倉本光平 │「ケムトレイルとHAARPと地震雲」:最近の猛烈なケムトレイルの証拠!

July 27 [Wed], 2011, 17:40
みなさん、こんにちは。

311の前後はあまりケムトレイル散布機の姿が見えなかった。それが、放射能も少し減り、米国政府が東京への帰還を呼びかけるようになると、再び日本上空をケムトレイル機が無数に飛び回るようになった。

「ケムトレイル・気象操作掲示板」で多くの人々が、ここ最近の猛烈なケムトレイルを観察していたようである。

それを証拠づけるものが、これ。

AERONET_Osaka Subset - Terra 1km True Color image for 2011/107 (04/17/11)


(これには関東沖に地震雲風の波雲が立っている。)

AERONET_Osaka Subset - Aqua 1km True Color image for 2011/107 (04/17/11)


(これ全部が飛行機雲、すなわちケムトレイルですナ。)

これらを見ても、日本全国に描かれたケムトレイルの飛行機雲(化学物質満載)が一目瞭然であろう。

一方、今日のものは、これ。

AERONET_Osaka Subset - Terra 1km True Color image for 2011/108 (04/18/11)


(これには、新潟沖に結構怪しい地震雲風のものが出ている。)

AERONET_Osaka Subset - Aqua 1km True Color image for 2011/108 (04/18/11)



まあ、何も無いことを祈っているが、ケムトレイル散布の一番の目的は、HAARPの電磁波照射を高めるためだというものがあり、HAARPとケムトレイルは表裏一体のものなのである。ケムトレイルにHAARPあり、HAARPにケムトレイルありというものなのですナ。
倉本光平