お正月の風物詩 

January 25 [Wed], 2012, 21:21
今頃、お正月ネタ?!ですが・・・


1月8日に、地元の【凧あげ大会】があり、 役員をしていた母から「おぜんざいもあるし、おいで!」と言われ行ってみました。


お正月の風物詩の『凧あげ』、もう何年してないだろう・・・
羽子板なんかも、そんな風情のあることをすることすら、現代人は忘れてしまっているのでは・・・


まぁ、都会では電線などもあり、する場所がないことも事実ですが、実家の近くは河川敷があり、凧あげにも絶好です。



審査員が審査をしていて、賞ももらえるということで、ゼッケンをつけてがんばります!



なかなか高く上がり、上出来〜!





審査員が、「よく上がってるね〜」と後ろのゼッケン番号をチェックし、手に持つ紙にチェックを入れていたので、大きな賞がもらえるかも?!


と楽しみにしていたのだけど、その後の友達宅訪問の予定が入っていて、結果発表までいられなかった・・・
残念っ!

翌日も堤防に行き、飛ばしました
空がきれい!



その後に行った友達宅で友達(スペイン人男性)が作ってくれたピザが激ウマだったので、載せとこ



そして同じ日、姉と姪っ子も帰国し、10月の兄の結婚式以来の再会となりました。

ユニバーサルスタジオへGO! 

January 19 [Thu], 2012, 18:25
翌日は【USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)】へ。





海遊館もUSJも大阪にあると言え、我が家からは結構遠く、連チャンはなかなかのチャレンジではあったけど・・・



友人がUSJのすぐ近くにマンションを購入し、以前に「USJに行くときは、ゲストルームあるし、泊まっていき〜!」と言ってくれたのを思い出し、夜まで遊んでそのまま泊まりにすることにしました。





近いとは言え、電車に1-2駅くらい乗るのだろうと思っていたら、徒歩10分程!
かなり大きな部屋にベッドが二つと小さなテレビ、小さなキッチンと大きなお風呂(ユニットではない)があり、3000円!でもシーツ一式が一人1000円なので、計5000円。

タオルや歯ブラシなどの備品はないけど、この値段でUSJの隣に三人が泊まれるなんてラッキー



この友人は中学〜高校の同級生の男子。この歳で『男子』はおかしいけど、もうそういうイメージしか・・

卒業してからは、たまに連絡くれたり、東京のうちの近所に出張に来てると突然電話があって会ったり、そんな感じで年に一度くらい連絡したり、会ったりの程度だけど、こんな時も遠慮なく言えるから嬉しい。


タオルを用意してくれたり、ビールとミネラルウォーターを持ってくれたり、以前のやんちゃな学生から気が利く大人になっていた(失礼!)


そんな訳で、クローズまで帰りの長い道のりを考えずに遊ぶことができました。




【USJ】楽しんだけれど、結論から言うと、三歳児にはまだ早い・・・



まず『スパイダーマンに』興味を示し、うちの大き目の三歳児は身長制限の102cmをクリアしてしまったのが運の尽き・・・
大きい車で激しくガタゴト揺られ、さらに3Dでスパイダーマンやら悪者が目の前まで襲ってくる・・・




フリーズしてしまっていた彼は、最後終わりかけのところで緊張の糸が切れたように「怖い〜〜〜」と、あの怖いもの知らずが泣いてしまった。


終わってから「楽しかった?」と聞くと、無言でゆっくりを頭を横に振ったその姿から、かなり怖かったのだろう。。



その後は、飛行機や乗り物好きな彼は喜ぶかなと、『ウォーターワールド』へ。






怖がりはしなかったけど、これもかなり過激。。


『シュレック』と『セサミストリート』の4D映画も、面白かったけど、3Dで目の前にモノが飛んできたりするもんで、途中で目を隠したり、メガネをはずしたり。



仕舞いには、メガネをかけてないのに、目を隠してた・・・

三歳児にはまだ早いわ。


そして、「お魚見る〜」と行った『ジョーズ』は「おさかな」にしては大きすぎ、また火が燃えたりと過激で最後に「怖い〜〜〜」と泣いたし、


ゴムボートに乗ってチューブをぐるぐると行くウォータースライドみたいのも、「怖いと思うよ」と言ったのにどうしても乗りたかったらしく「怖くないよ!」と。

そして、スパイダーマンと同じく、フリーズ状態から最後に「怖い〜〜〜」と泣いた。


三歳児には早すぎたのでした


夜のパレードは私たちがお土産やに行ってる間、40分ほどパパが場所をとってくれたので、バッチリの場所から堪能。
思ったより充実してて、ディズニーには負けちゃうけど、なかなかのものでした。














今度はもうちょっと大きくなってから行きましょう〜!

海遊館@大阪 

January 15 [Sun], 2012, 17:18
先日実家から帰ってきました


実家ではパソコンを開ける事もほとんどなかったので、またまたブログも滞ってしまいましたが・・・


今回はボクが昼寝をしなくても大丈夫になり、かなり活動的に過ごしたので、またちょこちょこアップしていきたいと思います。


まずは大阪と言えば?!の『海遊館』
あのジンベイザメの有名な水族館です。



行く予定にはしていなかったのだけど、実家到着翌日に早速『どこか行こうか〜』という話になり、海遊館へと向かいました。


こちらがジンベイザメ。


今いるジンベイさんはそれほど大きくなく、それほどのインパクトはなかったけれど・・・


それでも、ボクは他に比べはるかに大きいジンベイザメを見たら、かなり喜ぶだろうと思っていたけど、それほどでもなく・・・


こちらのタカアシガニでかなりテンションが上がってました。。


あちらこちらから『おいしそ〜〜!!』との声。お決まりね!


一番好きだったのは、コチラ
やっぱりかわいいね〜



よく見ると、すごい形&顔だなぁ。。



そして、私たちが目を奪われたのは、このエイと上に乗っかってるヤツ。


この上に乗っかって自分で泳ぎもせず、エイにぴったり引っ付いて離れようともしないぐうたら、よく見ると仰向けになっている!!!
仰向けのまま、ず〜〜っとエイに連れられて泳いでいる(泳いではいないが・・・)






すごい技?!
不細工なのもプラスして、目が離せなくなった。

今日のナンバーワンは間違いなくヤツでした。


そして、中にあるカフェでアイスを食べながら休憩していると、また出会いがありました。


ボクが船を見て『barco! barco! (バルコ=スペイン語で船の意)』と言っているとき、ちょっと向こうの方で欧米人パパ&日本人ママと一緒にいるハーフちゃんと見られる男の子も同じように船を見て『barco! barco! 』と言っていたのが聞こえ・・・



旦那に『スペイン人かなぁ』と言っていると、その後ボクがスペイン語を話しているのに気づいた向こうのママが、『スペインのハーフちゃんですか?』と話しかけてくれました。


彼らはスペイン在住で日本に帰省中とのこと。

それもマドリード在中、そしてパパさんの仕事も旦那と似たような仕事、ということで、またまた盛り上がり、マドリードへ帰ったときはまた会いましょうとお別れしました。


出会いは色んなところに転がっているんだな〜。
こういうのはとても嬉しいです


海遊館を出た後は、少し日が暮れるのを待ち、大観覧車へゴー!



ライトアップがきれいに見えました。


でも私、やっぱり高所は苦手です・・・・・

☆謹賀新年☆ 

January 03 [Tue], 2012, 21:54
 あけましておめでとうございます 

2012年が始まりました。

どのような年越し〜新年を迎えられましたか?



私たちは、前回書いたように初めて三人で東京の我が家で紅白を見ながら
(・・・と言っても、やっぱり旦那はどうしても紅白は退屈らしく、ipadで映画を観てましたが・・・)

紅白が終わるといつもはそのままNHKのお寺が映し出される、ちょっと暗め(厳かな?!)な映像を見ながら年明けだけど、今年は他チャンネルで、オーケストラによる『ボレロ』でカウントダウンするという『カウントダウンコンサート』をやっていたので、それを見ながら年を越しました。


数分前になって、『そういえばもらい物の小ボトルのワインがあった!』と急いで出してきて、それで乾杯!
まぁ、それらしく。


おせちなども作る予定はなかったけど、母が送ってくれたものと、買ってきたものプラス、お煮しめとお雑煮で、一応雰囲気を出してみました。



ボクのお食い初めのためにかったお重が、役に立った!


さすがに元旦はほとんどどこも閉まっていて、うちの付近も商店街も人も少なくひっそりして、いつもと違う雰囲気だったけど、イトーヨーカドーは開いているということで、ボクの退屈しのぎに元旦早々行ってしまい・・・


そこはかなりの人で賑わっていて、いつもと同じ。
元旦から働いている皆様、本当にご苦労様です・・・と、心から思いました・・・


三がにちが過ぎ、明日から帰省します。
ボクも幸い体調崩すこともなく、元気に帰れそうです。


元旦早々ヒヤッとする大きめの地震が起こりましたが・・・
今年は災害などの悲しい出来事が起こらないよう、昨年より少しでも楽しいことが多くなるよう、そんな年になりますように・・・


今年もどうぞよろしくお願い致します。

紅白を見ながら 

December 31 [Sat], 2011, 23:02
いよいよ今年も、残すところ1時間となってしまいました。

一年が経つのがあっという間で、そしてあまり実感のないまま大晦日を迎え、新年がやってくる。
その年越しは日本だったり、スペインだったり。

今年は日本で、それも始めて家族三人で東京での年越しです。

年末には大阪に帰省するつもりでいたけれど、数週間前の週末にボクが喘息になり、救急へ行くことに。
それも一度治療して帰ったものの、また少し出だし、二度行くことになり、結局、点滴をし、半日拘束となりました。

寒さも厳しくなり、気をつけなければならなく、年末年始のどこも病院が休みのときに、勝手の違うところでまた同じことが起こったら大変だということで、今回は年越しはこちらで、年が明けてから帰省することにしました。

初めての年末、年越し、お正月を東京で三人で過ごすなんて、一体何をしたらいいのかな・・・
と、寂しく思っていたけれど、意外にこちらで過ごす友達も多く、特別ではないけれど、普段と同じように良い年末を過ごしています。

大晦日、やっぱり欠かせないのは【紅白歌合戦】

なんだかんだ言っても、これを見ずにして年は越せないように思うのは歳のせい?!

7:30過ぎに帰宅し、即NHKをつけ、ボクのお風呂も旦那に任せ、まぁ何やら用事をしながら見ています。

旦那にとっては全然面白くない番組で、最近私たちがはまっているアメリカのドラマをあわよくば見ようと、『これ(紅白)まだ見たい?』と聞いてきたので、きっぱりと『見たい!』と言ってチャンネル権は確保しました。

今、氷川きよしの【情熱のマリアッチ】が終わったところ。
良かった〜〜!!

やっぱり紅白はああいうエンターテイメント性溢れるものを見せていただきたい!
残すところ楽しみにしています。

今年は本当に悲しい天災・事故が起こり、この一年はそれで始まりそれで終わったような感じがします。
来年は少しでも平和で穏やかな年になればいいなと、心より願い・・・

よい年越し&お年をお過ごしください。

Merry Christmas! 

December 25 [Sun], 2011, 22:35
Merry Christmas


ホワイトクリスマスにはならなかったけど、随分と冷え込んだクリスマス、皆さまいかがお過ごしでしょうか。


今年のクリスマスは23日(金)が祝日、そして24日25日が土日で三連休と、とっても嬉しい何年に一度の貴重なクリスマス。
でもまさに書き入れ時でもあり、特に食品関係の方々は、一年で一番忙しい日でもあるのでしょう・・・


スペインではお店は24日の午前で閉まり、24日の午後から25日は全てのお店が閉まります。
旦那によると、25日は電車も止まるとか。。
お店のオーナーも売り子さんも駅員さんも運転手さんもみんな家族とクリスマスを過ごすために。


なので街は閑散として、ひっそりしています。


クリスチャンの国と、仏教の国を比較してはいけないけど、そこに大きな文化の違いを感じます。


スペインでは、クリスマスの食事を家族大勢で過ごすため、大量のお買い物をしなければいけないけど、24日の午後からは閉まってしまうため、数日前から完璧に買い物プランも立てないといけません。。

一方、こちらでは24日も25にもどこのお店も遅くまで開いていて、家で用意をする必要もないくらいに、何でも買うことができます。


今日もデパ地下を歩いていて、便利だな〜としみじみ感じました。



さて、うちにはクリスマスツリーはないけれど、今年はボクと『超手作りツリー』を作ってみました。



これはスペインから送られてくるダンボールの箱。

スペインの男性と結婚して日本に住んでいらっしゃる方のブログに「子供と作りました」と載っていたのをマネして・・・

いつもこの緑の箱で送られてくるんだけど、こういう発想はまったくなかったな〜。


その箱に入っていた今年のプレゼント。


今年も大量!

ボクには大好きな『カーズ』のTシャツ、靴下、手袋、パンツ。
このパンツがちょっと小さかったというのもあるけれど、はいてみるとなかなかのビキニタイプでかなり笑えました!

さすがスペイン!!


友達と持ち寄りパーティをしたり





お庭で子供たちは楽しそうに遊んでいましたが・・・





もっと楽しそうに遊んでいたのは、パパたち???





今年もターキーパーティに呼んでもらいました。


4ファミリーに、2カップルと、総勢17人!

面白いことに男性(旦那サマ)は全員外国人!そして女性(奥サマ)は全員日本人!


子供は6歳の女の子、3歳の女の子二人にボク、2歳の女の子と0歳の男の子。

三歳児同士だと、まだ取り合いとかする年頃で、あまり目が離せないけど、6歳のリーダー的存在の女の子がいたため、みんなおとなしく彼女に従い、あの人に従わないボクもがおとなしく彼女にずっとついて行ってた姿がとても面白かった!

大人が見ていなくても、仲良く上手に遊んでいました!


リーダーについて行く三歳児たち



家も地下と二階があり、特に地下には色んな面白いものがあって、『探検行こう!』とみんなで探検をしていたみたい。

ボクはすっご〜〜く楽しそうにしてました。


その後、二階から


『○○(ボクの名前)が、パンツ脱いでる〜〜〜!!』

と女子の声が聞こえ、『えぇぇ?!?!』と行ってみると、下半身をお出しになってお風呂の浴槽に入っているボクが・・・

その後、調子に乗って、そのまま階段を下りてき、みんなの前でショーを披露してくれました。


みんな大笑い!!
私たちも大笑いしてしまいましたが、すみません・・・お恥ずかしいです・・・


ここでは倫理上、載せられない写真もございますが、このくらいなら大丈夫でしょうか?




クリスマスは残すところ数時間。

そして、街はお正月一色になるのでしょう。


うちはスペイン流で、三人の賢者たちがくる1月6日の『Los Reyes Magos』の日まで、クリスマスグッズは出しておこう。


それでは〜

クリスマススイーツ 

December 15 [Thu], 2011, 18:30
あっという間に、街はクリスマス一色


以前のように、クリスマスツリーやデコレーションを見に、夜街に繰り出すことはできないけど、住む町のメイン道路の木にも明かりが点けられ、それなりに雰囲気を出しています。


頭を悩ますのは、旦那ママへのプレゼント・・・


スペインではクリスマスは家族の大きな行事でイブの夜は盛大なディナー、翌日の25日は盛大なランチを家族と共にし、もちろんプレゼント交換も盛大にします。


スペインに帰れない年も、毎回プレゼントやクリスマスのお菓子が入った大きな箱が届き、そして、私たちもプレゼントを贈るわけですが・・・


とてもこだわりのある、旦那ママへのプレゼントはほんと難しいのです。。。


週末や時間があるときに探し回っているのですが、いまだ見つかっていません。はぁ〜



さて、昨日は日本に住むイギリス人のお友達から、手作りクリスマススイーツが届きました!



箱に入っているのは、洋酒漬けドライフルーツの入ったタルト。
これは届いた昨日の夕食後に、キャンドルなど灯してちょっと雰囲気をだして、美味しく頂きました。


カットケーキ状のケーキは、イギリス伝統的なクリスマススイーツの『クリスマス・プディング』

プディングといっても、プリンのようなものとは違い。洋酒につけたドライフルーツ、ナッツや香辛料を混ぜ込み焼いた(蒸した?)もので、何週間も寝かして熟成させるそう。


一ヶ月くらい前に、旦那がその友人とあったときに、「そろそろクリスマススイーツを作らないと」と話していたらしいので、やはり何週間も熟成されているもののようです。


そして、赤いリボンのついているのが、ドイツの伝統的クリスマススイーツの『シュトーレン』
日本でもこの時期になると結構見かけるこれは、スイーツというより、パンという感じ?
これまた日をかけて熟成させ、長い期間に渡って少しづつ食べるそう。


ちょっと調べてみたら、発祥地ドイツではシュトーレンをクリスマスの4週間前に用意して、スライスして少しづつ食べるそう。

同じくロウソクも4本用意して、日曜日ごとに一本づつ灯し、クリスマスの頃4本全てに火が灯され、シュトーレンも食べ終わるという伝統的習慣があるそうです。


クリスマスに食べるスイーツ一つにしても、世界各地で色んな違いがあるんだな〜。


ちなみにスペインのクリスマススイーツは、アーモンドで作られた『トゥロン』という板状のお菓子です。




『クリスマスプディング』も『シュトーレン』もこれから頂きます。

かなり甘そうなので、ドイツ風にちょっとづつ!

久々で・・・もう12月 

December 07 [Wed], 2011, 21:24
このままフェードアウトか?!
と思わせるくらい更新もせず、放置していました・・・


そして気づけば【師走】
大好きな秋から冬にかけてのこの季節。


関西の方では紅葉というと、赤のもみじというイメージがあるけれど、こっちでは黄色いイチョウの存在の方が大きく、黄色い葉をつけたどっしり構えた木々から葉が落ちて、黄色い絨毯になるこの頃が、風情とちょっとしたしんみり感があり好きです


ここ2-3ヶ月は子育てに疲れていて、パソコンをゆっくり見たり使ったり、ブログを書いたりという意欲があまりわかずにいましたが、そこからも少し抜け出したし、また12月はクリスマスやイベントもあるので、またちょっとづつ書いていきたいなと思っています。


☆お友達ファミリーと写真撮影に行こうと向かった、イチョウの絨毯がきれいな公園



オチビカップル?!



追いかけたり追いかけられたり、笑ったり泣いたり









でも大体いつもボクが彼女を追いかけてます。。


初恋?!



そして、スペインからのビッグニュース


旦那の従姉妹にベビーが生まれました


(やっぱり純欧米人は赤ちゃんのときから濃いなぁ)


ずっと徒歩5分とかからないところに住んでいて、兄妹のように育った従姉妹なので、従姉妹の子、というよりは兄妹の子、というような感じ。


ボクにもスペインで初めていとこ(正式に言うと『はとこ』なのかな?)ができ、帰ったときに遊べる家族ができたのは、とっても嬉しいな


またまた『オトコ』です。


スペインではボクが家族、親戚、旦那ママの友達の間でも、初めてのベビー(今はベビーではないが・・・)でもてはやされていたけれど、ライバル登場となるか?!


成長が楽しみです!

三大ビッグイベント 【第三弾】 

November 02 [Wed], 2011, 18:26
さてさて、三大ビッグイベントの二弾まで書いて、また滞っていました・・・

最後の一番のビッグイベント【第三弾】は

【兄の結婚式】

でございました


結婚の意志もなさそうな、独身貴族だった兄。
そして親は長男で一人息子の結婚を、いつになったら・・・と。


私たちの親世代は、年頃になると【結婚する】というのが当たり前、【結婚】=【ゴール】のようなところがあるけれど、今の世の中、そうではないんじゃないと、結婚したいと思える人が現れない限り、その気がない人と結婚しても幸せではないだろうし、健康で自立していてちゃんと仕事もしていて、それ以上求めなくても・・・なんて、母に言ったこともあります。

そんな兄が今年の始めごろに結婚すると言い出し、一家一同が驚き、喜びました。


【結婚】自体よりも、一生一緒に生きていこうと思う人が現れて、一人ではなくその人と一緒にいて幸せそうにしていることが、何より嬉しいです。



結婚式当日は、教会でのセレモニー&披露宴の長時間を、ボクが乗り切れるか?!が最大の課題。




新しいミニカー類、ちょっとしたおもちゃ、こまごましたお菓子、そして最後の切り札はipad!
それらを用意して向かいました。


セレモニーではちょっと眠たそうだったのでパパが抱っこ。
そして、式が終わり新郎新婦が退場するときだったか、『おわった??』と大きい声で言った・・・これはお愛嬌。


披露宴でも心配をよそに、かなりいい子にしていました。

時々、新郎新婦のいるところへ様子を見に行っては、今回帰省して初めて見せた緊張顔=鼻の下を伸ばす=をしてた!

☆ちょっと先にケーキの味見したろかな〜


☆おしゃれなお料理


こういう雰囲気で、彼なりに緊張していたのでしょうか?!

☆新郎新婦にお花贈呈 大役を従姉妹と果たしました



途中眠くなるだろうから、とベビーカーを用意し、旦那は途中で抜けることを覚悟していたけれど、披露宴が終わり、電車に乗るまでぐずることもなく機嫌よくしていたので、ホッ。

空気を読んでのでしょう。

兄の結婚式にいるということが、なんだか不思議な感じだったけど、とても良い結婚式でした。


末永くお幸せに〜

三大ビッグイベント 【第二弾】 

October 19 [Wed], 2011, 12:13
ディズニーランド付近で一泊した翌日、その足で大阪へ。

そして、その次の日には、もう一つのプチイベント

【家族温泉旅行】


帰国していた姉一家、両親、私たち一家で、滋賀県琵琶湖のほとりにある『びわ湖温泉』の旅館で、温泉と美味しいお料理と家族団らんを堪能してきました。


『オーシャンビュー』ならず、『レイクビュー』と言う?!

お部屋から見える一面の湖も美しく、



左の方に写っている富士山のような山、これは『近江富士』と言うそうです



純和風の旅館、特にエントランス辺りはとてもオジリナリティーがあり、夜はまた幻想的









このプチイベントの翌日にある、ビッグイベントの主役・兄は忙しく、宿泊はできなかったけど、夕食には参加し、久しぶりの勢ぞろい!

近江牛も堪能しました



ボクと、私の姪にあたる、ボクにとっての今のところただ一人のいとこの再会も一年半ぶり!

11歳になった姪っ子はボクの面倒をよく見てくれ、一緒に遊んでくれ、ボクも「○○ちゃん!○○ちゃん!」とついてまわり、私たちも少し楽ができました。




浴衣を着て、好きなときに温泉に入り、美味しい和食を食べて、和室でゆ〜っくり・・・

やっぱりこの日本の温泉旅館文化はいいな〜〜、と改めて思うのでした。
P R
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こっこの居候日記♪
読者になる
Yapme!一覧