応したのがイルヌール・ザッカリン(カチューシャ)だったが、ピノはその追撃を振

May 09 [Sat], 2015, 11:44
スイスの2015年ツール・ド・ロマンディ、5月2日の第5ステージはフリブール〜シャンペクス・ラック間の166.1km。フランスのティボー・ピノ(FDJ)が強力なライバルを振り切って、頂上ゴールを制した。
シリコンiPhoneケース

他の写真を見る

この日は3つの1級山岳を越え、最後も1級山岳の頂上にゴールする厳しい山岳ステージ。序盤はマキシム・ベルコフ(カチューシャ)とブライアン・ノロー(ヨーロッパカー)が逃げ、最大9分のリードを築く。
iphone6ケース手帳型 人気ベルコフは山岳賞ジャージを守るとともに、スプリント賞ジャージも手に入れた。

ラスト24km、最後から2番目の1級山岳を超えたところで逃げの2人は吸収され、総合争いの選手たちが先頭集団を形成する。
人気iphone6ケース

雨の中、最後の上りに突入し、アタック合戦が繰り返される中、ラスト5kmでピノがアタック。クリストファー・フルーム(チームスカイ)、ビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)、ナイロ・キンタナ(モビ
阪神 福留の二塁打皮切りに巨人に先制
2回阪神、福留孝介は二塁打を放つ=東京ドーム(
 「巨人−阪神」(3日、東京ド)

 阪神は二回、先頭の福留が右翼フェンス直撃の二塁打で出塁すると、続くマートンの三ゴロを村田が失策で一、二塁。
iPhone6ケース伊藤隼は二ゴロに倒れ1死一、三塁となるが、続く藤井の遊ゴロの間に1点を先制した。スター)な強力なライバルを置き去りにする。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー唯一反応したのがイルヌール・ザッカリン(カチューシャ)だったが、ピノはその追撃を振り切って頂上ゴールを制した。2位は7秒差でザッカリン、3位は20秒差でロマン・バルデ(AG2R)。
エルメスiPhone 6ケース

総合では、ザッカリンが首位に浮上し、明日の最終ステージの個人TTを迎えることになった。

ザッカリンは「終盤、アタックするチャンスがあったし、ラスト数kmでは脚に残っている全力を尽くした。
グッチ iphoneカバージャージを獲れたのは驚きだけど、うれしいよ」と喜んでいた。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/vhrted/index1_0.rdf