厚生省の専門家苏旭「我が国の内の公衆は防護措置を講じる必要もむら網

May 05 [Sat], 2012, 15:20
东日本大地震報道集

新華社ネット北京3月27日報道(記者周婷玉我々黒龍江)の一部地域のため、ごく微量でヨウ素131かと公衆の健康問題をめぐり、厚生省の核事故医学応急センター主任、中国を患い诉える中心の辐射の防護と核の安全医学所長苏旭は27日、現在の含有量は危害を加えないため、健康、公衆必要も防護措置を取っている。

中国の疾走コントロールセンターが提供した「放射性核素ヨウ素131健康に関する知識が答弁」でヨウ素131人工の放射性核素、正常な状況ではないとみて、自然界には、日本が核流出事故から解放されたような核素放射性核素に多く含まれている。現在、黒竜江北東部の空気中にヨウ素131が検出され、日本が核に流出した提示放射性物質の拡散に随行した韓国内に到着して大気が、濃度が極めて低調、我々健康には問題にならない被害が心配される。

国ごとに核事故応急調停委員会の3月26日に発表された情報を見てみると、韓国の黒龍江省東北部の空気に見つかったヨウ素131、、現地の公衆による外れる8530天然本底辐射外れるの10万分の1。

今回、黒竜江の一部地域について観測されたヨウ素131するのではないかと汚染食品や水、人体の健康を苏旭毀損と指摘しているが、現在の検査結果を見れば、観測されたは極微量の放射能汚染できないとの立場を核素食品や饮みもないうえ、一つ一つが、我々の公衆の健康に影响を及ぼしている。

苏旭て指摘したように、中国の関系部门は日本の核漏洩の影响をリアルタイムでモニタリングをし、ただちにに関する情報が注目されている国が適時に、関係省庁が発表された権威情報を手に入れた。
スーパーコピーブランド

一方、记者から衛生省によると、日本が核流出事故が以来、保健省はずっと事態を見守っているし、既にを適時に配置した北京で、东北、沿岸など14の直轄市で食品や飲用水放射性観測作業を行っている。



http://yaplog.jp/copyshop-iv/archive/20
http://yaplog.jp/copyshop-iv/archive/21
http://yaplog.jp/jpbrandkopi/archive/21
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vintherwa/index1_0.rdf