N:致し方ない部分も考えちゃうな

November 13 [Tue], 2012, 17:34
とにかく冷静で居られない状況であること、救急要請などの手が足りなくなることもあるんだろうなぁ。
そして、胸骨圧迫処置いわゆる心臓マッサージと呼ばれていたものって、しっかり体重かけて胸腔を凹ませることになるから、肋骨を折ったりしそうだし目の前で泡吹いてるような図を真正面から見るハメになるのは精嵩Iにもキツイよね。
そういえば、おともだちの看護師さんが言ってましたよ、折れた骨なんかあとから直せるけど、目の前で事切れて逝っちゃったらもう戻ってこない。
12本折るのはセーフそれぐらいのつもりで全力で呼び戻す努力をするんだそうです。
あと、成人男性でも適切に連続して続られる時間は体力的にもそんなに長くありません。
そういった意味でも少人数しかいない家庭などでは、救急隊の到着まで適切に続けられないかも。
街なかなら、交代すること高額アルバイトも、経験なくても指導を受ければ出来る人もいる。
※昨今のスタンードは人工呼吸より胸骨圧迫でなんとか血流を確保せよ。
だそうで。
脳の詞を純しでも遅らせるためには、肺に空気入れても直接脳には届かない。
家族前で心停止助からず通行人や友人より心肺蘇生実施率低く。
fromdiaryid2215494悲しい現実かもしれないけど、なんかわかる気がするだけになんとも。
大抵なら、旦那に乗っかったぐらいじゃそうそう簡単に潰れるもんじゃないんで、呼び戻したいなら後悔しないように全力で。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:viylagq87e
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/viylagq87e/index1_0.rdf