February 06 [Mon], 2006, 17:48
ベットに横になりながら、
私の性器を触ったあとで、
彼は濡れたじぶんの指を舐める。

伏し目がちにゆっくりと一本ずつ、舐める。

その行為が、なにか、意味のあることにも思えて、じっと見てしまう。

「やめてよ」
とその手を阻みながらも、
実際に触れられているときよりもなぜか興奮して、
またしずかに濡れるのをかんじる。

一句 

September 19 [Mon], 2005, 9:58
くちびるの  向かいに放つ花火かな

一句 

September 19 [Mon], 2005, 9:53
火葬場の青年の手に銀河系

一句 

September 19 [Mon], 2005, 9:49
闇にマリーゴールド時を放棄する

一句 

September 19 [Mon], 2005, 1:26
春の月  くちひげは もう 至近距離

 

August 12 [Fri], 2005, 7:48
前向きに生きるための手段は

けっこうジャンクだ。


起き上がるために必要なのは

精神よりも、直接からだに響くくすり。

*at night* 

August 11 [Thu], 2005, 23:44
今日からここに、俳句を
俳句を書いていくつもり。

時々、いいことがあったら、それもかくよ
思ったことがあったら、それもかくよ
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vin32
読者になる
Yapme!一覧
読者になる