【 更新情報 】

スポンサードリンク

ビジオの液晶テレビ42型

ビジオ(visio)の液晶テレビは42型のもので98,000円と、10万円を切る金額で日本でも売られています。なかなかこの品質で9万円台の液晶テレビは国内ではありません。

米国のベンチャー企業のビジオ(VIZIO)はアメリカでも大2位の売り上げを誇る人気テレビメーカーとしてビジオの液晶テレビを2008年9月に日本に上陸させました。

日本ではコストコホールセールジャパンの8ヶ所でのみ販売されているビジオの液晶テレビですが、予想以上の売り上げを上げています。日本のメーカーの42型の液晶テレビは30万円前後のものが多く、まだまだ高額商品ですが、ビジオの液晶テレビは10万円を切りますので驚きです。

でも日本人は古くから『安物買いの銭失い』というように、『安い物=悪い物』というイメージが強いので、日本での販売も危ぶまれていました。
ですが、コストコでのビジオの液晶テレビの売り上げは順調に推移しています。世界的な経済悪化のご時世ですが、安くてもいいものだったら、外国製のものでも買うという風潮がビジオの液晶テレビで実現されようとしています。

これから要チェックの液晶tvメーカーですね。


>>液晶テレビの通販ならコチラ

ビジオの液晶テレビの液晶画面

ビジオ(viso)の液晶テレビの液晶画面は中・小型のものから大画面タイプまで様々な種類の物が揃っています。ビジオの液晶テレビの液晶画面は20型から26型、32・37・42・47型、52V型まで、幅広いラインナップで日本の家庭にもジャストフィットしています。アメリカ生まれのビジオの液晶テレビは本国アメリカでも高い人気を誇り、広い部屋が多いアメリカでは大型の液晶画面のものが売れ筋となっています。

日本では部屋が小さめの所が多いので、向かないといわれてきましたが、何といってもビジオの液晶テレビは価格の安さで2007年、2008年と順調に売り上げを伸ばしています。
今の所日本全国のコストコでしか販売されていませんが、数年後には日本の家電量販店にもビジオの液晶テレビが並ぶ日が来るといわれています。

日本の液晶テレビも出始めの一時期に比べればかなり価格は安くなりましたが、簡単にポンと買えるような金額ではありません。ビジオの液晶テレビの良い所は価格もさておき、その高品質な品物です。アフターケアも充実しているビジオはこれから日本でも大々的にブレークしそうです。

ビジオの液晶テレビの画像

ビジオの液晶テレビの画像は、とても高品質です。ビジオの液晶テレビの液晶画面はVA(垂直配向)、IPS(横電界)のパネルを使用し、アメリカでも価格だけではなく品質でもトップシェアを守っています。

ビジオの液晶テレビの画像もとても綺麗で、実物を見て見れば、なぜアメリカでテレビメーカーとして、短期間での成功を治めたか納得していただけるでしょう。
ビジオの液晶テレビの目標は「安くても高品質の液晶テレビ」を造って、世界でもトップクラスのブランド力の有るメーカーになりたいという思いが強く現れています。
本国アメリカではこの理念をもとにすでに約3万店舗にビジオの液晶テレビが置かれています。日本ではまだまだなじみの無いビジオの液晶テレビですが、この高品質な画像の液晶テレビで消費者に支持されること間違いないでしょう。

安くても良い物を作ることができるということをビジオの液晶テレビが実証してくれます。現在、日本の数社の企業と販売の交渉中のようですのでビジオの液晶テレビをこれから見かけることがあるかもしれません。

ビジオの液晶テレビの販売

ビジオの液晶テレビの販売は日本では今の所、全国のコストコ8店舗に限られています。

コストコはビジオと同じアメリカ系の外資系企業で高品質優良ブランド商品を低価格で販売しています。
この観点はビジオの液晶テレビと通じる所があります。ビジオの液晶テレビも「低価格でも高品質」をモットーにアメリカのシェアNO.2の座を得ています。

コストコは会員制倉庫型店舗で世界中に数百箇所の店舗数を誇っていてビジオの液晶テレビも世界中の多数の店舗で販売しています。
コストコは多くの品揃えはもとより、アフターケアも充実していて、日本のコストコも他県からも買い物に来る人気振りです。

コストコはビジオの液晶テレビのような家電品にも力を入れていて、パソコンやオーブンなどの最新の売れ筋商品を販売しています。
ビジオの液晶テレビはコストコでもよく売れている家電品です。その上もしビジオの液晶テレビや他の商品にご満足いただけない場合は商品と引き換えの上代金も全額返金、年会費も全額返金するという、他店では真似のできないサービスをしています。

ビジオの液晶テレビのデザイン

ビジオの液晶テレビのデザインはとてもシンプルですが、必要な機能は全て内蔵しています。
アジア系の電化製品は「安いけども悪い製品が多い」というイメージが日本人には定着していますが、安くてもビジオの液晶テレビは別です。ビジオの液晶テレビは安くても画質・デザイン、そして一番大事な機能性にも優れ、日本のトップテレビメーカーにも引けをとらない品質です。

自社工場を持たず、韓国や台湾メーカーなどからパネルを調達し、中国で組み立てるという水平分業型のビジネスモデルを確立しているビジオは、アメリカのみならず今後アジア諸国でも売り上げを伸ばしていくと思われます。

今、日本の数社の企業と交渉中のビジオの液晶テレビはシンプルで気品有るデザインですが、高画質で、37型のもので約9万円ほどと、日本のメーカーとは比較できないほどの低価格ながら品質はおとっていません。
また、アメリカ本国のビジオの液晶テレビもアフターケアが充実していますが、日本に本格的に進出した場合この点でも心配することは無くなりそうです。ビジオの液晶テレビのデザイン・機能性をぜひ一度お近くのコストコでご確認下さい!
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
  • seo