羽田空港駐車場の大混雑問題

October 03 [Mon], 2016, 13:40


今年の夏休み期間に、羽田空港では駐車場が満車状態となり、飛行機の出発に乗り遅れてしまう旅客が見られるという問題が発生しました。駐車場の混雑のピークは8時から16時ころ。最大で3時間待ちとなる日もあったとのこと。お盆やGW、年末年始などは以前からこうした現象が見られたようですが、この夏休みには、夏休み最後の平日までこの現象が続いたというから、非常に問題ですよね。

各高速道路からのアクセスが格段に良くなったことも、駐車場の大混雑のひとつの要因だと言われています。特に子連れ旅行では、たくさんの重い荷物を抱えて公共交通機関を乗り継いでいくよりも、自家用車で行く方が断然楽ですから、どうしても車利用の人が多い傾向にあります。駐車料金とは別に1,000円を支払い、事前予約ができるサービスもあるとのことだが、これも早い段階ですでに予約が埋まってしまうことが多いのだとか。早い時間に出発しても朝8時前には満車となる場合もあり、駐車場に空きがないという理由で飛行機に乗り遅れてしまうことほど悲惨なことはないですもんね。

今このような状態では、東京五輪が行われる2020年にはどうなってしまうのかと心配になりますよね。ただ、これ以上立地的に駐車場を設置できないという問題もあります。当面は、繁忙期にはこの状態が続くと考えたほうが良いようです。飛行機に乗り遅れるというリスクを考えたら電車やバスを利用するのがやはり合理的な考えでしょうか。

パラ柔道男子、広瀬が銀

September 09 [Fri], 2016, 14:27


リオデジャネイロ・パラリンピックが開幕し、第2日の8日、柔道男子60kg級広瀬誠が銀メダルを獲得しました。今大会の日本選手メダル第一号です。

パラリンピック、すでに開幕していたのか・・・そんなふうに思った人が大多数ではないでしょうか。オリンピックが終わったらもう世間は終わった感ですもんね。なぜオリンピックの前にやらないのでしょうか。パラリンピック→オリンピックの流れの方が絶対に盛り上がると思うのですが・・・。オリンピック同様に、メダルを獲得した選手や入賞者についての報道ももっと大々的に行うべきだと思います。

民放は無理でもせめてNHKでは生で放送するなどあっても良いと思うんですけどね。もちろん、どうしてもオリンピックに比べると、世間的に注目度が下がるのは否めませんが、彼らの姿に感動を受け、勇気をもらえる人がたくさんいると思うのです。24時間テレビで障害者のことを感動的に取り上げるくらいならば、こうした真の障害者の頑張る姿をもっとクローズアップすればよいのに、というのが個人的な感想です。

結局はメディアが損得で動いているのかな、そんな感じがします。情報が流れないから、国民の興味関心も薄くなる、そんな悪循環のような感じですかね。

台風10号、Uターンで日本上陸か

August 25 [Thu], 2016, 11:38


台風10号は、発達しながら南西に進んでいますが、25日非常に強い勢力となる見込みで、26日頃から進路をUターンさせ、北向きに進む予想となっています。今まで数々の台風がありましたが、Uターンする台風なんて初めてです。南向きに進んでいるのもなんだか不思議な感じがしていましたが、まさか進路を変えてくるとは、ですよ。

今年は北海道に台風が上陸したり、西日本で記録的な暑さが続いていたり、やはりどこか天気がいつもと違う気がしていましたが、Uターン台風は予想外でした。速度が遅いので、日本上陸となると、また大きな被害が出るのでは、と心配になりますね。先日の台風でも、初めて自分の住む近くの川で氾濫危険水位近くまで水位があがり、非常に怖いを思いをしましたし。農作物などの被害なども気になります。

非常に強い台風だと言われていますし、水不足解消には恵みの雨となるかもしれませんが、台風の被害だけはどうか最小限になるよう祈るしかないですね。

夏休み最後にレジャーなどの計画をたてている人も多いと思いますが、今の段階では、進路もはっきりせず、非常にもやもやしてしまいますね。今年は台風が少ないと思っていましたけど、終盤になって最大級の台風はやめてほしいですね。

世間を震撼させた植松容疑者の父親は教員だった

August 04 [Thu], 2016, 13:34


あの恐ろしい殺傷事件で容疑者として逮捕された植松聖容疑者。事件から時間がたつにつれて、彼の両親に関する情報も徐々に明らかになってきています。

父親は教員、母親は漫画家という家庭に生まれた植松容疑者。父親は今も現役の教員とのことで、勤務先である小学校では、謝罪コメントを出しているそうですが、いまだ保護者の前には姿を見せてはいないとのことです。いくら自分がやったことではなく、成人した自分の息子がやったこととはいえ、世間を震撼させた影響度を考えると、さすがに何事もなかったかのように、夏休み明けに教壇に立つことはできないのでは・・・と思いますね。保護者としても、やはり複雑な気持ちでしょうし。

今は情報がすぐにまわってしまう時代ですから、これだけの死者を出した容疑者が我が子だなんて、とても普通に生きていくことはできないのではないかと思います。教員として続けていくこともおそらく難しくなるでしょうね。

親としてはなぜ我が子が・・・という思いがあるかもしれませんが、そう育ててしまったのはやはり親の責任でもあるわけで、いくら26歳だから、もう手を離れているから、というのは言い訳にならないと思います。もし我が子が・・・と思うと全く他人事ではない話ですけどね。子育てとはとても難しいものではありますが、どんな事情があっても他人を傷つけたり迷惑をかけるようなことはしてはならない、と言い聞かせていかなければならないと思います。

高島礼子主演ドラマ、好スタート

July 22 [Fri], 2016, 13:24


覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された元俳優・高知東生容疑者の妻で女優の高島礼子主演のドラマが21日にスタートしました。逮捕された時にはすでに京都で撮影がスタートしており、降板の噂もありましたが、高島には同情の声が多く、高島自身もしっかりと検査を受けていて身の潔白が証明されていることから、ドラマは予定通り放送開始となりました。

高島さんには本当に頑張ってほしい、そんな思いを込めて今回のドラマを見た方も多かったのではないでしょうか。今回の役どころは、京都中央警察署の総務課に勤務する警察官の役。高島さん自身が夫の逮捕で一番精神的に辛い時だと思いますが、さらにこのような役どころで普通だったら仕事もままならないのでは、と思ってしまいますが、そこはやはり真の女優さんですね。しっかりと演じきっている姿はまさにプロ根性。プライベートと仕事をきっちりと分けることができる女性、本当に尊敬しますし素晴らしいと思います。

もちろん今回の事件のことで、良く思わない人もいるかもしれませんが、高島さんは被害者だと思っている人も多いと思います。テレビの前で変わらず応援してくれているファンがたくさんいるのだと伝えたいですね。美しい方ですし才能もある方ですから、どうか乗り切って頑張っていってもらいたいですね。

南シナ海問題、アメリカの声明に中国が不満を示す

July 13 [Wed], 2016, 14:01


オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は、南シナ海の90%に主権が及ぶとする中国の主張に対し、中国には同海域の資源に対する歴史的な権利を主張する法的根拠はないと判断を下しました。これに対し、中国人は2000年以上も同海域で活動してきた歴史があり、排他的経済水域の設定が可能の主張、仲裁裁判所の判断を受け入れないことを示しました。これを受けて、アメリカ国務省報道官が、仲裁裁判の判決には法的拘束力があり、中国に順守を求めたところ、強烈な不満と断固たる反対を中国側があらわにしたというわけです。

これこそ逆ギレではないかと思ってしまうのですが違うでしょうか。ダメなものはダメなのですから、国際ルールはしっかりと守るべきだと思います。でもこういったことが原因で、国と国とがいがみ合い、戦争になっていくのかなと考えると非常に怖いなと思いましたし、決して遠い国だけで起こることではないのかもと思いました。

今後はいったいどのようになっていくのでしょうか。武力行使すなわち本当に戦争が始まってしまうのでしょうか・・・。そのようなことがあっては絶対になりません。アジア全体で中国に対しては強い姿勢をとっていくべきだと思います。

ベッキー レギュラー番組復帰

July 06 [Wed], 2016, 10:02


タレントのベッキーが5日放送のBSスカパー!「FULL CHORUS〜音楽はフルコーラス〜」でレギュラー復帰しました。不倫騒動でしばらく芸能活動を休業していましたが、この番組で初のレギュラー番組復帰となります。

収録前には、「今日からお仕事をスタートします。ゼロから頑張りたい」と報道陣を前に話していたベッキー。ただ、芸能界以外では依然としてベッキーに対する抵抗感を感じる人が少なくないように思います。

ひと昔前だったら、それも笑いに変えられたのかもしれないですけどね。今はとにかく皆他人に厳しい時代です(笑)ちょっとしたことでも問題にされて、吊し上げられるというか・・・。特に不倫に関しては世間の目が非常に厳しくなってきていると思います。世間の人の多くは、「こんなに早く復帰できるんだ・・・」という感じではないでしょうか。普通の会社だったら、ここまで騒動になれば普通はもう出社できませんよ。そのあたりがやはり芸能人って一般人と感覚が違うというか、身内に甘い世界というか。

ただ、視聴者がこれほど嫌悪感を感じているなかで、それでもレギュラーとして復帰してもらおうと決断した番組も凄いなと思いますね。なぜ、そこまでベッキーにこだわるのかなぁ、と。たった半年くらいでは、人々の記憶は薄れないですから、テレビに映っただけでチャンネルを変えてしまう人もいると思いますよ。それくらい、今視聴者の目は厳しくなっていると思います。

吉田世界大会v16

September 11 [Fri], 2015, 13:55
レスリングの世界選手権で、53キロ級の吉田沙保里は決勝2-1でソフィア・マットソンを下し、
世界選手権連覇を13にのばしました。ばしました。
五輪とあわせるとなんと世界大会は16連覇。
個人戦の連勝は200ということで、まさに人類最強の女にふさわしいですね。



決勝では相手にもかなり研究されていたので、負けるかと思ったと話しています。
それでも負けない強さがある彼女は本当に素晴らしいですよね。
このまま頑張り続けるのも、相当なプレッシャーでしょうし、
正直大変な部分は大きいと思いますけど、
やはり次のオリンピックまではこのままでいてほしいというのがファンの願いでもありますかね。

いつか彼女を倒すような若手が出てきたときが、引退するときになるのでしょうか。
そんな若手がこれからあらわれるのかどうか。
これほど勝ち続けていれば、当然マークもされるでしょうし、
簡単には勝てないと思いますが、それでも負けない彼女の強さは一体何なのでしょう。
今の彼女ならぜったい負ける気がしないと思わせてくれる
そのメンタルの強さも彼女の大きな魅力でしょうね。

人間関係の希薄化と特殊清掃

August 28 [Fri], 2015, 14:31
先日、中野でアルバイト店員の女性が全裸で首を絞められて殺害される事件が起きました。
女性が殺害された夜、下の階の人がうめき声を聞いたと話しています。
さらに1ヶ月前には、夜中に言い争う声や食器が割れるような音がしたとも、
近隣住民の方は話しているそうです。

鍵がかかっていたことを考えると、女性と親しくしていた人の犯行かな、という気がしますし、
これほどの証言があれば、すぐに犯人も捕まるのでは?と思いますが、どうなのでしょうか。
いずれにしても、この事件でおもうのは、近隣で異常を感じても、
通報などにまでは踏み切れないというのが今の都市部の現状なのかな、ということですね。

田舎の方では昔からの付き合いで、近隣住民同士が頻繁に交流する機会も多いでしょうが、
都会のマンション暮らしなどですと、隣にいったい誰が住んでいるのかもわからない、
という場合がほとんどだと思いますからね。
喧嘩するような声が聞こえても男女の恋愛のもつれなどでしたら、
近所の人が図々しく出ていくのは、やはりためらってしまいますよね。
明らかに助けを求めているとかそういう場合をのぞいては・・・。

でも、結果的に殺害されてしまったことをおもうと、
もしその時に通報をしていたら命は助かったのだろうか、そんなことも考えてしまいます。
もう命は奪われてしまったので、いまさら言っても・・・という話なのですが。

こういった人間関係の希薄さから社会問題となっているのが孤独死です。
高齢化にともない、高齢者の一人暮らしはこれからますます増え続けていくものと思われますが、
社会とつながりを持たない高齢者が、ある日突然家で倒れても、
誰にも気付かれず、数日、数ヶ月放置されてしまうことがあるのです。

人間は亡くなるとすぐに腐敗をはじめますので、時間がたてばたつほど、その現場は壮絶なものとなり、
特殊清掃のような専門業者でないと現状に戻せなくなってしまいます。
もっと周りの人に興味をもつ、関わりをもつような世の中になれば、と願うばかりです。

電気柵設置の男性、自殺

August 11 [Tue], 2015, 13:38
西伊豆で男性二人が死亡、子供二人を含む5人が重傷をおった感電事故。
原因となった電気柵を設置した男性が自殺したことがわかりました。
男性は川岸で咲いていたあじさいが鹿に食べられたことから柵を設置していましたが、
結果として、死亡事故を引き起こすキッカケをつくってしまったのです。



たしかに、気持ちは痛いほどわかります。
7月には、苦しい、ごめんなさい、と話していたといいますが、
自分の親戚を結局は死なせてしまったわけですから、本当に辛かったと思います。
故意じゃないのはわかるんですけど、やはり報道にも行き過ぎたところはあったのでは?と思ってしまいます。
最近の報道は、ちょっと叩きすぎというか過熱しすぎというか・・・。
誰も報われない悲しい事故だとしか言いようがありません。

残された奥さんが今はとても心配です。
辛く苦しいと思いますが、どうかこれ以上連鎖となることだけは避けたいですね。
とはいえ、励ましの言葉をかけるというのも何か違う気がして、本当にやりきれません。