おむらいす。 

December 06 [Tue], 2005, 22:35

「オムライスが食べたい。」


さお特製オムライス。を。めしあがれ。














「撮影者。さお。」


カメラが嫌いな。てっちゃん。
















「撮影者。てっちゃん。」


だいすきなおこたで。わたくし。無防備に爆睡です。・・・。


んー。酒に弱くなったなあ・・・・。

なんねんぶりの。 

December 06 [Tue], 2005, 13:19

でーとでしょう。


一口だけ食べた魚の塩焼き。


やっぱり。のこりは食べてもらいました。











寒空の下で食べたソフトクリーム。


おねだりして。買ってもらいました。


甘いものは。残さず食べるのです。











なんねんぶりの。海でしょう。


最後にふたりで海に行ったのは。


たしか。真夏の内灘だった。












あの時は。制服着て。はしゃいでたっけ。


手をつないだのは。なんねんぶりだったんだろう。






わたしの手は。手荒れでどうしょうもないくらいガサガサで。


「でも、冷たさだけは変わらないな。」と笑われた。




そんなてっちゃんの手は。


なにひとつ変わってなくて。




わたしの手をすっぽり包んでくれる。大きくてきゃしゃな。あたたかい手。


わたしのだいすきだった。てっちゃんの手。












手をつなぎながら。キレイな海と。キレイな夕日を見て。


2人して。なかなか。


「帰ろっか。」の。ひとことが言えなかった。




帰りたくなかった。


ずっといっしょにいたかった。




きっと。ふたりとも。おなじきもちだったんだ。

いざ。ふくいけん。 

December 06 [Tue], 2005, 11:10

に。行ってまいります。







「キレイな海が見たい。」



と。いうことで。ね。








いざ。キレイな海を見に。福井県。行ってまいります。













「あ、髪、切ったんか。」



って。頭をなでられて。








その手が。



その声が。



その笑顔が。懐かしくて。







昔を思い出して。うれしくなったのは。内緒にしとこう。

さようなら。 

December 06 [Tue], 2005, 10:58
いろんなことに。さようならするために。


髪を切った。







そして。髪をストレートにした。



もっとまっすぐに生きるために。









さて。これから外泊。お迎えなのです。よ。

うれしいかなしいおしらせ。 

December 04 [Sun], 2005, 22:59

「外泊許可がでたよ。」


うれしいはずのその知らせを伝えてくれたお母さん。


病院の玄関ホールで人目もはばからず。泣いていたお母さん。










「できるうちに1度外泊させてあげましょう。」









うれしいかなしいお知らせは。



お母さんからカレに伝えられた。




さっきまで泣いていたとは思えないほどのやさしい笑顔で。





















「あさってどこに行きたい?」って。あとでメールしてみよう。





その日1日は。お母さんに負けないくらいの笑顔で。


笑って。元気ですごせますように。

かれをとりまくものたち。 

December 02 [Fri], 2005, 18:49

少しでも食欲が出るようにともってきた梅干たち。


おかゆにそえて。ちょっとでも食べるように。ね。














病院の1日はとても長いんです。


@Pod は必需品なのです。よ。















お見舞いの花たち。


水の取り替えはお母さんの役目のようです。
















愛用のジャージ。


昔を思い出す一着です。















必須アイテム。携帯電話。


わたしも。いつでも電話に出れるようにしておかないと。ねぇ。

てんてきちゅう。 

December 01 [Thu], 2005, 18:38

ただいま。点滴中ー。


点滴中は使えない右手のかわりに。


わたしがあなたの手になりましょう。












今日は熱が下がったせいか。顔色がよい。


たくさん笑った顔が見れた。




「ありがとう。」













「てっちゃん痩せたね。」
















「さおもな。」














「ちゃんとごはん残さず食べなよ。」














「さおはそれ以上食えんやろうなぁ。」















あのころに比べると。


ずいぶんお互い痩せたね。













昔は痩せろ痩せろってあんなにうるさかったのになぁ。

 

December 01 [Thu], 2005, 0:15

久しぶりにひっぱりだした教科書。


国家試験前に死ぬほど開いたこの一冊。













学生のころから苦手分野だった。


たくさん書き込んであるにも関わらず。


今になってみても。何ひとつ覚えてなかったりして。




「ちゃんと勉強しろよ。」って。


ただ単にそれだけのことだったら。



一生、興味がわかない分野だったんだろうな。







「ちゃんと勉強しろよ。」って。


ただ単に。それだけのことなら。



どれだけよかったんだろう。













書き込んである ”70%死亡” の文字には。


やっぱり。何ひとつ覚えがない。













インターネットやもっている本をかたっぱしに調べた。


「予後不良。」



高い死亡率とたかが1%の稀な発生率。



どうして100人に1人。選ばれたのがカレなのか。














簡単に死なんて言葉にするのはキライだ。


100人に1人。たった1%に。選ばれたカレならば。






70%の死亡率に抗って。


30%の生きる望みに賭けてみることなんて。



実は簡単なことなんだ。
















きっとそうだ。


ぜったい負けないんだ。












そう信じてるんだ。

さお。 

November 30 [Wed], 2005, 23:55


<モデル> さお。当時20歳。



<撮影理由> 前髪を伸ばしていたときの貴重な1枚。








・すぐに切られた前髪。



・それからずっと短いままの前髪。






・あ、コレ。わたしです。



・この世のなかで。もっとも理解しにくい自分というイキモノ。






・でも。



・みんなに会えたから。今のわたしがいるんです。



・そんな今のわたしは。きらいじゃあないんです。





・まだまだがんばれ。わたし。

てっちゃん。 

November 30 [Wed], 2005, 23:04


<モデル> てっちゃん。25歳。



<出会い> 15歳の春。




<撮影場所> 深夜。自宅にて。















<撮影理由>



・好きだから。好きになったから。




・笑った顔が好きだから。




・その笑顔を失ってほしくなくて。




・笑ってほしくて。






・いっしょに笑いたくて。



・あなたのことが好きだから。








・あなたの存在はとてもデカイ。



・あなたに会えてよかった。





・ずっとそのままのあなたでいてください。
最新コメント
アイコン画像花鳥風月
» おむらいす。 (2008年10月22日)
アイコン画像真那斗
» おむらいす。 (2008年10月18日)
アイコン画像猫男爵
» おむらいす。 (2008年10月14日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» おむらいす。 (2008年10月11日)
アイコン画像りぃこ
» おむらいす。 (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» おむらいす。 (2008年10月02日)
アイコン画像ゆりり
» おむらいす。 (2008年09月23日)
アイコン画像火星の後継者
» おむらいす。 (2008年09月19日)
アイコン画像MASA
» おむらいす。 (2008年09月15日)