Current Status

August 17 [Thu], 2017, 4:21
2年に1回の更新か!?ってくらいの消えてなくなる寸前更新。

いやー
色々あったな。いや、むしろあんまり色々なかったとも言える。

2015年は休んでいた夏。それが最終更新か。
まさかこんな傷が付いた私に、オファーが来るとは思わなかったけど。

でも無事復活し、今は実はアメリカに戻ってきている。

学生としてではなく、仕事として。

うーん、20歳のときに思い描いていた人生か?と言われれば
全くそうではない。

むしろそこで止まったまま、自分の無力さ、情けなさを実感するばかり。

でも、ゆっくりだけど進んではいる気がする。


2012年から5年。

何を得たか?

大学を無事ストレートで卒業し、一応優良企業と呼ばれる会社に就職。
人は何のために生き、何のために仕事をするのか。

それをずっと問い続けてきた。

会社に入って得たものは、
4年間の企業での就労経験、駐在歴、車の運転技術・・・かな?

働いてみて思ったのは、
何年も先輩の大の大人もみんなあくせくがむしゃらに働いて、正しいと
思っていないことも上のご機嫌うかがいして、しんどくなって、
でも言われたとおりやり続けるという茶番。
見てて虚しい。
あんな大人になりたくない、とみんな思っていたはずなのに。

仕事する目的を考えることは何年も前にやめてしまったような顔をして。

就職してからキラキラした目をして働いている人を見たことが無い。
アメリカに研修で来て、初めてわくわくして仕事している人たちを見た。

みんな仕事を選んで入ってきてる。

合わなければやめていくけど、それも1つのキャリアプラン。
やりたいことがあって入ってくるからその分やる気も高い。

でも日本はさ、言われるがままに部署が選ばれて、言われるがままに
指示を受けて、それをイエスマンとして遂行できる人が重宝される。

そんなんで大丈夫なの?
ねぇ、みんなやりたいことあるんでしょう?
その道でがんばってきた専門的なみんななら、本当は何が必要か
わかってる。

そんな、息苦しくて生きづらい、この環境をなんとかしたい。

私は性善説を信じてる。
みんな良い会社にしたいと思ってる。自分の出世とかエゴとかを
優先するような人は淘汰されるような組織を作りたい。

良い人材は国内外の人国籍に関わらず、使うべき。
今、がけっぷちの日本が必要としてるのは
フレキシビリティと寛容さ、貪欲さとそんでもって各個人の
QOLに対するRespect。
心が健やかなら、仕事にも精が出る。

うん、まとまってないけど

今の気持ち。

getting my s**t together

August 22 [Sat], 2015, 2:19
初めて人生の一時停止を感じてる。

開けてなかったこのブログも、だから突然訪れてみた。
突然読みたくなったの。

留学含め、なんか大学生の私には夢と希望があったなー。笑


仕事初めて3年目の夏。
私は今立ち止まってしまってる。


何か成し遂げたいのに、人生を意味あるものにしたいのに、

苦しい。答えが出ない。
いや、出そうともしてないのかな

意味のないストレスにさらされ、壊され、そして時が止まった。

あんなやつに振り回されてたまるか、って思う一方、簡単に
逃げるわけにもいかず、、だんだん自分の甘えにも感じる。

誰かの下につくって大変だなーサラリーマン向いてないなー
とは思いつつ、これを理由に文句を言うばかりで何もしていない。

基本的な私の性格の問題として、快楽主義というか、
必要最低限な努力主義というか。

死ぬほど、血を吐くほどの努力って今までしたことがあっただろうか。

生ぬるい努力ばかり。それで叶わないなら諦める、
自分を律する力が足りない。
勉強に集中したいとは思うのに、手に届く娯楽に走ってばかり。

それでもそこそこな人生送ってきてしまってるんだよね
だからいけないんだと思う

ひとりじゃなにもできない

想像を絶するような環境に育った人たちにこんな私では太刀打ちが
できない。できるわけない。

なのに今、それでも私には本気で私のポテンシャルを信じてくれている人たちがいる。

その人たちにちゃんと証明できるだろうか

むしろ、自分にちゃんと証明できるだろうか

What do you want to pursue in your life?
How do you want to live your life?

I really have to get my s**t together for real.

これは夜中の静かなる宣言。

I'm all ears

July 28 [Sun], 2013, 3:13
I'm all ears.
I'm listening.

この言葉はすごく安心する。
なんだかどしん、と構えてもらってる気がする。

人がじっくり話を聞いてくれる、というのはすごく恵まれたことなんだなあって
最近思う。
だって聞いてくれる人はその話をする人に興味があるってことだから。

大人になればなるほど、昔は得意だと思ってた環境の変化に対する適応力が、
なんでだか減ってる。
それだけ柔軟性がなくなったというのか、頑固になったというのか。笑
プライドばかり高くなって、そのわりには堂々と出来なくて、
結局めんどくさがりが勝っちゃたりなんかして、
なーんにもしないの。

言いわけにはしたくないけど、
この仕事、私に合ってない。

やる理由がみつからない。

LOVERMONT

December 05 [Wed], 2012, 2:15
I know it's really really stupid and unrealistic,

but I really wish I could go back.

It can't be anywhere or anytime, but to the time last year.
With all the exchanges, internationals and gifforders.
I just can't move on from the fact that
that special year isn't going to come back ever.

EVER.

It'll always lay inside my heart, but memories do fade away.

Although of course, I love being back in Japan.

It's my home.
All my friends and families are here,
I know how to get around,
I feel nice and cozy in this good old place.

But it's not enough.

I don't feel like I'm living the best of my life.

At midd,
above all the deathly papers and exams,
I felt that I could try anything,
one person can make a change.

Everyone was so enthusiasitic in every single
thing that they did, that I had to keep on moving too.

And it felt good.

Life was simpler but richer,
things were harder but funner.

Oh, how I miss all of that.

Don't know why, but I'm in a very very sentimental mood right now.



Skypeがどこでもドアならいいのに

October 08 [Mon], 2012, 0:59
夏が終わって、

ばたばたとやっていた就活も落ち着くところに落ち着いて、

やっと留学先で作った友だちとゆっくりSkypeする時間が出来た。

私前から、Skypeより手紙やメールの方が好きだなって感覚として思ってて、

Skypeする日程を決めるところまではわくわくしてるんだけど、
いざ当日時間が迫るとすっごく憂鬱になってる自分がいる。

なんでだろう、って思ってたけど、

今日、その原因を突き止めた。

hug and cuddlingが当たり前の文化のいいところは、
なにも言わなくても動作で気持ちが伝えられるところ。

落ち込んでる時のぎゅーっとにどれだけ助けられたことか。

そんな記憶があるからこそ、見えるのに会えない。

会いたいのに、会えない。

そんなさみしさに、胸がきゅーってなる。

世界は近くてとんでもなく遠い。
こういうさみしさはどう紛らわせばいいのかわからない。

簡単に会える存在じゃない。次会う日も決まってない。
でもskype越しに喋れば、
すぐに会ってなかった時間がないみたいに話が弾んで、
海を越えてるなんてほんと?

って疑っちゃうくらい相手との近さを感じる。

毎日ごはんして、一緒に勉強して、笑って、泣いて、ってやってた
そんな日々が鮮明に思い出される。

そんな友情を築けたことにまずは感謝だけどね。

だって、こんなふうに思える、大事な大事な一生の友達が出来るなんて
留学する前は考えたこともなかった。
たった1年間がこんなにも自分の人生を形作るくらい大切なものになるなんて
思ってもみなかった。

これからもいろいろな人に出会っていくだろうけど、この関係は大切にしたい。

あと、これから出会っていく人とも、こんなふうに深い関係が築ければいいな。

夜中のながーいつぶやき。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:yki_imo
  • 性別:女性
読者になる
留学したのがきっかけでブログ開設。 
VERMONT LOVE.
感じたこと、考えたこと、のんびりまったり好きに綴っていければなーと。
だいぶ不定期な更新。
"Freedom is to live the life one has reason to value."-Amartya Sen
こんな風に生きたい。
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる