:MCM超人気iPhone6ケース 一流の品質新作 MCMiPhone6ケース送料無料

April 21 [Tue], 2015, 18:00

iphone5/5s iPhone6 Plus 5.5インチ 製品名:MCM超人気iPhone6ケース 一流の品質新作 MCMiPhone6ケース送料無料 材質:レザー 対応機種:iPhone 6 、iphone 6 Plus、iphone 5S/5 注: ※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。 ※iphone本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品


 Dioriphone6カバー


 Dioriphone6カバー


http://topeyle.com
エレコムは、固定に工具が要らないアルミ素材のiPhone 6/6 Plus向けバンパー「PM-A14ALBG1シリーズ」と、「PM-A14LALBG1シリーズ」を4月中旬より発売する。価格はオープン。

【もっとほかの写真をみる】
6Plusケースシャネル。。
「PM-A14ALBG1シリーズ」と「PM-A14LALBG1シリーズ」は、落下や接触による傷から端末を保護するiPhone 6/6 Plus向けアルミバンパー。衝撃を受けやすい側面だけをカバーする形状で、iPhoneのデザインイメージを損なうことなく、破損や傷から保護する。特に衝撃を受けやすいコーナー部分は厚みを持たせた形状になっている。

電源ボタンと音量ボタン部分には、アルミ合金製のボタンカバーが使われているほか、ドライバーなどの工具を使わずに装着できる「ボルトレスデザイン」が採用されている。また、特殊なフレームデザインを採用したことで、同製品を装着したままでも、様々なデザインのイヤホンやLightningケーブルを接続できる。

カラーバリエーションは、iPhone 6用の「PM-A14ALBG1シリーズ」が、ブラック、ゴールド、レッド、シルバーの4色、iPhone 6 Plus用の「PM-A14LALBG1シリーズ」がブラックとシルバーの2色。
【関連記事】

【ハウツー】気まずい思いをしないための「LINE」の設定と使い方 -登録、友だち追加からブロックまで
Twitter、ガラケーから画像付きツイートが不可能に - ガラケー組不満爆発
【インタビュー】そこには何があったのか? 女子がLINEでブロックする理由 - 20代女子Kさんの4月15日、HuaweiはロンドンのOld Billingsgate The Grand Hallで新製品発表会を開催した。金属ボディを採用した美しいデザインの「P8」と「P8 max」は、いずれもスタイリッシュかつハイスペックな同社のフラッグシップモデルと呼べる製品だ。

グッチ iphone6 ケース。。
【その他の画像】

●デザインと機能を融合させた最上級モデル「P8」

 Huaweiは毎年、夏シーズンに向けて、同社のフラッグシップに位置づけられる「Pシリーズ」の新製品を発表してきた。今回は2014年5月に発表した「Ascend P7」よりも約1カ月早く新製品を発表。しかもP7の後継モデルといえる「P8」に加え、大画面モデルの「P8 max」の2つの製品を投入する。これは販売が好調なAppleの「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」や、4月から世界各国で販売が始まったSamsungの「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」へいち早く対抗する目的もあるのだろう。なお、2015年から同社のスマートフォンは「Ascend」ブランドを取りやめ、今回の新製品も「Huawei P8」「Huawei P8 max」というモデル名のみとなっている。

 P8は同社の2015年の「顔」ともいえる製品となるべく、前モデルのAsecnd P7から多くの進化を遂げている。その進化は「デザイン」「カメラ」「コネクティビティー」「ユーザービリティー」の4つ。中でも最も力が入行っているのがデザインだ。HuaweiのコンシューマービジネスグループCEOのリチャード?ユー氏も「本日は世界でも最も美しい製品を発表する」とP8を形容し、デザインにも注力した製品であることを大きくアピールした。
アイフォン6エルメス。。
 Huaweiのモバイルデザインチーム?ヘッドのキム?ジュンス氏は「P8は先進のテクノロジーと洗練されたデザインが融合された新世代のスマートフォンだ」と語り、機能、デザインどちらも最高の製品であることに自信をのぞかせた。本体はアルミ合金製のユニボディで、直線と曲線のデザインをうまく融合させたという。また一体化されたボディは6.4ミリという薄さながらも強度を確保。ディスプレイにはゴリラガラス3を採用した。サイズは72.1(幅)×144.9(高さ)×6.4(奥行き)ミリ、重量は144グラム。

 金属の質感を生かすべく、カラーバリエーションはメタリック系の4色を提供。ミスティックシャンパン、プレスティージゴールド、チタニウムグレイ、カーボンブラックのいずれもプレミアム感のある上品な色合いとしている。このように高いデザイン性を持ったP8だが、美しい見た目だけではなく本体のサイズ感もよりコンパクトになっている。P8のディスプレイサイズは5.2型だが、それよりもワンクラス下の製品のように、手にしっかりとフィットする形状になっているという。

 ヘッドフォンなどのアクセサリーも、プレミアムなデザインとしたほか、パッケージも本体を縦に入れるタイプで、まるで本棚から書籍を出すようにP8を取り出せるそうだ。そのパッケージのフタは半透明でシックな色合いのプラスチック製だ。製品を購入し、パッケージを手に取った時からP8の高級感を味わうことができるのである。

●カメラは大幅に強化、スマホとしての性能も進化

 機能面での大きな進化はカメラだ。P8のカメラ解像度は1300万画素だが、RGBの光の3原色に加えW(ホワイト)を加えたRGBWの4色処理が可能で、より鮮やかな色再現が可能だ。それに加えてiPhone 6 Plusの倍の補正角に対応する光学式手ブレ補正も搭載。さらには台湾AltekのISP(画像処理プロセッサ)を搭載。その結果、肌色はよりきれいに、また室内など暗いシーンでもよりきれいな撮影結果が得られるという。
ルイヴィトン iphone6 ケース。。
 カメラを「楽しく」使う機能としては、暗闇で光の軌跡を描くようなエフェクトをかけられる「ライト?ペインティング」を搭載。4月27日からはInsatram上で画像処理を楽しむためのキャンペーンを開催する。ほかにはP8を含め最大4台のスマートフォンのカメラを連携させ、4つの異なるアングルから撮影したビデオを合成する「ディレクター?モード」も搭載。複数の友人が集まった時にそれぞれのカメラを使い、ちょっとした映画のようなビデオを撮影できる。結婚式やスポーツのショートムービーを作るのが楽しくなりそうだ。

 P8はスマートフォンとしての機能もしっかりと進化している。本体の上と下に内蔵したデュアルアンテナを、感度に応じて自動で切り替える「Signal+」、複数のWi-Fiアクセスポイントの中から感度の高いものへ自動で切り替える「Wi-Fi+」が、優れた通信環境を提供してくれる。また海外へ行った際に、飛行機を降りてもなかなかローミングの電波をつかまないことが多々あるものだが、P8の「Roaming+」機能では、従来のスマートフォンより3分の1の時間で現地のネットワークをつかめる。

 旅行の多い人や、複数の回線を併用している人のために、P8ではシングルSIMカードモデルに加え、デュアルSIMカードモデルも提供される。デュアルSIMカードモデルは2つのスロットのどちらもがLTE/3G対応となるため(排他仕様で片側は常に2G)、SIMカードを入れ替える必要なく常に高速な通信環境を自分の好みのSIMで利用できる。なお、本体右側面にはmicroSDスロットを2つ備えるが、シングルSIMカードモデルは「SIMカードスロット+microSDスロット」、デュアルSIMカードモデルは「SIMカードスロット+SIMカードスロット/microSDカード兼用スロット」となる。SIMカードサイズはいずれもnanoSIMだ。

●新しいUIや機能、アクセサリーも充実

 操作やユーザーインタフェース面でも新たな機能が追加されている。その中でも指を曲げた関節部分で画面をタップするとスクリーンショットが取れる「ナックル?センス」は、スマートフォンの画面に表示された情報を手軽に素早くクリッピングできる。複数の指を使ったり画面の特定部分をタッチする必要が無く、「指を曲げる」という動作は簡単で覚えやすいという。
ルイヴィトン iphone6 ケース。。
 一方、音声を使った新機能にも注目したい。スマートフォンを自宅内のどこかに置き忘れてしまい、探してもなかなか見つからないことはよくあることだ。P8の「Voice Wake up+」機能なら、あらかじめ設定しておいた掛け声をかけると、スマートフォンが認識して音と音声で「ここにあるよ」と教えてくれる。この機能はスマートフォンがスリープ状態やマナーモード中でも動作する。
ヴィトン iphone6ケース 本物。。
 特徴的なアクセサリーも用意される。E-ink coverは4.7型のEインク画面を搭載したカバーで本体の背面に装着する。電子書籍を読んだり、スケジュールなどをこの画面で確認したりできるという。本体の画面よりも電力を食わないため、長時間読書をするときにこのカバーを使えば、P8の利用時間を延ばせるというわけだ。

 本体は特殊なナノコーティングで覆われており、日常生活レベルの防水機能を有する。本格的な防水機能ではないものの、キッチン周りでの利用や屋外で急に雨が降ってきたときなどに、安心して使えるだろう。
6Plusケースシャネル。。
●6.8型のP8 maxも発表 P8と合わせ日本発売は未定

 P8 maxはP8と類似したデザインで、画面サイズを6.8型と大型化したモデルだ。タブレットに近いサイズだが、スマートフォンとして使うことも考えられており、いわゆる「ファブレット」に属する製品となる。サイズは93(幅)×182.7(高さ)×6.8(奥行き)ミリ、重量は228グラム。

 6.8型のディスプレイはデュアルウィンドウに対応し、2つのアプリを横に並べて同時に利用できる。本体サイズは大きいものの厚さは6.8ミリに抑えており、大画面モデルのiPhone 6 Plusの7.1ミリ、Galaxy Note 4の8.5ミリより薄い。またサイズが大きいことを生かし、バッテリーは4360mAhと大容量のものを搭載。普段使いで2日以上バッテリーが持つ。本体はこちらもアルミ合金製、ディスプレイはゴリラガラス4と強度を増している。
エルメスiPhone 6ケース。。
 どちらのモデルも2015年5月に約30カ国で先行販売が始まる予定だ。日本はその30カ国に含まれないが、これまでの同社製品の日本展開の状況を考えると、どちらかのモデルが投入されることは十分あり得るだろう。リチャード?ユーCEOも「ほかの国での展開は5月から1カ月以内程度」と話しており、夏モデルとして日本で発売されることを期待したい。
iPhone6ケース香水風。。
基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO」
【関連記事】ルイヴィトンiPhone6ケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:vhsrg
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vhsrg/index1_0.rdf