佐瀬の岩村

February 12 [Fri], 2016, 13:31
看護師の勤務先は、確かに病院が多いですが、他にもあります。

それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでも看護師の働けるところは十分にあります。このグループホームにいるのは、認知症患者の方であるため、そのことを心に留めて介護することが重要です。
介護方面に興味のある看護師は職場としてグループホームを選ぶということも前向きに考えていいのではないでしょうか。あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。
それは国公立病院や公立機関で働くという方法です。もともと、看護師という職業が長期にわたって務められる仕事だという理由から注目されていますが、さらに公務員の待遇が付加することで安定性は確実です。


公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、魅力的なメリットです。



正職員やパート、派遣といったように、看護師の働き方も色々ではありますが、結局、大多数の看護師は病院で働いております。けれど、看護師だからといって病院で働く必要はなく、病院の外でも、実は看護師がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。こうした職場で看護師として活躍する人もじわじわ増えています。

看護師はこんな風に働く場所も多いですから、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。


保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。
そしてまた、外来勤務では夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、特に大病院や、人気の診療科などがあると多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。
身につけたいスキルについてもどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。
看護師として働く人が転職しようとする時、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。けれど、一生懸命に看護師資格を得たのですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。
違った職種でも、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は多くあります。

努力して得た資格なのですから、活かさないのはもったいありません。
看護師が行う業務は、非常に大事で、病院や医療施設では必要不可欠ない重要となる業務を担っているのです。


大切な職務であると共に、夜勤といった変則的な勤務形態で短時間しか寝れない看護師がいるのです。
看護師の仕事には自身の健康管理というのも重要な業務の1つになります。


看護師の転職を上手にやってのけるには、これから先のことを考えて早い段階で行動を起こしておくことが大切です。さらに、何が重要かを考えておいた方がいいでしょう。

将来どういうことを望んでいるのか明らかにして、そのイメージに合った転職先の情報を幾らかずつでも集めておいてください。年収、職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も想定しておきましょう。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。



同僚の大多数が女性、ということも多く、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。



とは言え、たとえカップルが成立しても勤務形態が不規則なせいで、駄目になってしまうこともあるようです。



どんな病院で働いていても、看護師というのは、大変なこともいっぱいある仕事ですが、一生働きやすい仕事であるとも思われています。妊娠により、一度休みを取ったとしても、復職しやすい仕事です。高レベルな専門性が子育てが一段落してからの復帰がしやすいことにつながっていると考えられているのです。とはいえ、就職先に困ることがないといわれる反面、離職の割合が高い職種です。
すぐに、退職をする看護師はかなり多いです。

ほとんど女性の現場ですから、職場の人間関係が面倒な場合がほとんどで、辞めても、再就職をすることが難しくないことがあるようです。


別の仕事と比較したら看護師は再就職が容易ですから、希望労働条件と著しく違う場合、すぐに辞めて、よその医療機関に再就職を果たす人も多いのです。

辞めたいと思っている看護師は、現に、ずいぶんな数になるようです。


大きな訳としては、ハードワークで体調が悪くなってしまったり、給与について不満に思っていたり、職場の複雑な人間関係で精神的に悩んでしまったりという事が多くを占めます。

看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働ける職場として実は、保育園があります。職場が保育園となると、子どもの世話が好きな方であれば、ぴったりの職場でしょう。



保育園での具体的な仕事の内容は、病院とは異なり園児の体調管理と共に、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする働きがいのある仕事です。看護師の役割は一般的にはハードな職業だと認識されています。


というのも、近年の病院における雇用体制の悪化が原因で、改善する傾向がみられない人手不足により就業時間が長引いてしまう傾向にあることが原因です。
長い労働時間に加えて、月に何度か組み入れられる夜間の勤務があるため、日常的に、疲労とストレスに悩まされている看護師が大部分でしょう。


知り合いの看護師が人間関係でずっと悩んでいたのですが、結果として先月、退職してしまいました。このご時世、新たに看護師を受け入れるにもあまり看護師のなり手がいないようで、病院側は頭を抱えているということでした。



退職された後に、困ってしまうなら、そのような状況に陥る前に、待遇などに配慮すれば改善するのにと思います。引っ越しのために、看護師が転職が必要になる時には、土地カンのないところでの転職先探しがとても苦労します。職場環境やその土地での評価などを自身で、全部調査するのは困難でしょう。近隣の市町村で探す場合でも、希望に合った転職先を探すとなると、思ったより求人情報が少ないことに、愕然とすることもよくあります。看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて看護師ということになるのです。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、特に恐れるようなものではないようです。さて、看護師を養成するための機関といいますと看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。
看護士と看護師の両方とも、基本的には同じ職業を言い表わします。どの点が違うかというと、男性を今までは看護士、看護婦は女性のことをいうように男女によって分けて呼んでいました。今日では、男性女性とも、看護師と統一して、呼ばれています。看護師の資格試験は、毎年1回為されています。



託児所付き求人を探す看護師不足が懸案となっている現在の日本にとって嬉しいことに、最近の看護師資格試験の合格率は、9割ほどで非常に高いレベルを、確保しています。看護師の資格試験は、合格者数が決まっている試験ではなく、一定の水準に達していれば資格を与えられるシステムです。
看護師の働く場所といえば、病院という印象が思いつくのが大概でしょう。


ですが、看護師という職業を活かせる場は、病院のみならず、他にも沢山あります。保健所で保健師と協力し、地域住民の日々の健康管理などを行うのも看護師が出来ることです。また、福祉施設には医師が日頃から存在することは少ないので、看護師がほとんどの医療行為を行います。普通、看護師の職場と言えば病院ですが、実際は多種多様なものがあり、町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。

病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。

会社員も会社によって給与が違うように、同じことが看護師にも言えます。地域の診療所と総合病院とでは、やはり年収にも差が出てきます。



ですから、一口に看護師といっても、平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒナタ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vjrveeoee1ic1y/index1_0.rdf