白い糸や黒い糸が視界でちらついている場合、飛蚊症の可能性があります

July 20 [Mon], 2015, 11:47
あなたの視界には白い糸や黒い糸のようなものがちらついていませんか。最近、ゴミのようなものがちらついて、視界が悪いという方は、飛蚊症かもしれません。飛蚊症とは、目の前を小さな浮遊物が飛んでいるように見える目の病気です。目をこすっても、消えず、いつまでも視界に入ってきます。これは、主に老化やストレスが原因といわれており、治療法は確立していない病気です。目はいつも紫外線にさらされています。この紫外線をうけることで、瞳には活性酸素が発生し、たんぱく質が酸化して、組織が傷んでいきます。活性酸素が増えないために酵素が働いて、病気を防いでくれますが、年齢とともにこの酵素が減少し、瞳の酸化とともに飛蚊症が発生します。この病気にならないためには、できるだけ老化を進めないために、紫外線から瞳を守ることも効果的です。また、瞳の疲労をためないために、パソコンやテレビを見る時間を減らし、目を休める必要があります。誰にでも起こる可能性のある病なので、事前に予防していきましょう。m字ハゲ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あやvirjpp8y
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/virjpp8y/index1_0.rdf