配偶者の浮気の兆候に気づいた際はその裏付けをとる必

December 27 [Tue], 2016, 20:01

配偶者の浮気の兆候に気づいた際は、その裏付けをとる必要があります。





浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、写真でしょう。



誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。




不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、離婚裁判で採用されるような証拠を得るのは困難でしょうから、興信所を活用することも候補に入れておくといいかもしれません。資格不問で採用して貰えるのが探偵社ですが、不貞行為の調査などで成果をあげるには、慣熟したスキルというものが必要です。スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところでは1日講習を終えただけのバイトさんが調査するなんてこともないわけではなく、注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)が必要です。価格に見合った技能を持った探偵に調べてもらい、的確な資料を集めてもらうことがお金も時間も無駄にしないコツです。



配偶者の不倫を疑い、探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、そんなに珍しいものではありません。




話に出てくる探偵というのは単純で、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。ただ、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、経験が物を言うシゴトです。


先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、プロに任せるのが一番安心です。広告は見るものの、探偵を頼向ことはあまりないですよね。いざ配偶者の浮気を調べてもらうにも、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは普通だと思います。



探偵業務を行なう事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。申請が認可されると認可番号が交付されます。きちんとした業者かどうかは、番号を見れば判断がつきます。つまり、探偵事務所のウェブサイトに許認可番号があるかどうかはチェックするべきです。探偵社や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかをあきらかにしておくことが大事です。


立とえば、パートナーの不倫さえなくなれば良いのか、でなければ証拠を集めて離婚裁判にもち込みたいとかこれくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。その希望次第で微妙に調査内容が異なってくるわけですから、大事なことです。





探偵の浮気調査を例に挙げても時には失敗することもあります。探偵が浮気を初めとした調査の達人だといっても、失敗しない保証が全くないことは全くありません。


パートナーが急に車を使用したり、電車に乗ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。


加えて、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠入手が困難です。



興信所と探偵事務所の違いとしては、これと言って無いと言っても良いでしょう。両方とも、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似したシゴトをしています。





ただ、あえて言うと、興信所は、企業や団体からの依頼向けで、探偵は個人向けのようです。いくら成功報酬制を採用していると言っても、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間しかなかっ立としたら調査を行なう3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査に関しては成功ということになります。




浮気しているのかは分からないまま、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、浮気とは分からないまま、調査期間を終えてしまい、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなると思います。





GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に装着して、行動を常時監視しつづけ、現在地を掌握したり、記録されたデータを後で読み出し行動の様子を分析したりします。車より、公共交通機関などを利用する人には、普段もち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。


こうすることによって、パートナーの行き先やそこで過ごした時間もわかるでしょう。




夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、興信所で調べてもらおうと考えているなら、安さを売りにしている探偵事務所は魅力的に映るかもしれません。


ただ、理由もなく安い場合は安易に契約を結ぶべきではありません。価格なりの低レベルな調査に終わることがあるためね。正式に依頼してしまう前に、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかは、あらかじめ確認しておくべきです。不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、損害賠償金の請求や離婚訴訟などでは苦しいかもしれません。





つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否するケースも充分にありえるからです。





そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。



思いこみで裁判に負けることは本意ではないはず。だからこそ、あらかじめきちんと調査しておくべきです。不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。つまり、社会的な地位や信頼を抹殺することですよね。もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、逆にいうとそれさえあれば、後はとことん相手を追い込んでやることが出来るのですからね。ときには浮気の相手方の職場やPTA、パートナー、義両親にまで通知するケースもあるようです。家族関係の悪化や失職するなど、それなりの報いをうけるわけです。



探偵は依頼するのにお金がいりますから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、いざ、自分がしてみると変に思われず相手を見張りつづけるというのは並大抵のことではないのです。勘付かれれば警戒をされるものなので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。





相手の非を認め指せるには確実な証拠がいるので、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。




一時的な遊興や逃避で始めた交際だっ立としても、妻からすると不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。そんな身勝手な行動を黙認することはありません。



不倫行為の裏付けをとる手段は定番なところではスマホや携帯電話ですよね。ライン、メール、フリーメールなどを駆使して連絡をとっていると考えるのが妥当です。どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、やはり人によって違ってきます。立とえシゴト上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、少しでも体が触れあう(あるいはどちらかが触る)と浮気扱いする人もいますからね。


実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で不貞行為と認識されます。結婚生活に波風を立てないためには、いかにも浮気ととられかねない行動は慎むにこしたことはありません。



http://www.gpcconcept.com
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かよこ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vmshgd825047/index1_0.rdf