不定期更新日々記録帳「ヒトリゴチタ」2.5式.......

▼ステータス▲
名称:耶塚イズル
種族:関西人
素体:1978年式超痩身型
属性:LIGHT-CHAOS
趣向:音楽猫酒眼鏡骸骨
▼ヨウツベ▲
音量にバラツキ有り、注意セヨ
Yapme!一覧
読者になる
シビト / 2007年02月21日(水)
最近このブログの存在意義を考えています。
ほんといらねーよなここ。

実際問題、現在の俺を取り巻く状況はとてもシリアスで
本当に思うことを書きたいとも思うのだが、
彼女も見ているここでは何も書けないのが現状だ。

しかし、一番見て欲しいのも彼女だというのが、これまたメンドクサい話でねー。



ヨウツベ追加
 
 続きを読む…  
Posted at 23:08 / 戯れ言 / この記事のURL
コメント(8)
あけてます? / 2007年01月27日(土)
今晩和。ブログネグレクト半年間のサナギイズルです。
DDO書くとか言っときながら・・・。
まぁ、そのDDOももう2ヶ月は放置してるわけですが・・・。
半年チケット買ってるのに勿体なーい!
俺みたいな気が向いた時にしかやらない、低依存型プレイヤーは1dayチケットが正解のようで。
と、いうわけで憎いあんちくしょうに削除されまくったヨウツベ補充。



 
 続きを読む…  
Posted at 22:21 / 音楽話 / この記事のURL
コメント(5)
フランクリン / 2006年08月12日(土)

izuruでーす。ちわー。
youtube補充にあがりましたー。


 
 続きを読む…  
Posted at 18:30 / 音楽話 / この記事のURL
コメント(0)
ヘチマ / 2006年08月09日(水)
〜あらすじ〜
ねむい
〜〜〜〜〜〜


そしてGRAPEVINE。
”Reverb”ヒリヒリしすぎ!
”KINGDOM COME”アッチいきすぎ!
”その未来”アガりすぎ!
”Everyman,everywhere”沁み込みすぎぃ!!
一時期、煮え切らないLIVEを見せられ続けたが、愈々完全復活だろうか?
フェスの度にトラブルに見舞われ、足元イヂクりっぱなしになる西川アニキも今年はノってたし。
具体的に何が一番良かったかってーとキーボードの音量がやっと抑え目になった。
CDではいい感じなのにLIVEだとボーカル以上に前に出るキーボードが。
特にアンチハレルヤでのキーボードなんて酷過ぎたもんなって遂に書いちゃった
と。これはPAが下手って事なのか?
何にせよこの調子でいって欲しいもんです。


そしてRIJF06総括はぁ!
『いよいよ頑張りどころがおかしくなってきた主催者について行けないから今年限りかなぁ』
でした。
来年はサマソニか?エゾか?フジか?アラバキか?


おわり
 
   
Posted at 04:17 / 音楽話 / この記事のURL
コメント(1)
フェスティパル / 2006年08月09日(水)
〜あらすじ〜
ROCK IN JAPAN FES.06に訪れた俺はお馴染みの面々と奇妙な再会を果たす。そして今、大魔境で憧れの君、しずかに出会ったがその双眸は不気味な光を湛えていた・・・。踊り狂う2人の後ろに怪しい影が揺らめく。揺らぎ、輪郭をぼやけさせる。僕はズレつつある眼鏡を掛け直し、一瞬見えた目にショックガンを撃ち込んだ!空間が爆ぜると同時にスライド映写機のように一瞬で不可思議な機械がその全貌を現した。その不可思議な機械(何か難しい漢字が彫ってある。東洋製のようだ)に無数の小魚が出入りをし、僕は魚がこの機械を操作している事を直感的に感じたんだ。そして音に弱い事も!僕は必死で、持てる限り全てのテクを駆使して鋭角のギターを掻き鳴らす!!バウワンコ公が何かしきりに鳴いているがお構いなしだぜ!!遂に奴らは奇声を発して逃げてゆき東洋製機械は低い唸りをあげて沈黙した。僕はいつもの勝利のポーズ(額の前で拳をクロスさせる)を決めて振り向くとドラミは地に伏し、しずかちゃんは大人の女の色気漂わせまくりのドレスを着てお花の中央に居た。僕を待って居た。僕は浮き足立って駆け寄り僕らは抱きしめあってひとつの世界に入り込む・・・。その時後ろから微かにドラえもんの声が聞こえた「まったくまいってしまうよなぁ」
〜〜〜〜〜〜


暫し昼寝。のちトリのバインで前に出るための布石を含めCHARA座り見。
しかし昼寝が不十分だったか半端に寝たのがいけなかったか、強烈な睡魔に襲われ殆どを居眠りする。
睡魔と睡魔の間の僅かな合間に聴こえてきた曲から、かなり神懸ったセットリストだったと思うんだが、睡魔にはまるで勝てる気のしない俺。
勿体無い事をした。


適当に付け足したあらすじで2000文字越えさす俺はほんまもんの阿呆・・・つづく
 
   
Posted at 03:28 / 音楽話 / この記事のURL
コメント(1)
ヘスティバル / 2006年08月09日(水)

〜あらすじ〜
結局今年もROCK IN JAPAN FES.06に行った俺はスネオに去年の夏に貸したモノを返して貰うが隣にいたジャイアンに「のび太のモノは俺のモノ。俺は恐くないだろ〜?優しいよなぁ〜?」とすごまれる。一目散に逃げ出した僕はジャイアンに負けないくらい強くなるためにドラえもんと大魔境に修行に出る事に決めた。しかし魔境に着いた僕の前に立ちはだかったのは直視出来ないくらい肌もあらわな衣装で本意気のレゲトンダンスを踊るしずかちゃんと爽やかな笑顔で延々と80年代アイドルのステップを踏むドラミちゃんだった!!
〜〜〜〜〜〜


アヒト・イナザワ率いるVOLA&THE ORIENTAL MACHINE
初音源からかなりドップリだがLIVEは初見になる。
どんな勢いかと思いきやアヒトのMCにナンバガ時代の柔和な雰囲気は無く、かなりささくれてる。
音は大きなアレンジこそ無かったがCD音源迫力5割増ぐらいで非常に踊れた。
ナンバガから受け継いだ鋭角のギターの鳴き声を繰り返すドラマーとアヒトの奇声シャウト。
変人臭漂う超格好良いバンド!大好物!!

VOLA終わりでダッシュで隣のステージへ。
POLYSICSへ駆け込み乗車です。
まぁいつも通りと云えばいつも通り。
多分一番多くLIVE観てるとこだしなー。
ただ、ひとつ言わせてもらえば、
「URGE ON!!演るの早えーよ!!駆け込みダッシュ中にURGE ONポーズしそうになったぢゃん!!!」※額の前で拳をクロスさせる

休憩&タイラーメン&アルコール補給
のちohana。
郁子さんは激好きだがハナレグミが苦手でもう一人を全く知らない俺はohanaには興味は無い。
が、かなり引き込まれた。
郁子さんのみ目当てでゆっくり座って観るつもりだったが、結局最後まで立ち見してしまった。
メルヘンながら五月蝿過ぎないカキワリのセットと豪華で重厚なバックバンド、
3人のお芝居でもやるような衣装とシンプルながら華のあるダンス。
完成されたひとつの世界が在った。
これはLIVEと云うより・・・ENTERTAINMENTだな。
ていうか郁子さん素敵過ぎ。
背中の大きく開いたドレスで、clammbonではあまり見せない大人の女の色気漂わせまくり。
具体的に云うとプロポーション良すぎ!
それで演ってる事はかわいいんだからまったくまいってしまうよなぁ。


・・・つづく
 
   
Posted at 03:04 / 音楽話 / この記事のURL
コメント(0)
フェスチバル / 2006年08月08日(火)
あーコバチワ。izuruです。
特に前フリも無かったですが今年も例によって、ROCK IN JAPAN FES.06行ってきました。
3日目のみの参戦。
観てきたアクトはスネオヘアー、VOLA&THE ORIENTAL MACHINE、POLYSICS、ohana、CHARA、GRAPEVINE
他にもBaseBallBearやチャットモンチーや吉井和哉も観たかったがタイムテーブルが被ったため断念。

朝一スネオ。
昨年土壇場病欠をやらかし見事にタイムテーブルに穴を開けたスネオ・ヘアー氏。
「夏の借りは夏に返す!!」のシャウトが非常に格好良ろしかったです。

相方が懇意にしてるとこの屋台で角の生えたホットドッグを食す。
なかなかに旨い。300円なら日常生活でも所望するだろう。
しかし、購入時に売り子のにーちゃんに何故か「僕ら恐くないですからね」と意味不明な事を言われた。
うるせぇなんのことだ?俺が恐がってるように見えたって事か?おまえ誰だ。消え失せろ。
と、やや気分を害す。
こういうフレンドリー接客を履き違えて見下し接客になってる奴って結構いるよね。
おまえ何言ってんの?って真顔で問い詰めたくなる。
そういう輩が俺は嫌いである。

Minato屋で昼飯を食し、DJブースで暫し時間を潰すがその時、
最前で踊ってた娘がめちゃめちゃ本意気のレゲトンダンサーで、ビキニ姿で腰ブルブル振ったり手ブン回したり、もうリズムに乗るを通り越して振り付けしちゃってるわけ。
結構サマになってはいるんだけど、もう辛くて直視してられないくらい浮いてんの。
これがステージ上ならかなり違和感無いのにね。
そう考えるとバブル期ダンスフロアのお立ち台ってのは、ちゃんと心理的効果を考えられて作られたもんなんだなーと感心した。
そしてその隣の○ビ○ブ○の娘は爽やかな笑顔で延々と80年代アイドルのステップを踏んでいた。
ちょwwwおまwwwwww最前列魔境wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


・・・つづく
 
   
Posted at 22:11 / 音楽話 / この記事のURL
コメント(0)
アッシマー / 2006年07月29日(土)
おはこんばんちわ。
暫く見ない間にヨウツベがいくつか消えてたので追加しておきます。

YMO - 1000 Knives (Live)
千のナイフは好きな曲。YMOは偉大。今更だが。

bloc party
ちょwwwオマエラ早すぎwwwwwwwwwwwwww

The delays - Lost in a melody
ディレイズのCD買うのはタワレコ視聴機の前で結構迷って悩んだ記憶があるが、
何気に最近買ったやつのなかで一番当たりだったかも。
高音域がウリのヴォーカリストのはずだが、俺は中音域での掠れたヴォーカルがすごい好き。
この曲はyou see coloursには入ってないんだがちょっとかっこよすぎじゃないですか。
今調べたら以前のミニアルバムに入っているそうだ。買うことが決まった。今。

DDO
今やってるネットゲーム「Dungeons & Dragons Online - Stormreach」のCM
プレイヤーが敵や罠に掛かってひたすら死んでいくこのCMで面白そうと感じたならきっと楽しめます。
JUNKMETALもそうだったけど死ぬことを楽しめないゲームは面白くないよな。
始めてからずっと死んだ時の理由や状況をメモしてるってプレイヤーが居たが、本サービスでは俺も真似してみようと思ってる。
 
   
Posted at 12:06 / 音楽話 / この記事のURL
コメント(0)
アルケニー / 2006年05月27日(土)
ゴキブリよりも蜘蛛が嫌いなizuruです。
今晩和。
まぁ云うてもてのひらぐらいの大きさの蜘蛛の話ですがね。
てのひらくらいのゴキブリはいませんからね。(日本には・・・)
とい、うわけで蜘蛛さんのお話です。

なんでかprinceさんの曲が消されて、
思わずともyoutubeが1席空いてしまったので1曲追加しました。
槇原敬之 氏の名曲「Hungry spider」です。
と、いってもこの曲も一般的にはそんな売れてなかったと思うが。
こんな名曲が売れないもんだからニッポンのミュージックシーンは・・・
とか云ってマッキーがお薬やっちゃう訳ですよ。
とか云ってまぁマッキーどうでもいいんですけどね。他の曲も全く興味無いし。
(しかし実際マッキーのお薬事件はこの曲リリース後まもなくだった)
逆にマッキーに興味の無い俺のような奴の心を掴めたという事は、
この曲はヒットメーカー槇原敬之の購買層から大きく外れていた証明でもあるかも知れませんがね。

童話というか寓話っていうんだっけ?こういうの。
しっかりしたストーリーを語る歌にもかかわらず、重くなりすぎずにポップであり非常に聴きやすい
童話に出てくるの虫達の楽団がやっているかのような曲はとても良い雰囲気を醸し出しており、あぁ秀逸だなぁとしか言い様がない。
そしてこの曲はなんといってもPVが最高であり、寧ろCDよりPVが本物と言ってもいいほどPVが秀逸な出来で御座います。
蜘蛛の語り部蝶の女の子虫達の楽団赤い部屋
CDには赤い部屋の部分は無いですからね。

赤い部屋が何なのか、観れば解りますよね?
 
   
Posted at 02:39 / 音楽話 / この記事のURL
コメント(0)
ようつべ4 / 2006年05月20日(土)
Quruli - World's End Supernova
くるりの中から産まれた突然変異体のような名曲。
なんじゃこれ。
特にライブでの浸透力は最高を誇る。
ライブでこれやられるとちょっと頭がおかしくなります。

Beastie Boys - Ch-Check It Out - Live MTV Awards 04
ラップは最も年寄りに理解されないジャンルとして有名ですが、
これを聴くとラップは若者だけの物じゃないと云うのが良くわかる。
中年ラッパー ビースティボーイズ、ここにあり。

El Presidente "Without You"
こんなかでは一番新しいとこですね、エル・プレジデンテ。
SSTVのヘビーローテーションだったんですが、
なんだかんだでかなり洗脳されたな。
結局ALは買わなかったが、今でも時々欲しくなる・・・。てのは買えってことだな。
女ドラムのドーンさんのツーンとした感じがかわゆい。黄色いワンピも。

yuki - joy
izuruの去年イチオシPVだったJOYですが、やっぱなんか賞取ってたな。
俺より遥かに年上のくせになんなんだその色気と可愛さわ!!!!!
配下のショ○カー隊員共もサイコー。
大幹部YUKIさんにだったら仕えてもいいかと思う今日此の頃です。

YUKI - Melancholinista(メランコリニスタ)
このPVについてはカワイイというよりも・・・エロい・・・・・・。
いや、正直ちょっと引くぐらい。
舐めたり挟んだりでれでれしてしまうが、そこまでしないでくれってのが正直なKIMOCHI。
まぁPVの作りからして、魔女YUKIに魅了された各国の男どもは辛抱タマラン!って爆発してしまうっていうテーマなんだろうが・・・。
OTOKO-GOCOROは複雑です・・・。


ていうか実際、25曲なんて速攻埋まっちまうな。
今後も曲の入れ替えはしていくにしてもどれを消すか迷いそう〜。
 
   
Posted at 20:42 / 音楽話 / この記事のURL
コメント(0)
P R
2007年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
▲カカレタ▼
アイコン画像褌一丁
シビト (2008年10月21日)
アイコン画像よしと
シビト (2008年09月30日)
アイコン画像名医
シビト (2008年09月27日)
アイコン画像まあむ
シビト (2008年09月25日)
アイコン画像さら
シビト (2008年09月20日)
アイコン画像ユイ
シビト (2008年09月14日)
アイコン画像鶴たん
シビト (2008年09月07日)
アイコン画像じゃり
シビト (2008年09月02日)
アイコン画像やまこ
あけてます? (2007年04月19日)
アイコン画像izuru
あけてます? (2007年03月23日)
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!