IラインやOラインの脱毛

Vラインの脱毛を行うと同時にIラインやOラインの脱毛も行う人が増えています。脱毛サロンやエステティックサロンでもニーズに伴い、セットで行っている場合もあります。しかし、一部サロンではIラインの脱毛は粘膜に近くてデリケートな部分でもあるので行っていない場合もあります。IラインやOラインの脱毛も考えている人は事前にチェックしておく必要があります。また、VラインよりIラインの方が痛みを感じる場合が多くなってしまいます。

Vライン、Iラインの永久脱毛の大きなメリットとして、衛生面での不快感が減少または無くなるといった効果が挙げられます。生理中の蒸れや痒みなどから開放されるといった効果は嬉しいものです。また、下着を選ぶ際にもデザインや形など選べる種類が大幅に広がります。

脱毛に関しての悩みは人それぞれありますが、一人で悩まずインターネットでも多くの情報がありますし、エステティックサロンや医療機関などに気軽に相談してみるのも良いでしょう。

脱毛の施術場所を決める

Vラインの脱毛をエステティックサロンや医療機関などで受けようと考えた時に、どこで受けたらよいのか悩んでしまいませんか。やはり、気になるのが施術してもらう人の技術やアフターケアなどではないでしょうか。特にVラインの場合は、デリケートな部分ですので、出来る限り肌のトラブルやリスクは避けたいものです。しっかりとカウンセリングを受け納得した形で、脱毛の施術を行いましょう。

また気になる実際の効果を知るためにも、脱毛サロンやエステティックサロンでは、体験脱毛などを実施している場合もありますので、体験脱毛を利用してみるといいでしょう。効果や費用を比べながら自分に合った、脱毛サロンやエステティックサロン、医療機関などを見つけてください。

家庭用レーザー脱毛器

Vラインの脱毛を必要な費用や時間で考えたときに、エステティックサロンや医療機関で受けるより、自分で脱毛処理を行おうと考える人が増えるのは、当たり前と言えば当たり前ですよね。最近人気を集めているのが、家庭用のレーザー脱毛器です。家庭用レーザー脱毛器と言っても、価格や効果は様々です。家庭用のレーザー脱毛器は、医療機関で使用されている、レーザー脱毛器より出力が大幅に抑えられています。

家庭用のレーザー脱毛器の中でも人気を集めてるのが、アイエピと呼ばれるレーザー脱毛器です。高い脱毛効果が得られ、口コミで人気が集まっています。レーザー脱毛器は商品によっては、火傷などの心配がありますが、アイエピは安全性を考慮して作られています。家庭用レーザー脱毛器という事で、完全な永久脱毛とまではいきませんが、かなりの脱毛効果が期待できます。

Vラインの脱毛器具

脱毛器具を使ってVラインの脱毛を行うのもひとつの方法です。脱毛器具はドンキホーテなどのディスカウントショップや電化製品を取り扱っている電気屋などに置かれています。

特におすすめなのが、毛を抜くタイプの脱毛器具です。このタイプの場合、毛を毛根から抜くので、カミソリで剃るのに比べ、処理する回数が減ります。また、処理後の仕上がりも綺麗です。しかし、デメリットとして挙げられうのが、抜く際にどうしても痛みがある事です。電動の脱毛器具の場合、痛みを柔らげるよう設計されている脱毛器具もあります。

Vラインの脱毛で他にも、よく利用されている脱毛器具としてシェーバーがあります。シェーバーはカミソリと同様に生えている毛を剃る事で処理します。その為、肌への負担、すぐに生えてきてしまうと言ったデメリットがあります。しかしシェーバーはカミソリで剃るのに比べると手軽に利用できるので人気があります。

脱毛クリーム人気商品

Vラインの脱毛を費用や価格をかけずに自分で行おうと考えている人には、脱毛クリームをおすすめします。脱毛クリームはVラインに使えるものと使えないものがあるので、事前に確認を忘れないようにしましょう。

脱毛クリームで人気がある商品としてエピクリアクリームが挙げられます。エピクリアクリームはVラインにも使用できます。発毛抑制成分がエピクリアクリームに含まれており毛の成長を遅らせる効果が期待できます。エピクリアクリーム以外にもマジーナクリームもVラインに使える脱毛クリームで人気を集めています。マジーナクリームも発毛抑制剤が含まれています。また、クリームだけではなく、Vラインに使用できる、脱毛ジェルなども販売されています。

残念ながら脱毛クリームで永久脱毛する事は難しいですが、効果が上手く表れれば、永久脱毛に近い効果が得られます。

光脱毛が話題

Vラインの永久脱毛を考えたり調べたりした事がある方は聞いた事があるかと思いますが、IPL脱毛やフラッシュ脱毛、プラズマ脱毛は光脱毛の事を言います。

光脱毛とは、白色ランプから放たれる様々な波長をフィルターにとおして、脱毛効果を持っている光だけを毛根に照射する事で、レーザー脱毛と同じく、毛の生える原因である組織を破壊する事で永久脱毛を行います。光脱毛はレーザー脱毛より、デリケートなVラインでも痛みを感じる事が少ないようです。また費用が安いのも大きなメリットのひとつとなっています。

Vラインの永久脱毛を行いたい場合は、美容整形や整形外科などの医療機関、エステティックサロンで施術を受ける事が可能です。しかし、エステティックサロンの場合、医療行為は行えない為に、光脱毛の機会の出力が低くされています。

レーザー脱毛は医療行為

脱毛の種類で、レーザー脱毛があります。レーザー脱毛はVラインの脱毛でもよく利用される脱毛の1つです。レーザー脱毛は医療行為となっており、医師免許を持っている医師でないと使用する事はできません。美容外科や整形外科などの医療機関で施術可能となっています。

主なレーザー脱毛のシステムは、メラニン色素にレーザーが吸収され、熱が発生する事によって、毛が生える原因である組織を破壊します。毛が生える原因そのものを破壊する事によって永久脱毛を可能にしています。

Vラインにレーザー脱毛を行う場合、照射時間は1回約10分程度の短い時間で終わります。ほどんど痛みはないとされていますが、足などと比べるとVラインはデリケートな部分ですので、若干の痛みを感じる人もいるようです。レーザー照射後は、軟膏などを処方してくれますので、それを塗り肌をケアします。

永久脱毛について

特に毛の量が多く、Vラインの脱毛でお悩みの方にオススメしたいのが、美容外科やエステティックサロンの永久脱毛です。永久脱毛の場合、頻繁にカミソリで剃ったり、脱毛クリームを頻繁に使用する事によって引き起こされる、肌が荒れたりなどのデメリットから開放されます。

Vラインの脱毛は以前と比べて価格が安くなっています。ワキの永久脱毛をして、次にVラインの脱毛を行う方が増えているのも、価格が安くなってきた影響もあるでしょう。永久脱毛にも様々な種類があり、価格はエステティックサロンによってや光脱毛やフラッシュ脱毛などの種類によって異なります。

脱毛を行う場合、すべてを1度に脱毛する事は不可能です。今生えているのは毛穴の3割りほどとされていますので、1度の永久脱毛では、残りの毛穴からまた生えてきてしまいます。その為、永久脱毛が完了するまで、4回から5回ほどの施術が必要とされています。一見、手間がかかりますが、頻繁に自分で手入れする事を考えてみるとどうでしょうか。

カミソリor脱毛クリーム

Vラインの脱毛を自分で行う方法として、カミソリを使って剃っている人が最も多いのではないでしょうか。何と言ってもカミソリは手軽に使用でき、お金も他の脱毛方法と比べて格段に安いなどのメリットがあります。しかし、すぐに生えてきてしまったり、カミソリ負けをしてしまうと肌が荒れるなどのデメリットもあります。

カミソリを使用して、Vラインの脱毛処理を行う場合は、肌をもいたわる必要があります。カミソリの刃は定期的に取替え、逆剃りをせずに流れに沿って剃る事や保湿をしっかりとする事が大切です。シェーバーを使用する場合もカミソリと同じ事に気をつける必要があります。

カミソリ同様にVラインの脱毛方法として人気があるのが脱毛クリームです。非常に簡単に使用できる、脱毛クリームですが、使用する際は注意しなければならない事があります。脱毛クリームは成分の中に刺激が強い物が含まれていますのでパッチテストを行うようにしましょう。

毛が生えるヘアサイクル

Vラインの脱毛処理に関して悩んでいる方も多いと思います。Vラインは切り揃えたり、定期的に剃ったりして処理している人や全く処理をしない人、Iラインまで処理する人など、それぞれ人によって、処理方法も処理への時間のかけかたも違います。

毛は体毛と呼ばれ、体のあちらこちらに生えていますが、体毛の成長するサイクルは生えている場所によって異なっています。Vラインの毛の成長するサイクルは、活発に毛母細胞が働き、毛が成長する成長期と呼ばれる期間が1年から2年。成長が止まり、自然と抜け落ちる、休止期と呼ばれる休んでいる期間が1年だと言われてます。成長期と休止期が繰り返され毛が伸びていきます。

成長期と休止期の繰り返しのサイクルをヘアサイクルと言います。エステティックサロンなどでは、このヘアサイクルを計算してくれるところもあります。脱毛処理をする場合、このヘアサイクルを把握して脱毛をしないと効果が低下してしまう恐れがあるのです。