康をより良い状態にする効果が高いんです。







娘がアトピーだと発覚したのは、2歳になったばかりの頃でした。







膝の裏にかゆみも感じていたようだったのでそう伝えると、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。







2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、気にしながら様子を伺っていましたが、かゆみを繰り返し起こし、まったく良くなってくれませんでした。







そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、子供が小学生になる頃には、アトピーの症状は鎮静化しました。







アトピーは乳酸菌を摂取することで、症状の改善がされる可能性があります。







アレルギーを発生させる原因物質は腸内に進入すると、IgEと呼ばれる抗体が生まれてきます。







そして、発生したこのIgEがたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応となり、アレルギーを発生させることになるのです。







これがアトピーの原因だとされているのですが、乳酸菌には、IgEの発生を抑える働きがあるのです。







便が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口臭が発生します。







いくら食後のたびに歯磨きをして、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、口臭は腸から胃を通過して必要でないものを出そうとし、口が臭い結果となるのです。







この場合、便がでるようになると、口の臭いも同時に改善されると言われています。







乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では一緒ですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢酸などの成分も、作る力があるらしいです。







だから、ノロウィルス対策に有効だということなのですね。







このごろは、様々な感染症の話を聞くので、できるだけ意識しながら摂取するといいかもしれません。







夜中に高熱になって、40℃を超えるほど上がって健康を害したので、翌日病院で診察してもらいました。







結果、インフルエンザの検査が受けられますよと尋ねられました。







もし、インフルエンザに感染していたら、それにあったお薬を選んでもらえるので、チェックしたいと感じました。







子供のインフルエンザを防ぐための注射に出かけました。







注射の瞬間は痛そうで、怖くて見ないのに、娘はまだ6歳だが、注射を見つめて注射をしています。







予防注射の後は怖かったーとつぶやしていました。







必要以上に怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も伝えれませんでした。







インフルエンザの感染が判明すると学校などに5日間出席することができなくなります。







インフルエンザに感染してしまったとしても、発熱の症状は2、3日で治まりますので、いきたくなってしまうかもしれません。







熱が下がったあとでも体の中にはにウィルスが含まれており、他の人にうつしてしまうこともありえます。







なので、出席停止の期間を守ることが感染を防ぐのに必要なことです。







乳酸菌がお腹や体の健康に良いのはみんな知っています。







ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではという疑いを持つひともいます。







でも実際のところ乳酸菌が生きていることが重要ではなく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、ひいては体の健康増進に繋がっていくのです。







インフルエンザにならないようにするために効果的だといわれているものに乳酸菌があります。







約1年前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大きく減ったというプログラムがありました。







うちの娘が受験を控えておりましたので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。







特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが特に効くそうです。







赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、殊の外大変なことにすすんでいきます。







まだ体力が足らない赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、そうなると命を失うことも可能性が有るでしょう。







そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、赤ちゃんを外に出さない方が正解かもしれません。







アトピーだと大変に苦しい症状になります。







季節関係なしに1年中かゆみとの闘いになります。







汗をかく夏場は痒みが増し、冬は冬で乾燥のせいでかゆみが増します。







その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、酷い時には呼吸困難になる恐れもあります。








http://b19.chip.jp/nowy8b3/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vmwmy9l
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vmwmy9l/index1_0.rdf