【 更新情報 】

スポンサードリンク

ビジオ液晶テレビをコストコで購入

ビジオ(vizio)の液晶テレビは日本の北米系の企業であるコストコ8店舗のみで販売されています。購入する場合には、家電量販店に行っても置いていないので、注意が必要です。



コストコは埼玉の入間・神奈川県川崎市、福岡や札幌にも展開する会員制倉庫型店舗です。
アメリカの衣料や食材、ビジオの薄型tvのような家電製品まで多く取り扱っています。
ビジオの液晶テレビはその性能とデザイン性、何よりも低価格ということでコストコでの売り上げも予想以上のようです。

今の所ビジオの液晶テレビはデパートや大型電気店では販売されていませんが将来的には日本全域での進出も考えているようですので期待が高まりますね。

また、もしビジオの液晶テレビをコストコで買う場合、会員に入らなければなりませんが、コストコ独自の保証があり、購入後6ヶ月以内であれば商品引き換えの上代金を全額返金してくれると同時に会費も有効期間中であればいつでも年会費を全額返金するという他店では例をみないサービスがありますので安心です。

ビジオ液晶テレビもコストコでのみの販売もうなずけますね。

高デザインの流行りの液晶テレビが42型で9万円台というから本当にお買い得ですよね。

週末はcostcoに実際に見に行ってみましょう♪

ビジオ液晶テレビの画像

ビジオ(vizio)の液晶テレビは何をおいても価格が安いというところが魅力ですが、液晶テレビの命でもある画像も想像以上に綺麗な画質のようです。

ビジオの液晶テレビは自社工場で生産するのではなく、完全に外注で生産されています。
主に台湾や中国のようなアジア企業に委託し、液晶テレビやプラズマテレビを作っています。

ここにビジオの液晶テレビの価格の秘密があるようです。他の低価格液晶テレビのメーカーと違い「安かろう悪かろう」という商品とは一線を欠き、価格は安いがデザイン・品質・音質・画質のどれをとっても日本のシャープやソニーに負けない機能などで地元北米シェアの10%を誇っています。
それだけのシェアをとれるという事は品質、デザイン、価格の3拍子がそろっており、アメリカの人々にうけいれられた証拠でしょう。

また、ビジオの液晶テレビはサポートも充実していて高い評価につながっているようです。

我が家にも1台液晶テレビがありますが、35型で16万円程しました。その頃はまったくビジオの存在すら知りませんでした。
これからは日本でも、薄型テレビの人気ブランドになるかもしれませんね♪

ビジオの液晶テレビを購入する場合には、今はコストコのみでの販売になっています。

まずは、コストコに行って実際にvizioの液晶tvをみてみると、そのバイデザインの良さがわかるでしょう。

ビジオの液晶テレビ価格

ビジオ(VIZIO)の液晶テレビはまだ日本ではあまりなじみがありませんが、それもそのはずで北米のメーカーです。
販売店はいまのところ、日本ではコストコのみ8店舗のみでの購入になります。

北米ではすでにシャープやソニーを抜いてビジオの液晶テレビは現在売り上げ第2位を誇っている液晶テレビの人気ブランドとなっています。

またビジオの液晶テレビの価格は42型のもので9万円というから驚きです。
日本では考えられない価格ですね。
その上、品質もかなりしっかりしていて有名メーカーのものとさほど変わりありません。

他にもビジオの液晶テレビは価格や品質だけではなくデザインや音質もすぐれています。

日本で42型の液晶テレビは20万円〜30万円前後しますが、それらのものに引けをとらない性能と高級感をかねそなえています。

日本にもコストコ以外の進出予定があるようでビジオの液晶テレビが上陸したら価格だけではなくサービスやアフターケアも充実しているのですごく売れることが予想されます。

ビジオの液晶テレビが、日本の液晶テレビの市場を席巻するのも遠い未来ではないかもしれません。
薄型のtvがどんどんとどのメーカーからも販売されていますので、vizioの登場によって、これからの日本の家電業界も要チェックですね♪
P R
カテゴリアーカイブ
  • seo