SET「ニライカナイ錬金王伝説」@東京芸術劇場 

2005年11月01日(火) 23時15分
SETを観に行ってきました。
本公演はなるべく足を運ぼうと頑張っているのですが、近年はめっきり厳しくなり今回は3年ぶりに観に行くのではないかしらん。

ざ〜っと書くとネタバレしてしまうので、
あっさりと。

や は り 面 白 い で す 。

ストーリーが読めてしまうけど、誰もが面白いと思うツボに持っていってくれる笑いはこの不景気にはありがたいような・・・.
SETは今年で26年目に入ったそうな。
すごいね、継続するっていうのは。
私が初めてSETを観劇したのは考えてみたら16年前。
そんなに経っているのね。時間の経過も すげー。

さすがに経済的に厳しいので今回はマチネ観劇。
昼下がりのオバチャン率 高し!収録もあり。
今回は沖縄が舞台。琉球文化をうまく取り込んで笑いありコントあり島唄あり三線あり、音楽監修がBEGIN。気合い入れたな、座長!
最後のシーンが鳥肌モン。
かしゆりと琉球祭り太鼓のシーンにゆっくり紗幕が降りてくる。
次第に沖縄の海が映し出される。
踊りと海のコラボよ。んで、すげーゆっくり暗転するとともに緞帳ダウン。
すごいキレイ。この演出カッコイイ!
↑ネタバレすぎ?

「ダブリンの鐘付きカビ人間」@ル テアトル銀座 

2005年10月31日(月) 23時44分
「ダブリンの鐘付きカビ人間」@ル テアトル銀座
↑久しぶりに観劇してきた。

以前 たまたま付けたテレビで上演していたのを観て、ひどく感銘を受けたので 再演をするという情報を耳にした時、すぐさま先行予約をしてしまった作品。

いい芝居ですた。
ラーメンズの片桐とか中越典子だとか 土屋アンナとかキャスト面でいささか心配ではあったけど 作品としてはしっかりまとまっていたと思う。
やはり再演となると どうしても比較論から入ってしまう。前回が良かったとか今回のほうが良かったとか 前回の印象が強いだけに観客が求めるものは再演するごとに大きくなっていくんだろうね。
前回のほうが良かった、と思っても全く同じものは作れない。分かっているけど 前回の理想を求める自分がいたりするものだ。
そこが再演の醍醐味なのかもな。
興味があってパンフも購入。やはり再演に対する思いは作品に関わっている誰もが意識して取り組んでいる様子が 切実と感じられる。
前回公演は3年前。前回と同じキャストも何人か混じっていたが この3年のブランクで皆それぞれの成長ぶりが今現在に通じる新鮮さとなって表われていた。
「再演」ってのはある意味「彩演」やな。

もう一度 観に行きたい、と思う観客も多かったようで 私の席周辺の観客はほとんど1人で観にきている人ばかりだった。(って自分もその1人だけど)
時が変われば趣向も変わる。時代のカラーが芝居に出る。
でも始めからテンポ良く笑いの渦があってラストには感動の涙を誘う後藤ひろひとの作風とG2演出が見事に重なっているのは 変わっていなかった。キャストが入れ替わっても。
おかげで観客の集中力がすごかったもん。休憩なしの2時間 あっという間だった。

たまたま今日 神父役のトロイさんが34歳の誕生日だったということで 2回目のカーテンコールの時にケーキのサプライズが。34本のロウソクの明かりって700席ほどある劇場の中でも明るかった。

それにしても、
今年の秋は「再演」について深く考えさせられることが多いなぁ。

初☆新感線 

2005年06月22日(水) 21時09分
やっと初めて新感線の芝居を観ました。
観たいと思い続けて早10年。
遅。っとなにげに自分自身にツッコミ。
しかも録画だぜ。。。。。

先日の深夜BS放送で 劇団☆新感線の「野獣郎見参」(2001年/青山劇場)を録画。ビンボーな自分にとっては涙が出そうな放映である。
ホンマに新感線をまともに観るのは初めて。
古田新太さんや堤真一さんは他の演出作品では観たことあったけど 新感線の作品を通しては全くのドシロウト。
相方が最近 「good luck!」のドラマに凝っていて(何故なら 北陸では深夜に再放送をしていたので)どうしても堤さんの他の出演作品を観てみたかったそうな。
どうも新感線はコアでマニアなイメージが強かったけど、全然そんなんじゃなかった。
むしろ新感覚。つかこうへい路線を歩んで来たベーシックな部分といのうえさんの演出の斬新さが面白さを出してるんやろな。
一瞬 学生の時にみた野田MAPの「キル」を思い出した。あの初演の衝動は感覚に何故か似ている。新感線出身の役者さんが揃っていたからかな??なんでやろ?
相方にとっても衝撃だったようで「good luck」の役柄とは100%違った堤さんを観られて良かっただろう。どちらかというと芝居の堤さんのほうが私は好みだったりする。

たまに芝居録画放送をしてくれるTV局に感謝☆出来るならもっと放映して〜☆

自家製 梅酒の経過報告☆其の一 

2005年06月09日(木) 17時41分
また今年も漬けました、梅酒。
こんな うめ〜もん、毎年作り続けたい。←ちょいとオヤジギャク入ってるで!
去年作った梅酒は南高梅だったが、今年は白加賀という梅を使ってみる。
一年後には 立派な加賀梅酒が出来ているに違いない。

■梅酒の作り方■
梅(お好みの品種で)1kgを水洗いして水気を拭きながら 梅の茎が生えるとこの黒ずみ(っていうのか?)を楊枝などで取り除いて、漬け瓶に入れる。

次に氷砂糖1kgを瓶に入れる。

最後にホワイトリカー(普通の焼酎でもいいらしい)1.8リットルを入れる。瓶のフタを締めておしまい。以上!
これだけよ、おくさん。


これだけであとは時間が必要となるわけや。私みたいな不器用なヤツでも 作れる。
3ヶ月くらいから飲めるというが、去年 早く飲んでみたらまだ全然香りがひきたっていなかったので また放置プレーを続行。今はとてもまろやかでうまい梅酒となった。

明日は梅酒の日。
みなさんもいかがでしょうか。

のれんパッチワーク。 

2005年01月13日(木) 0時25分





なんとなく作ってしまったシロモノ。
手縫いだからこそ あたたかみのある作品になったように思う。

作り方はこちら

アバウトなケーキ。 

2004年12月15日(水) 18時26分
相方の誕生日なのでケーキを作ってみた。
結構簡単に作れるこのケーキ。

■用意するもの■
市販スポンジケーキ
生クリーム1パック
苺1パック
食べたいサイズのボール

■かなりアバウトな作り方■
1.スポンジケーキを縦に短冊切りにする。生クリームも作っておく。
2.短冊切りしたスポンジをポールに敷き詰めていく。
3.途中 生クリームと苺を入れる。お好みでドーゾ。
4.さらにスポンジを敷き詰めていきボールギリギリまで入れる。
5.ボールを引っくり返し、ボールをはずす。(プッチンプリンみたいな感覚で)
6.スポンジがドーム状になっているわけですが、そこに生クリームでトッピング。
苺も自分のセンスでトッピング。

トッピングは苺でも みかんでも なんでもイケるお手軽なケーキっしょ。
夏まで勤めていたケーキ屋さんで学んだなんともアバウトなケーキです。

プルンバーゴ(イソマツ科) 

2004年09月22日(水) 18時12分
とりあえず咲きました!(笑)
半耐寒性の常緑低木です。
半耐寒とはいえ 相当寒さには強いらしく結構道端の軒先などで目にする花木です。枯れる前に咲き花を刈ると次々に花が開花します。見た目 雑草っぽいけどホントに強い。私も見習わないと。(苦笑)
半つる性な性格も持ち合わせているので囲いを作ってみました。
うまくいくと絡まって大きくなっていくとか・・・。
繁殖は挿木。まだ挿木できるほど大きくないので頑張って育てていきます。
花は可愛くみえますが ひとつひとつ取ってみるとこれがまたしっかりしているんですよ。
よく知らないうちに服や散歩の犬の足に種が付いているって覚えありませんか?あんなかんじにこの花も粘着性を持っています。繁殖は挿木なのに子孫を残そうとするしたたかさがあります。
今年は台風が何度も上陸しましたが、雨にも負けず風にも負けずと云ったところです。
まだ小さいですが強い奴。
花は夏から秋にかけて咲き続けるそうです。この青色のほかには白の花を咲かせる品種もあります。
きっとあなたのご近所でも強くしたたかに咲いていると思いますよ。

パンダさん。 

2004年06月15日(火) 18時40分

上野動物園のお土産屋さんの前で。

パンダさんがいっぱい

花は彩り。 

2004年05月29日(土) 18時45分
披露宴にお呼ばれされました。


メインキャンドルの装花です。
初夏にはいいお花ですな。

最近はカラーやユリも多くなったね。比較的持ちの良いガーベラとか。
一時期 かすみ草も流行ったけど知らない間に廃れちゃったね。
見ためはいいかもしれないけど、照明が当たっていなかったら宴会場ではただの雑草になってしまうのかもしれへんな。
おそるべし、照明効果。

チューリップ(ユリ科) 

2004年04月04日(日) 18時08分
今年は咲きました!うちは日当たりが良すぎるので4月に入ったらすぐ開花しました。見ての通り「赤・白・黄色」のチューリップの童謡の花の色。

チューリップの開花させるコツは「冬場にしっかりと水を与える」かな。秋に球根を植えますが浅く植えます。少し肥料を与えるといいらしいのですが、うちは何もしないでここまで咲きました。

冬に水をたくさん与えるのは芽が出ていなくとも根が成長しているから。超寒い日も構わず水をあげましょう。去年はそれを怠ったため 咲かずに腐ってしまいました。

また花が終わってからも作業があるんですよ。

肥料を与えるのです。えっ花が終わったのに?と思うかもしれませんが、来年また開花できるように球根の手入れをしなくてはなりません。肥料は球根を太らせる為花は枯れる前に摘んでしまい、ゆっくり枯れさせて6月には球根を掘り出します。そして秋まで日陰に保存。しっかり乾燥させるといいようです。

結構 手間がかかりますが、これだけ鮮やかに咲いてくれると嬉しいものです。
P R
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:violetmoon
読者になる
Yapme!一覧
読者になる