vioラインの自己処理の正しいやり方!かぶれたりかゆくなる前に!

August 23 [Tue], 2016, 13:31
10代のころはプールの授業が憂鬱でたまりませんでした。自分の体毛(特にvioライン)の毛が濃いことがわかってからというもの、水着を着るのが嫌でたまりませんでした。

知識もないのでカミソリで剃ってばかりいましたが当然、技術だってないので、肌を傷つけることが良くありました。



何もしないと太い毛がボーボーになってしまうので、可愛くて小さめのパンツなんて全く履く気になれなかったんですが、今はムダ毛のわずらわしさをまるで感じなくなりました。

アンダーヘアのケアにほとんど手間をかけていないのに、ムダ毛がパンツからはみ出るようなことはありません。間違っても、水着からムダ毛が浮き上がって見えるようなこともありません。



カミソリで剃らなくなったので、気になっていた肌の黒ずみも収まってきて、肌にみずみずしがよみがえり、むしろ水着姿を見せたくなったんですが、私がどうやってムダ毛を減らしたのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。


痛みをこらえる必要は一切ないし、肌がかぶれたりかゆくなるなど、肌に負担をかける心配はありません。むしろやればやるほど肌の状態が良くなっていくしお金もほとんどかからないので、ぜひ試してみてくださいね。



vioラインのムダ毛処理はクリーム?シェーバー?カミソリ?

August 23 [Tue], 2016, 13:24
■カミソリは避けたい

彼氏が急にお泊りに来たときや、旅行先でムダ毛処理するのを忘れたときなど、カミソリで剃ってしまうのが一番手っ取り早いですよね。

ただ長い目で見たらカミソリはやっぱり最後の手段として考えるべきです。手軽だし費用もほとんどかからない反面、肌への負担がやはり大きいからです。



カミソリで毛を剃るときにはどうしても皮膚まで削ってしまいます。vioラインのは特に肌が薄いうえに敏感ですから、炎症して腫れることがあります。

肌トラブルが起きなくても埋没毛になって黒いぼつぼつが浮き出ることだってあります。このぽつぽつは肌が白ければ白いほど余計に目立ってしまいます。




■抑毛クリームがおすすめ

vioラインはデリケートなので刺激の強い家庭用脱毛器や、薬品を使う除毛クリームなんかも使えません。そこでおすすめなのが抑毛クリーム(ローション)です。

抑毛ローションはイソフラボンなど(主に大豆などに含まれる天然成分)の力でムダ毛を減らしてくれます。毛根にはたらきかけて活動を鈍らせるんです。



ドラッグストア店頭に並ぶことはなかなか少ないものの、意外とたくさん種類があります。もっとも一般的なのはパイナップルの効果もプラスしたパイナップル豆乳ローションです。

イソフラボンの効果に加えて、さらにパイナップルのタンパク質分解酵素の力を使って、ムダ毛そのものに影響を与えていき、より細く短く、抜けやすくしてくれるんです。



■抑毛ローションと言えばこれ

抑毛ローションの代表選手がパイナップル豆乳ローションなんですが、やっぱりいろんな種類があって迷ってしまいます。ただ2つの条件を満たしているか?で見ていくと、使えるものは1つに絞ることができるんです。

条件の1つ目は浸透力です。ムダ毛を抑えるのに効果的な成分が含まれていたとしても、それが肌にしっかりしみこむことが出来なければ、意味がないですからね。



2つ目は個人差の軽減です。抑毛ローションは個人差が激しいという欠点があるんです。主にイソフラボンと体質の相性が良いか悪いか?で効き目がまるで違ってしまうんです。

そこでイソフラボンを最低2種類以上配合していて、効果のばらつきを抑えているものを使うべきなんです。



この2つの条件を満たしているのが、実は鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションだけなんです。

私もここの抑毛ローションを使い始めてから1ヶ月で、vioラインのムダ毛の量がかなり減り、ムダ毛も細くなっているのが良くわかりました。



その後も使い続けていたら、vラインには適度なアンダーヘアを残したうえで、iラインとoラインのムダ毛はかすかな産毛がチラチラ見える程度になりました。手で触った時に、わずかに触れる程度までムダ毛が落ち着いたんです。

おかげさまで今は、ムダ毛のケアを毎日しなくて済むようになりました。



私の心も体もムダ毛から解放してくれたパイナップル豆乳ローションがこれです。今なら返金保証付きで試せるので、効果を確かめてみるには良い機会ですよ。
↓↓↓




vioラインのムダ毛処理はパイナップル豆乳ローションで決まり!

August 23 [Tue], 2016, 13:20
パイナップル豆乳ローションは天然成分の力でムダ毛を抑えていくので、肌に負担をかけることがありません。だからこそvioラインにも使うことができます。
鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションなら、さらに美容成分も配合されているので、ムダ毛を減らしつつスキンケアまでできてしまうんです。

美容成分もしっかり浸透させることができるので、肌のターンオーバーを促して、黒ずんでいた肌色に血色を取り戻すことができます。
角質が厚くなっていたゴワゴワの肌もだんだん柔らかくなるので、手触りがもちもちになるだけじゃなくてつるつるに仕上がってきますよ。