チーム 

August 01 [Fri], 2008, 1:05
この世の中、一人じゃ何も出来ない!

そんな事、誰でも知ってますよね〜(^^)

どんなに優れた人でも、一人では三人力。
二人だと十人力。

『チーム』の人数が増え、皆の意識が一つに集中すれば、その『チーム』の力は計り知れない。

指数関数の法則とか、
二乗の法則とか、
複利の法則とか、
テコの原理とか、
メトカーフの法則とか、
色々な力が生まれる。

『チーム』の大切さは、家庭内においても言えるし、ビジネスの世界やスポーツの世界でも言える。

ラグビーの『チーム』の中では、
「ONE FOR ALL.ALL FOR ONE(一人はみんなの為に、みんなは一人の為に)」
と言う言葉がある。

まさに、『チーム』にとって、一番大切な事であると思う。

「一人の存在」が、どれだけ『チーム』にとって大切で励みになる存在か…

『チーム』というものは、「個」の集まり。
「個」が集まらなくては、『チーム』ではないのだ!


最強の『チーム』作りをする上で知っていなければいけない事…

1.「個」の意識の集中!
2.100%の力を出す一人よりも、1%の力を出す100人の方が強い!


最強の『チーム』を作ると、何が出来るか?

どんな勝負にも勝てる!
何をやっても勝てる!
常に勝てる!
連戦連勝ですよ!(^^)


勝つゲームをする為に、一緒に最強の『チーム』を作りましょう!

NOW ACTION!!
株式会社VIP 代表取締役 瀧山哲司


---------------------------------
私共は人的ネットワークを大切にします。
株式会社VIP http://www.vip2006.co.jp
http://yaplog.jp/vip2006/

勇敢 

July 31 [Thu], 2008, 1:04
僕が、最も好きな言葉の一つが『勇敢』という言葉だ。

『勇敢』という言葉を聞いて、イメージする人の一人、それはメジャーリーグのイチロー選手だ。


字引によらず、僕は『勇敢』という言葉には、4つの言葉の意味が集約されていると考えます。

1.堂々としている。
2.真剣である。
3.大胆である。
4.謙遜である。

そんな素地を持っていますか?

いくつの方でも、何の仕事をされてようが、今どのような逆境に立たされていようが、『勇敢』であり続ける事って、カッコイイと思います!

カッコイイ、粋な生き方をしたいと思います!

元気元気元気!!
勢い勢い勢い!!
動く動く動く!!
ですよね!(^^)


さぁ、今から歩きだしましょう!
「歩く」は、「止まる」が「少ない」と書くんですよ!


NOW ACTION!!


株式会社VIP 代表取締役 瀧山哲司


---------------------------------
私共は人的ネットワークを大切にします。
株式会社VIP http://www.vip2006.co.jp
http://yaplog.jp/vip2006/

松永安左之門 

July 30 [Wed], 2008, 1:01
「人生の達人・電力の鬼」と称された、『松永安左之門』の有名な言葉がある。

実に深く、重みがあり、物凄く広い世界を感じさせてくれる言葉だ。

是非、襟を正して、じっくり味わって頂きたい。



「人は常に結論が出ない。
これが私の結論。
つまり、人生は行動する以外にない存在であり、終始行動している以上、結論がある訳ではない。」



一度は、「結論というものは出ない」と断言しているにも関わらず、すぐに「これが私の結論」というように、断言している。
そして、「つまり」という言葉で要約し、やはり「結論がある訳ではない」としている。


何ともややこしい気がするが、実に的を獲ている内容に思う。

この言葉の本当の本質が掴めるのは、いつだろう…

それまで「行動」を止めてはならない。


NOW ACTION!!


株式会社VIP 代表取締役 瀧山哲司


---------------------------------
私共は人的ネットワークを大切にします。
株式会社VIP http://www.vip2006.co.jp
http://yaplog.jp/vip2006/

鈴木桂治選手 

July 29 [Tue], 2008, 0:57
2008年8月8日8時8分に開催される北京オリンピック。

我が日本国の御家芸と言われる柔道、全日本キャプテンに選ばれた『鈴木桂治選手』を知っている人は沢山いるだろう。

先日、あるテレビ番組に『鈴木桂治選手』が出演していた時に、彼が言っていた事…


それは…



「やれる?やれない?」じゃなくて、
「やる!」んだ。
ただそれだけ…



『鈴木桂治選手』の気持ちの強さがよく伝わった。


あなたは、自分の「夢」「志」「ビジョン」「目標」を明確に持っているだろうか?

それに対する「心構え」「モチベーション」「在り方」「姿勢」はどのようなものだろうか?


『鈴木桂治選手』のような強さ、たくましさ、真剣さを忘れずにいたいと思う。


さぁ、今こそ!!
「やる!!」


NOW ACTION!!

株式会社VIP 代表取締役 瀧山哲司


---------------------------------
私共は人的ネットワークを大切にします。
株式会社VIP http://www.vip2006.co.jp
http://yaplog.jp/vip2006/

ロバートキヨサキ 

July 26 [Sat], 2008, 1:05
世界には、多くの素晴らしいメンター・教師・コーチ・リーダー・キーマンがいる。

その人達は、書物や映像を通じて、世界中の人々に価値ある教えを説いている。

ナポレオンヒル、D.カーネギー、スティーブンコビィー、アンソニーロビンス、ブライアントレーシー、ロバートキヨサキ…

彼等は確実に歴史に名を刻み、彼等の教えを学ぶ為に数百万円も支払って通うビジネススクールも出来、彼等が自らスピーカーとして話す2時間程のセミナーは、世界中から何百万円も支払って参加しに来る人達で溢れかえる。

彼等が話す事、教えてくれている事は、共通している所もあるが、ある部分においては、皆異なる。

しかし、『ロバートキヨサキ』が話す事、教えてくれている事に関しては、大前提として皆同じ考え方をしているように感じる。

やはり、長い人類の歴史を分析する中で、今、解る事や断言出来る事があるのだろう…


『ロバートキヨサキ』の考え方、それは、「4つのクワドラント」の考え方だ。

世界中、全ての人々の仕事は、たった4種類に分類される!と、『ロバートキヨサキ』は言う。

1.Eクワドラント
Employee雇われ主、サラリーで働く人々全ての事。

2.Sクワドラント
Small business owner個人事業主、医者、弁護士、個人商店を営んでいる人々などの事。

3.Bクワドラント
Business owner所謂、社長、経営者である事が多く、システムを持っている人々の事。

4.Iクワドラント
Investor投資家の事。

この4種類だ。
そして、この中で真の経済的自由を得、自他共に認めるビジネスでの成功者になれるのは、
・Bクワドラント
・Iクワドラント
だけだ!と、『ロバートキヨサキ』は断言する。

EクワドラントとSクワドラントの特徴は…
自分自身の時間を切り売りするビジネススタイルで、バーレーン型の収入を得る人達がいる世界。
つまり、自分自身が一生働き続けなくてはいけなく、大病にでもかかれば、お先真っ暗という事になる。

それに引き換え、BクワドラントとIクワドラントの特徴は…
自分自身が働かなくても収入を上げ続ける事が出来るシステムを持ち、レバレッジ型の収入を得る人達の世界。
つまり、時間の切り売りではなく、お金にお金を生ませるのだ。
そうする事で、例え仕事の現場に身を置かずに、海外で暮らそうが、病に倒れようが、収入は増え続けて行く、という事だ。

どのクワドラントが優れているか?とか、価値が高いか?とか、今自分はどこのクワドラントにいるか?とかという事を分析するのが意図ではない。

それよりも、未来、自分自身の身を置きたいクワドラントはどこか?
という事を考え、方法論を得、行動をし、身を置きたいクワドラントへ移る事が重要なのだ!

EクワドラントとSクワドラントから、Bクワドラントへは直接行ける。
しかし、Iクワドラントへは、必ずBクワドラントを通らなくては行けない。

僕は、未来、BクワドラントとIクワドラントの両方に身を置きたいと考えている人間の一人だ。

そして、今はSクワドラントにいながら、Bクワドラントに手を掛けている所だ。

そのように考え、共に動いている仲間が何人もいる。


あなたは、未来、どのクワドラントにいたいですか?


その為に、まずする事はたった2つ。


1.行きたいクワドラントを決める事!
2.一歩踏み出す事!


Burn the bridge behind you!
“後ろの橋を燃やしちゃえ!"


Bクワドラント、Iクワドラントに行きたい人、集まれ〜!!

株式会社VIP 代表取締役 瀧山哲司


---------------------------------
私共は人的ネットワークを大切にします。
株式会社VIP http://www.vip2006.co.jp
http://yaplog.jp/vip2006/

視野を広げる 

July 15 [Tue], 2008, 22:13
「今の自分自身は、過去の自分の集大成である!」
という事はよく聞く言葉です。

価値観も人脈も思考も物質的な事も、「今」自分にあるもの全ては、「過去」の自分自身が作り上げた・引き寄せたものだという事です。


人が手に入れるものの大きさは、その人の期待の大きさに比例するようだ。


では、今後、未来にかけて「自分が得たい事柄」はどうすれば得れるのか?

・家族が全員健康で笑いに満たされていたい!
・プライベートを充実したい!
・最低毎月100万円の収入が欲しい!
・自由な時間をもっと増やしたい!
・小さくても何かボランティアがしたい!
・豊かな人格形成をしたい!
・全ての人間関係をより良くしたい!
・全ての悩みから解放されたい!
などなど…


まずは、心と精神でそれ等をイメージして、感じなくてはいけないと考えます。
精神に成功・得たい事柄をプログラミングする事が重要なのです。

何故なら、良い事は、自然に起こるものではありません。
それを受け入れるだけの空間を思考の中に作り、期待しながら過ごす事が大切なのです。


多くの人達は、自分が幸せになれない・うまくいかない理由を延々と挙げながら、ネガティブに時を過ごします。
あるいは、いつか訪れるはずの幸せを漫然と待ち続けています。
・いつか事態は好転する。
・いつか仕事が落ち着いて時間が作れる。
・いつか金持ちになって、経済的苦悩から解放される。
・いつかキチンと健康管理をする。など…

あいにく、その「いつか」がやって来る事は決してありません。
我々には「今日」しかないのです!


漫然と日々をやり過ごしている精神状態を叩き直して、足を引っ張るマイナス思考を捨て去り、『視野を広げる』必要があります。

自分で出来ない・不可能と思い込んでしまえば、絶対に出来ないのです。

望んだ事柄の実現を信じず、新しい基準を設定しようとしなければ、あなたは永遠に負けたままです。

「壁」はあなたの心の中にあるのです。

自分の発展を信じるべきです。
そうする事で何か失うものがありますか?

ただし、同じ場所をぐるぐる回っているだけでは、その時は訪れません。
『視野を広げる』のです!


ミスUSAに輝いた女性に、インタビュアーが聞きました。

「多くの人々の前を歩くのは緊張しませんでしたか?」

女性は答えました。

「私は何千回と歩きましたから緊張しませんでしたよ」

その女性は、多くの人々が見ている前で、自分が舞台の上を歩く姿、そしてミスUSAに輝く姿を、何千回もイメージしていたのです!

そしてそれを現実のものとした。


まだ何も失敗していない、開かれた明日があります。
期待を持って、『視野を広げる』チャレンジをしましょう!

NOW ACTION!!


株式会社VIP 代表取締役 瀧山哲司


---------------------------------
私共は人的ネットワークを大切にします。
株式会社VIP http://www.vip2006.co.jp
http://yaplog.jp/vip2006/

ワンチャンス 

July 14 [Mon], 2008, 22:11
皆さんは、「ポールポッツ」という人をご存知でしょうか?


今、世界中を感動の渦で巻き、最も注目されているオペラ歌手。


デビュー作で世界300万枚以上売られているオペラ歌手。


一夜にして真のスターとなったオペラ歌手。


夢を諦めずに『ワンチャンス』を掴み取ったオペラ歌手。


神に微笑まれたオペラ歌手。



彼の生涯は、誰が見ても冴えないというか、平凡というか、今の彼が置かれている現実とは、程遠いものだった。


学生の頃からオペラ歌手を目指し、歌の勉強をし、幾多のオーディションを受けては落ちる日々…

結婚をしてからも、働きながら、趣味でオペラを続けるものの、逆に家計を圧迫する事に…

奥さんのジュリーは、心からポールの歌う姿が好きだった為、共働きでポールのオペラを応援した。

そんな矢先に事故に合い、ポールは職を失う…

奥さんが家計を支える中、ポールは復帰し、携帯電話セールスの仕事に就く事になる。

「もう、オペラ歌手の夢は諦めよう…」

そう決めた頃、イギリスで超有名な素人オーディション番組「Britains Got Talent」の出場者募集の広告を見つける。

「最後のチャンスで応募しなよ!」
という、奥さんのススメから応募する事になる。


そして…


ポールは『ワンチャンス』を掴んだ!!


「トゥーランドット〜誰も寝てはならぬ〜」
を歌い終える頃には、そこにいた何百人もの観衆は、全員スタンディングオベーションでポールを讃え、辛口審査員も舌を巻いた。
(※YouTubeからご覧下さい)


『ワンチャンス』


一度掴めば、人生が変わる程の『ワンチャンス』。
あなたも『ワンチャンス』掴みませんか?
人生一度、本気で挑戦しませんか?


「+α」のプロジェクトには、方法論があります。

さぁ、『ワンチャンス』掴みたい人、この指止〜まれ!


株式会社VIP 代表取締役 瀧山哲司


---------------------------------
私共は人的ネットワークを大切にします。
株式会社VIP http://www.vip2006.co.jp
http://yaplog.jp/vip2006/

6 

July 13 [Sun], 2008, 22:06
今の世の中、世界中どんな人とでも知り合う事が出来る時代。


エメリヤエンコヒョードルであろうが、クラプトンであろうが、シューマッハであろうが…


自分から何人の知り合いを辿れば、誰でも知り合いたい人に出会えるか?


その答えが、今日のテーマの『6』な訳です。


これは、統計学の話です。
誰でも自分の友人は平均50人らしく、50の5乗は3億1250万。
50の6乗は156億2500万。
という計算から、『6人』辿れば、世界人口を遥かに越して行くという事のようです。


日本でも過去に、ある二つの大学でこの研究をした事があるようです。

北海道の人と沖縄の人。
何人で繋がるか?


やはり答えは『6人』だったようです。


しかし、最近新たなデータを出した企業がありました。


その名は「mixi」。

mixiによると、『6人』ではなく、『5.4人』で行ける!らしい…


微妙な差だが、要は、5〜6人で誰とでも知り合える世の中だという事。


さぁ、皆さん!
ガンガン人脈の輪を広げ、メディア構築をし、何か世界の為に役立つ事をしましょう!

きっと、その先に見える景色があるはずだから…


株式会社VIP 代表取締役 瀧山哲司


---------------------------------
私共は人的ネットワークを大切にします。
株式会社VIP http://www.vip2006.co.jp
http://yaplog.jp/vip2006/

融資から投資へ 

July 08 [Tue], 2008, 0:20
日本のみならず、世界中を騒がせている「原油高」の問題。

何から何まで物価が上がっています。

大手企業を含め、日本全体で7割の企業は2008年6月、売上3割減のようだ。(半年後に公に発表されます)

売れない、買わない、出掛けない…
渋滞緩和された都市がいくつもあるようだ。


今後、企業は益々『融資から投資へ』と移行する動きだ。

従来、日本の企業は銀行などから『融資』をして貰い、経営をするという考え方が一般的であった。
『融資』後は、金利分も含めて返済しながら利益を生ませ、利益が上がれば社員に還元する形。

しかし、今後は少し様子が変わって来るようだ。


『投資』の時代になる…

『投資』とは、基本的に、投資会社や個人投資家と言われる者達が、企業や個人に『投資』する。
『投資』を受けた側は、利益が上がらない場合は、一切の返済をしなくて良い。
しかし、利益が上がった場合、その還元は『投資家』にする。


この『融資』と『投資』の違いが意味する所がお分かりでしょうか?


そうです。
企業で働く人達の給料は、今後益々上がりづらくなるという事。


5年後には、考えられない不況に突入するであろうと経済学者は言う。


そんな未来を切り拓いて行くのは自分次第!

時代をよく読み、
・勝てるビジネスモデルを作るか?
・勝てるビジネスモデルに乗るか?

どちらにしても、『投資』が必要になります。
自分の時間・労力・経済の『投資』。


いかに最小の『投資』で最大の「利益」を生むような、レバレッジを利かせたビジネスをするか?

リアルに考えなければいけない「自己管理」の時代になって来ました。

やるか?やられるか?全ては自分です!
さぁ、動きましょう!
TAKE ACTION!!
成功の反対は、失敗ではなく、何もしない事です!

株式会社VIP 代表取締役 瀧山哲司


---------------------------------
私共は人的ネットワークを大切にします。
株式会社VIP http://www.vip2006.co.jp
http://yaplog.jp/vip2006/

プロ意識 

July 07 [Mon], 2008, 2:04
7月2日水曜日、六本木「STAR」という物まねショーのお店に、仕事でお世話になっている人の誕生日会に出席する為に行って来ました!


おもしろすぎでした!(^^)
テレビで度々見る物まねタレントが、次から次へと登場し、物まねショーを繰り広げていました。


総勢13名!
レベル高すぎ!


しかし、何よりも『プロ意識』の高さに圧倒されました。


「物まね」って、ある種「笑いの基本」であると思います。
誰もが小学生の頃、学校の先生の物まねをする人、見た経験ありますよね?(^^)
クラスに一人はいましたよね?
その「物まね」で笑った経験ありますよね?(^0^)/

そして、「物まね」する人って、年齢がいくつになっても人々から愛され、人気者であるような気がします。


「STAR」のタレントさん達は、「笑いの基本」である物まねを、「エンターテイメント」として追求していました。
そこに『プロ意識』を垣間見る事が出来ました。


ただ単に物まねをするのではなく、ただ単に似ているのではなく、自己満足だけではなく、見る者全てを「喜ばせる為!」「楽しませる為!」「エンターテイメントの為!」という、明確な「目的」だけの為に日頃から鍛練しているであろう『プロ意識』がひしひしと伝わってきました。


どのような職業であろうが、全ての人々が持たなければいけない『プロ意識』を改めて感じました。


志を持ち、目的を明確にし、達成するまで絶対に諦めずに実動する『プロ意識』を持つ事をオススメします!

株式会社VIP 代表取締役 瀧山哲司


---------------------------------
私共は人的ネットワークを大切にします。
株式会社VIP http://www.vip2006.co.jp
http://yaplog.jp/vip2006/