Make Shop 

2006年05月12日(金) 0時09分
登録はこちら  ← このリンクに行くと初期費用が少なく、 便利で高機能なネットショップを作成できます★ お試し期間が2週間ほどあります★ぜひ見てみて下さい。

弓選び (続き) 

2006年04月02日(日) 23時33分
楽器、弓を選ぶ時にどんな事をしているのか??というと
予算をもとに楽器や弓を全部並べてもらい、店員さんにひととおり
軽く説明を受けて、それから消去法で選んでいきます。
見た目と音をチェックして一度選考から外した楽器や弓は
再び選考しない事にしています。

予算をはるかに越えた楽器や弓を選考の際に店員さんが
持ってくる場合がありますが、予定よりもはるかに高い買い物に
発展する可能性がとても高く、これもあまり意味がないので
最初に他の場所に移動させています。

予算内の楽器や弓であれば骨董的価値を求めてではなく
演奏に使う道具として選ぶのであまり値札、名前を見ないで選考しています。

弓の場合は
@基本の音
弾きやすい大きさのロングトーン、大きい音、とても小さな音を
弾いて雑音が出ないかどうか、途中で弓がぶれたりしないかを聴く
重心が弾きやすいところにあるかどうかを同時に調べます。

少し離れたところから誰かに聴いてもらってコメントしてもらうといいです。

Aいろんな音
スピッカートとかいろんな弓の飛ばし系の曲の一部を弾く
弾きにくかったら、重さを確認、Vnの場合は60グラムを中心にして
プラスマイナス3グラムをオーバーしていたらその場でアウト!
ちなみに自分の弓はぴったり60グラムです。
あ、重い?軽い?という時は必ず計測して下さい。

B見た目
形状も見ます、弓全体が太すぎたり、弓先が太かったり、
弓元が太かったり、そういう物も弾きにくいです。
全体的に細くてシャープな形状がいいです。丁寧に作って
あるかも見ます。いい弓は彫刻芸術のようにも見えます。

弓選びについて つけたしです☆ 

2006年04月02日(日) 0時11分
弓全体のねじれを見ます、右手の親指と人差し指でフロッシュを(毛箱)
持って眼に近づけて片目で見ます。左右が対象で弓全体のカーブが
美しいかどうかを見て下さい。
 弓は毎日練習中、視界に入り続けます、美しい弓を選びなさい と
フランスの弓の専門家が雑誌の取材に答えていたのを見た事があります。
 色も大切で、あまり赤いもの、黄土色のもの、色の薄いものなどは経験的に
いい弓が少なくて安いものが多いです。これらを避けて落ち着いた茶色の
弓などを選ぶといいと思います。
 いい楽器、弓は説得力がある音が出たり、弾きやすかったり
弾いててどんどん楽しくなってもっといろいろ弾いてみたくなります。
もっといろいろ聴いてみたくなる音で演奏したいものです。


ヴァイオリンブログの開始です。楽器選びについて。 

2006年03月20日(月) 0時13分
バイオリンに関する話題をブログに書くことにします 

楽器と弓選びについていきました、いろんな楽器と弓で
演奏してみると、まるで人間が一人ずつ全く違うように
楽器も弓も個々に個性的で、雰囲気もまるで違う事が
よくわかりました。

楽器と弓を選ぶときは相性や値段の組み合わせのしやすさから
楽器を選んで、それから弓、ケース、という順番で選ぶのが
よくあるおすすすめのパターンです。
(次回に続きます) 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:violin_j
読者になる
Yapme!一覧
読者になる