NO であればが、どこに真の知識(市民フォーラム)

May 05 [Tue], 2015, 10:14
NO "であれば"とは、真の知識(市民フォーラム) - オピニオン - 人々は "根拠のない"物語の歴史を持っている、ことを説明するために使用される心配が起こることはできません。しかし、科学的な観点から、それだけではなく、空騒ぎではないですが、また、古代の天文学の日の分野で大きな問題を提示??なぜ落ちませんか?何世紀もの間、「地動説」を「地球の中心」から、その後重力の法則は、知っているようになった」場合を。」このような観点から、どのようにすることができます真の知識、なエルメス 財布 ベアンい「場合」は存在しませんか? 「ただ、自然科学のことを考えて、それが開発の形で仮説である。「それは探検と発見を中断しているため、それ自体では、問題となっている根拠のない愚かな質問は、言いました。最初は「奇妙なアイデア」として知られている生体組織内への非生物の生物学的材料としては、「骨誘導機能」が、エンジニアリング張Xingdongの中国科学院は、18年間の骨の折れる探査が最終的に新しいセラミック模造の骨で、結実に来て、動揺しませんでした移植損傷した部品は、自動成長はとして知られている骨折の治癒を誘導「医療材料の画期的な発見を。」実際には、ほとんどすべて、本物の知識の非存在下での「IF」「変なアイデア。 "しかし、 "奇妙な"エラーを意味するのではなく、多くの場合、「奇妙な」は「見ていない人を見るために。」正確です「急いで人生、感じる機会」は、人々の生活条件の多くが、今日になってきています。生活の忙しい、緊急、高速、躁ペース、hermes 財布「空気中で薄くなった場合に ""とは異なる "ようにします。 「それは大変な作業だが、アイデアの欠如;テストしますが、質問をしない「多くの学生の描写として。研究分野は超えて、プロジェクトのアプリケーションや、プロジェクトの評価は、それが「インスタント成功」のすべてが、より興味があります。今日が「根拠がない」たくない人は、それが即座にトラップされること以外の何ものでもありません。科学研究の分野では、高い成功率の片側追求は共通の問題です。不確実性の多くを持っている "場合"、必然的に、より「画期的な成果」と組み合わせて成功率、より多くの降水量やテストに時間がかかるし、現在の科学技術プロジェクト・サイクルが短い、あなたがプロセスを急いでしたい、 "根拠のない"が唯一の方法を与えることができます弱体化させます効率を優先します。このように、多くの研究結果が実用的誘導体、ますますローエンドの研究やコテージ傾向によって妨げられ、元の革新になります。科学的研究は、研究者だけの時間を記念して、失敗を恐れている場合、障害が自然な合理的なを持って、探索し、作成することです。優先順位は忙しい、気になる、迅速な、せっかちから解放され、ユーティリティの前にトラップされません。もちろん、別の新しい世界を開くために答えを求めるの主観的な行為ではなく、現実から、誘導および抽象的な、大胆なブレークシャックルが知られているに基づいて、提示疑問を検証するために、および多数の詳細な実践」が "。疑似科学と妄想真の科学探査を妨害しないように「IF」寛容とインセンケリー 値段ティブは、この基本的なポイントを把握する必要があります。真の知識が繰り返さ証拠と不可分である "場合"、はるかに「最後に描かれた青写真、「探求の精神があります。それは無意味である」場合は、「自然科学や社会科学または証拠なしで行うことはできません、証拠がない、ない科学、。仮説 "電気エネルギーに磁気エネルギー」、10年は多くの実験を行ったファラデーた後、発見され、背後の電磁誘導の法則を確認したこと。一部の人々は恐怖や時間のかかる確認処理のため、またはDizhibuzhu即時学術の整合性を放棄する誘惑、改ざんや擬似は、これは非常にアカデミックな評判を傷つけるだけでなく、社会は巨大なを植えたためにことを想定していることを証明するデータの修正リスク。このため、より多くの我々は「場合」、大きい必要は不正を罰するために奨励すべきです。 バーキン コピーエルメス ピコタン pmそれがないとき..部屋のみ、したがって、考えなしのメリット、ということがあり、チゼル窓やドア、その部屋 ""興味があります」ハンドルとの関係、動機」のないと」:私たちは言っていませんでした「大胆な仮説、慎重に、「厳格な精神、肥沃な土バーキン40壌で才能苗が正常に本当に科学的な大国??として台頭することができます私たちの国の科学、科学技術の達人に成長させることができます。 「人民日報」(2015年5月4日版04)
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/viselikepathy/index1_0.rdf