将来の夢がはっきりしている人は別ですがそう

February 13 [Sat], 2016, 16:45
将来の夢がはっきりしている人は別ですが、そうではない人は、あまり学部にこだわらないようにしましょう。学部を絞った結果、人気のある学部ばかり受験するよりも、偏差値の低めの学部を受けた方が同じ大学に入るにもラクですよね。そして、ときには低めの偏差値でも良い大学に入ることができる場合もあります。







就職ではたいてい大切なのは学部より大学名ですよ。



英単語を覚えるには、新しい単語にどんどん触れていくよりも、毎日同じ200個を20日間繰り返し覚える方が、長期間覚えていられる力がつきます。







毎日新しい単語を覚えていっても、一つのものを一度見ただけで終わってしまうのですぐに忘れてしまいますよね。

同じ単語を毎日見返せば、何日か後にはしっかり記憶に残ることができますよね。





受験本番を見据えて、長期間覚えている力をつけましょう。センター試験は5教科を2日かけてテストします。







全日程を受けたとすると8科目受けることになります。



国語・外国語のテストのみ200点満点となっており、さらに英語リスニングはもう50点上乗せされます。全教科マークシートによる回答ですので、鉛筆は絶対に持って行きましょうね。また、時間配分は重要なので、時計は自分で必ず持って行くようにしましょう。







答えの欄を一つ飛ばしてしまったなどのミスが毎年必ず発生しますので気を付けましょう。英語が苦手な人にはぜひやってほしい勉強があります。



それは、英語の例文集を暗記するのです。本屋さんに行くと、英語の例文集がいくつも見つかります。最初は300個くらい載っているものを購入して、暗記しましょう。300個で、大学受験の文法がほぼ入っています。







文法の勉強を進める前に暗記してしまえば、後から文法を学ぶ際、理解がしやすくなります。また、英語の感覚にも慣れ、楽しくなってきますよ。



予備校のメリットとは何でしょうか?第一に、受験のプロですから、受験のノウハウが蓄積されているという点です。

次に、チューターと呼ばれる人が常駐しているので、聞きたいことがあればいつでも気軽にすることができるという点です。ただ、当たり前ですが予備校代がかかることになります。

それでも予備校に通いたいのか、メリットデメリットを理解した上で決断しましょう。家はうるさくて勉強できないという人は自習室がおすすめです。





予備校生はもちろん毎日自習室が使えるはずですし、予備校に通っていない人も使える有料自習室というものもあります。料金は月一万円前後かかってしまいますが、席はほぼ必ず座れますし、さらに予備校より静かで勉強する環境が整っています。

家だとなかなか集中できず計画通りに勉強できない人は、ぜひ一度借りてみましょう。

浪人生は、一日何時間くらい勉強すればいいのでしょうか?志望校のレベルにもよりますが、合格のためには最低一日10時間はすべきです。ただ机の前にいるだけで勉強に集中できていないというのでは勉強したとは言えません。集中を一日途切れさせないために、一時間に一回、10分休憩を取りましょう。

また、一つの教科ばかり一気にやらずに、毎日全教科に触れましょう。



短時間でも全教科に触れることが大切です。



大学受験では、第一志望に合格できたのとできないのでは、第一志望に入った人と大学生活が少し違ってくる可能性があります。







例え世間的には優秀な大学だと言われていても、第二志望以下だった場合は、必ずどこかで後悔し、コンプレックスも抱くことになってしまいます。

なかなか前向きでいられないので友達も作りにくく、だんだん休みがちになり、ついには中退してしまうかもしれません。すっきり大学生活を送るためにも、出来る限り第一志望に合格できるようとても大切なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心海
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vltthooeovagpn/index1_0.rdf