シマテンレックの斎(いつき)

June 16 [Fri], 2017, 10:55
よく聞くバストアップに効果的な食材として、知名度の高い大豆製品や鶏肉、キャベツなどがパッと思い浮かびますが、それを信じてひたすら食べたとしても胸が大きくなるわけではないでしょう。

極端な栄養摂取をしてしまうと、むしろ胸を大きくするどころか効果が表れにくくなってしまうので、栄養が偏らないように色々なものを食べるようにしましょう。

それ以外にも、胸へ栄養を運搬してもらうため、血の巡りを良くすることも成長には欠かせません。

近年においては、バストアップを達成できないのは、親からの遺伝というよりも日々の生活が似ているのが原因というのが研究により明らかになってきています。

栄養の偏り、運動の不足、不規則な睡眠などが、胸の成長を止めてしまっていることもあります。

親子、姉妹間のバストサイズの違いは、一般的なことですから、今後の生活習慣によっては、成長する可能性はあります。

胸を大きくするのにもいろいろとありますが、地道に少しずつ続ける方法がお金を節約でき、悪影響が体に出てしまうこともないでしょう。

でも、一刻も早く胸を大きくしたいのならば、いわゆるプチ整形を行うという選択もあるでしょう。

費用は高いですが、100%バストアップにつながるでしょう。

もしくは、バストアップサプリを使うのもよいでしょう。

バストアップする方法として、湯船につかる習慣をつけてみましょう。

お風呂に入って身体を温めることで血液の流れがよくなるため、胸に栄養を届けることができます。

血の巡りがよくなった状態の時にバストアップマッサージも普段よりもさらに効率よくバストアップを狙えます。

お風呂に入る時間なんてない!という時は、シャワーを使ってバストの辺りを優しくマッサージするだけでも違うはずです。

胸のサイズを上げるためには、エステに通うということがあります。

エスティシャンによる施術を受けると美しいバストを手に入れられるでしょう。

一度や、二度で終わらせず、続けて行くことで胸が大きくなり、サイズがアップすることもあります。

ですが、金銭面での悩みもありますし、当然、整形とは違っていて、自分でも常に意識をしておかないと、また、小さな胸に逆戻りです。

バストの小ささにお悩みなら、筋トレも試す価値があります。

筋トレをすればバストを支える筋肉が鍛えられて、胸を大きく見せられるようになる可能性が高まります。

とはいえ筋肉だけつけても今すぐバストアップ!とはなりません。

ですから、並行して違う方法を行うことも大切と言えるでしょう。

疲れを翌日に残さない睡眠や、マッサージをしてみるのも良いでしょう。

バストアップのためには日々の積み重ねが影響します。

胸が小さい人は知らず知らずうちに、バストの成長を妨げてしまうような日々の習慣が体に染み付いているのです。

バストを育てるためには、生活習慣を改める必要があります。

どれだけ胸を大きくしようと試みても、生活の習慣があだとなって効果を示さないこともあります。

バストアップに効くツボというのがありますから、押してみるのもいいでしょう。

名前としてはだん中、天渓、そして乳根といったツボがバストアップに効くツボであると知られています。

これらのツボを刺激することによって、血の循環が良くなったり、女性ホルモンの分泌される量が増加したり、乳腺の発達に対して効果があると考えられているのですが、効くのにある程度時間がかかります。

小さな胸にコンプレックスを抱いていても、遺伝の問題だからどうにもならないと考える女性もたくさんいることでしょう。

意外と知られていないことですが、バストサイズは遺伝よりもいつもの生活の影響が大きいという説もあります。

もしプチ整形をしようとしているならその前に、普段の生活を見直してみませんか?気づかないうちにバストアップを妨げる生活習慣をしていて、胸が小さいのかもしれません。

バストをアップさせるクリームには女性ホルモンを多く出させる成分が含まれていて、バストが豊かに育つことが期待できるでしょう。

バストアップクリームを「塗る」というよりは、肌によく染み込むように丁寧にマッサージをする方がより効果があるでしょう。

しかし、使えばすぐにバストアップするというわけにはいきません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナオキ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる