Vision Trainers Meeting 

2005年02月19日(土) 18時50分
<Vision Trainers Meeting>
明日はVision Trainerたちのミーティングが行われる。
今回は技術的な話し合いはほとんど無く、経営的な話が中心となる。

一番は、HEADOFFICEのだらしなさを言い訳に来ると言うことが目的のようである。
まぁ、そのような言い訳はさておき、 本来Trainerたちのミーティングでは、疑問
に関する議論や再確認を行う。また、新しい事例や経験した事の無いケースにつ
いて意見を投じ合うことが最大の目的!
最近では、不同視(俗に言うガチャ眼)の視力の向上に関しての議論が多い、
不同視は、良くない方の片眼をトレーニングするのだが、もともと気が付かない
うちに片方が見えにくくなっているので、片目で見る事自体が苦手となっている
のである、なので良くない方の眼だけで見るトレーニングを地道に時間をかけて
行う必要がある。

特にそれぞれの眼の視力差が大きい場合は、両眼視(両目で見る機能)が
うまく出来ていない場合があるので、気をつけてチエックを行う必要がある。

うーん、難しい(−−)

職業と視力2 

2005年02月02日(水) 15時05分
<職業と視力>
前に、自衛隊の高校(青年工科学校)の試験に合格し、その視力テストのためにトレーニングを始めたお子さんの話をしたが、 今週ご両親と一緒に視力テストを無事パスできた事の報告とお礼で来られた。
右0.9 左1.5 と言われたらしいのだが、そんなに良い視力では無い!またそこまで視力アップはちょっと無理があるのだが、裸眼視力と言うのは計る場所や計る人によって差が生じやすい証明だと思う。

これで、またトレーニングによる視力向上が出来ることが証明され、喜ばれたことはこの上無い喜びでもある。またうわさが広まることであろう。

個々人の目の状況とそれにあったトレーニング及び指導を行えば、人間の身体はうまくその状況に反応できる。 この確立が安定して多くの人の目の力を引き出せれば、本物のVISION TRAINERとして胸を晴れる。 その日が来るまで勉強&努力の日々あるのみ!

マスコットの犬! 

2005年01月28日(金) 18時18分
<本日は独り言>
時々、センターへ連れてくる愛犬です。 写真はセンターの真ん中でとてもくつろいでいる
ところ。 時々しか見れないので貴重ですよ!
話は変わって、犬はほとんどが近視のようです。 眼がよさそうで割と見えないのです。
また、近くもあまり見えないのです、なぜなら近くはにおいに頼ってあまり一生懸命見ない習性のため見えないようです。

職業と視力 

2005年01月27日(木) 22時23分
<自衛隊の学校入学のための視力テスト>
今週の火曜日から、卒業をあとちょっとに控えた中学3年生が急遽、トレーニングに通って
き始めました。 この子はちょっと前の自衛隊の高校に合格したらしいのです。
しかし、今週の土曜日に身体検査があるらしく、その中の視力テストがボーダーライン
との不安をかかえ、当センターへ駆け込んで来られました。
当センターでの視力チエックでは、 右0.15 左0.15 両0.3  視力テストをパスするには
片眼各々視力0.3が必要との事でした。
視力の安定した上がり方には、個人差があるのですが、集中して見方を上手にさせる事は
割と可能と判断し引き受けています。
ただし、裸眼視力測定は、測定する環境に大きく左右されることや、測定者の主観もあるので100%はありえないことを理解してもらっています。

実際これまでに、消防士、自衛官などが試験のためにトレーニングに通ってきて、トレーニングにより視力向上をさせて、合格させています。
(強度近視の方は無理ですが・・・中度くらいまでであれば何とかなります)

視力を大切に考えない人が多いなか、視力によって職業の選択をいくつか失ってしまうことも事実です。 出来るだけ視力を大切にする事を考えてもらいたいものです。

不同視 

2005年01月24日(月) 23時00分
本日は、15名の視力向上トレーニングと視力チエックを行った。

その中で、中学生の女の子が今日からトレーニングを本格的に開始することになった

眼の状態としては、「近視性不同視」 右眼0.3 左眼0.8 両1.0 きたない
言葉でいうところのガチャ眼である。
左右の視力に差があることを医学的に「不同視」といいます。この不同視になると悪い
方の眼をあまり使わなくなり良い方の眼ばかりで見ることを自然と行ってしまします。
すると悪い方の眼は更に衰えていくのです。要するに悪い方の眼の視力は一旦落ち
始めるとどんどん落ちていきます。

不同視は片方の目がまだ良いので気が付きにくいです。これをほうっておくと・・・・
・悪いほうの眼が弱視になる可能性がある。
・矯正する場合(眼鏡を作る)に左右に無理な差をつけられず、矯正視力が適正視
 力にならないばあいがる。(両眼0.7でとどめるなど)

トレーニングはただひたすら、悪い方の眼を使わせることを中心として行う。 私生活
でも眼帯を良いほうの眼にして、一日数時間過ごすなどを行うと効果的である。

まずは眼に優しいスキンを選んでスタート! 

2005年01月22日(土) 21時47分
<眼に良いお話>
眼という人間の視覚を担当する機能は大変難しくデリケートな機能です。
医学的にも大変難しい機能のようです。

まず、このブログのスタートにあたって、眼に優しいスキンをえらびました。
どうしてか?をこれから簡単に説明します。

人間の目は光を眼から取り入れ、網膜に当て網膜に当たった光(映像)を視神経を通して脳で解析して見えるという感覚になるのです。
白い紙に黒い文字が書かれている場合、眼は白い部分の光を取り入れて、黒い部分の文字が何であるかを知るのです。したがって黒い紙に白い文字で書かれているほうが、白い部分を取り入れるだけで、文字を知ることができるので眼には優しいのです。 本当に簡単な説明ですが・・・
PCを長い時間使われる方は、「画面のプロパティ」を変更して白黒反転の設定などを行うととても目に優しくなり目への負担が減ります。 一度お試し下さい。
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vision_trainer
読者になる
Yapme!一覧
読者になる